BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Patterns に関するすべてのコンテンツ

  • Kubernetsの開発者Brendan Burns氏に聞く - コンテナと分散システムパターン

    “Designing Distributed Systems, Patterns and Paradigms for Scaleable Microservices”を著したBrendan Burns氏に話を聞くことができた。氏は分散システムパターンと,コンテナを用いてそれを実現する方法について語ってくれた。

  • Brian GoetzがJavaのパターンマッチングについてInfoQに語った

    オラクルのBrian Goetz氏とGavin Bierman氏はJavaプログラミング言語への統合を見込んだパターンマッチの概念を紹介する。冗長もしくは間違いやすい、よくあるJavaソースコードのイディオムから始めて、パターンマッチングがどのように落とし穴のいくつかを取り除くのかを調査している。

  • 働き方の将来 - Agile People Sweden 午前セッションから

    15回目の Agile People Sweden Conference がストックホルムにて 10月23日、24日に開催された。 2017 年のカンファレンステーマは、働き方の将来 - ワークライフを改善するためのスケールするアジャイル、である。月曜午前のセッションはアジリティスケール、ソシオクラシーによるエンタープライズワイドアジリティ、そして自己組織化に関するものだった。

  • DevOpsスーパーパターン - DOES17 LondonでのJohn Willis氏の講演より

    “The DevOps Handbook”の執筆者のひとりであるJohn Willis氏が、6月5〜6日にロンドンで開催された2017 DevOps Enterprise Summitで、新たに登場したDevOpsスーパーパターン(Superpattern)について講演した。

  • 技術的卓越、CDのための組織設計とコンテナセキュリティ: Agile on the Beach 2017

    UKのコーンウォールで開催されたAgile on the Beach 2017において、数百人の発表者と参加者が集い、アジャイル、そしてポストアジャイル領域のソフトウェア開発方法論に関する最新状況を議論した。2日目の主な内容は以下を含む。技術的卓越を磨くこと。継続的デリバリーのための組織づくり。コンテナセキュリティ。

  • ソシオクラシー3.0の原則の探求

    原則は行動を導き、明示化されることにより意識が生まれ、文化の成長を促進する。7つのソシオクラシー3.0の原則は、取り巻く環境と一体となって行動し、経験から学び、複雑さにうまく対応する協働的・適応的で知的なシステムを生み出すことを望んでいる組織を支援する。

  • 組織を超えた組織づくり

    これから数年間で組織の数は減っていくだろうが、組織づくりが減ることはないだろう。組織づくりは物事を完了させるための日常的な活動だが、何かを行うために組織は必ずし���必要ではない。個人が組織に所属するとき、組織は現代のマネジメントのアプローチを取り入れるための阻害要因となる。

  • DDDにおける重要なパターン

    パターンの重要性に関する議論の中で、ドメイン駆動開発以外の部分でも知っておくべき重要なパターンが多く存在し、これらはより良いシステムを設計する支援をしてくれるだろう、とアムステルダムで開催された最近のDDD Europe Conferenceにおける自身の発表の中でCyrille Martraire氏は述べた。

  • ソシオクラシ(Sociocracy)3.0を適用したアジャイルプラクティスの実践

    ソシオクラシ(Sociocracy)3.0はアジャイル組織におけるコラボレーションをサポートし,製品とサービスの継続的改善を支援するオープンなフレームワークである。作業のコーディネートや効率的なミーティング,ガバナンス,組織の構築など,さまざまなアクティビティのパターンを提供する。

  • 優れたエンジニアリングプラクティスによって"常に出荷可能な製品”を実現する

    優れたエンジニアリングプラクティス(Good Engineering Practice)は,アジャイルチームが出荷可能な製品を提供するためのツールだ。効果を証明されたエンジニアリングプラクティスはたくさんあるが,期待されるほど広くは活用されていないのが実情である。結果として,アイスクリームコーン型ソフトウェアテストなどアジャイルのアンチパターン,技術的負債の蓄積,機能的サイロが,リリース可能な製品の提供を妨げているのだ。

  • 心理学の手法で見積もりを改善する

    バイアス、プライミング、サリアンスは見積もりの能力に影響を与える3つの代表的な心理要因だ。見積もりをしているときに心理的に何が起こっているのかを知ることは、これらの要因に対処して見積もりを改善するのに繋がる、と心理学の研究者であるJoseph Pelrine氏は言う。

  • Azure Logic Appsが一般提供開始

    7月27日、MicrosoftはIntegration Platform as a Service (iPaaS)であるLogic Appsが一般向け提供(GA)に達したと発表した。GAリリースにはワークフローの実行詳細やテレメトリのイベントとアラートなどの管理機能が追加されている。InfoQは主席グループプログラムマネージャーであるJim Harrer氏に今回のリリースについて話を聞いた。

  • よいコードを書くために,プログラマは何をすればよいのか

    よいコードを書くためには,設計の基本を守り,既存のコードを読むことが必要である – Java ChampionでハイパフォーマンスコンピューティングのスペシャリストであるMartin Thompson氏のことばだ。InfoQは,QCon London 2016で“Engineering You”と題した講演を終えた氏に,ソフトウェア産業が直面する課題は何か,プログラマがそれを克服して優れたソフトウェアエンジニアになるにはどうすればよいのか,などをインタビューした。

  • エンタープライズインテグレーションの過去,現在,そして未来

    企業がインテグレーションテクノロジを利用する方法は,この10年間で大きく様変わりした。今後10年の間にも大きく変わるだろう – QCon Londonで行なったプレゼンテーションの中でSenaka Fernando氏は,エンタープライズインテグレーションの過去10年と現在の状況,今後10年で起こるであろうことの予測に対する自身の見解をこう説明した。

  • マイクロサービスのアンチパターン

    一枚岩のアプリケーションの主な問題はスケールし難いということだ。しかし、これはアプリケーションの観点だけではなく、チームがスケールし難くなることが重要だ。QCon LondonカンファレンスでTammer Saleh氏は、マイクロサービスの一般的なアンチパターンについて語り、マイクロサービスへ移行する主な理由はチームにある、と話した。

BT