BT

InfoQ ホームページ Patterns に関するすべてのコンテンツ

  • 組織トポロジと品質への影響

    August Lilleaas氏は先頃、Microsoftの論文を引用して、組織の複雑性とソフトウェア品質との相関関係に関する記事を書いた。Rapid Software Testing Methotologyを開発したJames Bach氏も先頃、品質のメトリクスの解釈方法について記事を書いている。さらにTeam Topologiesの著者たちは、組織構造がソフトウェアプロダクトの健全性に及ぼす好影響について意見を述べている。

  • リモートワークで成功するには

    リモートワークを効果的に実施するには、社員と雇用主が共に計画し実行する必要がある。人々は、今まではオフィスにいれば仕事ができていたので、リモートワークは取り組みがいのあることだと気付くだろう。また、この取り組みに対して、リモートワークがうまくいった時、社員と雇用主の得るものは、費やした時間に見合うに足りるものとなる。

  • DOES London - Mark Schwartz氏の語る”戦争と平和とIT”

    元CIOで因襲打破主義者(iconoclast)を自称するMark Schwartz氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで講演した。Schwartz氏は、IT Revolutionの出版した3つの書籍'The Art of Business Value'、'A Seat at the Table'、'War & Peace & IT'の著者であり、現在はAmazon Web Servicesでエンタープライズストラテジストの任にある。

  • 分散システムのパターン

    Mathias Verraes氏が一連のブログ記事を投稿して、自身が仕事で出会った、有用な分散システムのパターンについて説明している。現時点で16のパターンを、デカップリング、汎用メッセージング、イベントソーシングという3分野に定義する。目的は、各パターンをその有用なコンテキストとともに識別し、命名し、文書化することだ。

  • 包括的な視野を持ってJiraを効果的に利用する

    AtlassianのパートナであるDevInitのDzmitry Hryb</a>氏が先頃、Jiraのイシュー中心のモデルが結果として”マクロな視野”を欠いた近視眼的な見方をもたらしているとする,TechCrunchの主張に対する反論を公開した。アーキテクトのEltjo R. Poort氏とDevOpsリーダのMatt Saunders氏も先日,ビジョンとアーキテクチャの方向性を捉える上で最も適した他のツールとJiraを併用するためのパターンを紹介している。

  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • QCon NY: Joe Emison氏のサーバレスパターン、アンチパターン

    Branch社のCTOであるJoe Emison氏は、QCon New York 2018 カンファレンスで、サーバレ��アーキテクチャのデザインパターンとアンチパターンについて講演した。

  • 幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

    ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

  • microXchg BerlinでのStefan Tilkov氏の講演より - マイクロサービスのアンチパターンとパターン

    ベルリンで開催されたmicroXchg 2018で行った講演でStefan Tilkov氏は、自身の見解によるマイクロサービスプロジェクトのパターンとアンチパターンについて検討し、進化的アーキテクチャやデカップリングイリュージョン、分散型モノリス、エンティティサービスなどを取り上げるとともに、特に他の人々がアンチパターンとする中で氏がパターンであると考えるもの、あるいはその逆のものを指摘した。

  • Kubernetsの開発者Brendan Burns氏に聞く - コンテナと分散システムパターン

    “Designing Distributed Systems, Patterns and Paradigms for Scaleable Microservices”を著したBrendan Burns氏に話を聞くことができた。氏は分散システムパターンと,コンテナを用いてそれを実現する方法について語ってくれた。

  • Brian GoetzがJavaのパターンマッチングについてInfoQに語った

    オラクルのBrian Goetz氏とGavin Bierman氏はJavaプログラミング言語への統合を見込んだパターンマッチの概念を紹介する。冗長もしくは間違いやすい、よくあるJavaソースコードのイディオムから始めて、パターンマッチングがどのように落とし穴のいくつかを取り除くのかを調査している。

  • 働き方の将来 - Agile People Sweden 午前セッションから

    15回目の Agile People Sweden Conference がストックホルムにて 10月23日、24日に開催された。 2017 年のカンファレンステーマは、働き方の将来 - ワークライフを改善するためのスケールするアジャイル、である。月曜午前のセッションはアジリティスケール、ソシオクラシーによるエンタープライズワイドアジリティ、そして自己組織化に関するものだった。

  • DevOpsスーパーパターン - DOES17 LondonでのJohn Willis氏の講演より

    “The DevOps Handbook”の執筆者のひとりであるJohn Willis氏が、6月5〜6日にロンドンで開催された2017 DevOps Enterprise Summitで、新たに登場したDevOpsスーパーパターン(Superpattern)について講演した。

  • 技術的卓越、CDのための組織設計とコンテナセキュリティ: Agile on the Beach 2017

    UKのコーンウォールで開催されたAgile on the Beach 2017において、数百人の発表者と参加者が集い、アジャイル、そしてポストアジャイル領域のソフトウェア開発方法論に関する最新状況を議論した。2日目の主な内容は以下を含む。技術的卓越を磨くこと。継続的デリバリーのための組織づくり。コンテナセキュリティ。

  • ソシオクラシー3.0の原則の探求

    原則は行動を導き、明示化されることにより意識が生まれ、文化の成長を促進する。7つのソシオクラシー3.0の原則は、取り巻く環境と一体となって行動し、経験から学び、複雑さにうまく対応する協働的・適応的で知的なシステムを生み出すことを望んでいる組織を支援する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。