BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ パフォーマンス&スケーラビリティ に関するすべてのコンテンツ

  • BBCの新たなサーバーレスプラットフォームによりスケーラビリティとパフォーマンスが向上

    新しいWebCoreサーバーレスプラットフォームへの移行から1年後、BBCは、アーキテクチャのメリットを享受し始めた。このアーキテクチャにより、パフォーマンスと運用上の課題を解決するエンジニアの負担を取り除くことができ、顧客に提供する価値に集中できるようになった。

  • NetflixのRENOがデバイス間で一貫したエクスペリエンスを実現する

    Netflixは、多種多様なプラットフォームやデバイスにおいて一貫したユーザエクスペリエンスを実現するために、Rapid Event Notification System(RENO)を開発した。RENOは、タイトルの視聴からプロファイル情報の更新に至るまで、ユーザの実行したアクションに対して、従来の要求/応答モデルよりも迅速かつ確実に応答する。

  • .NET 6: スレッドの改善

    非同期や並列プログラミングの複雑さを抽象化するために多数のライブラリが存在するが、それでも開発者は、時々、下位のスレッド処理ロジックへの落とし込みが必要になる。.NET6シリーズのAPIの変更に続いて、マルチスレッドのいくつかの新しい効果的な方法を見ていこう。

  • .NETの新パッケージ System.Threading.RateLimiting

    レート制限(rate limiting)はWebサーバの問題として広く知られているが、同じような機能が必要になる状況は他にもたくさんある。System.Threading.RateLimitingの導入で、この機能を開発者自ら記述する必要がなくなる。

  • AWSがEC2 Auto Scalingウォームプールをリリース

    AWSは最近、EC2 Auto Scaling向けのウォームプールをリリースした。これは、事前に初期化されたインスタンスのプールを維持することで、アプリケーションをスケールアウト(水平スケール)するための時間とコストを削減する。

  • GoogleがA2バーチャルマシンの一般提供を発表

    先頃、Googleは、Compute EngineにNVIDIA Ampere A100 Tensor Core GPUに基づくA2バーチャルマシン (VM) の一般提供を発表した。同社によれば、A2 VMにより、顧客はNVIDIA CUDA対応の機械学習 (ML) とハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のスケールアウトおよびスケールアップワークロードを低コストで効率的に実行できるようになる。

  • GitHubのプッシュ障害をほぼゼロにしたProject Cyclop

    GitHubは数ヶ月前、時折発生していたプッシュ障害の原因を特定し、修正方法を確認するために、Project Cyclopを立ち上げた。その結果、原因がひとつではないことが明らかになったが、慎重な分析の成果として、GitHubによれば、プッシュトラフィックを最低でも1桁改善する変更がいくつか確認された。

  • MicrosoftがパブリックプレビューでAzure Monitor SQL Insights for Azure SQLを発表

    先頃、MicrosoftはパブリックプレビューでAzure Monitor SQL Insights for Azure SQLを発表した。このプレビューにより、顧客はテレメトリの収集、分析、および豊富なカスタム視覚化のための柔軟なキャンバスが得られる。

  • Fastlyでネットワーク自動化

    FastlyのTechOps担当のシニアディレクターであるRyan Landry氏は、ネットワークの自動化により、スーパーボウルLIVなどの人気のライブストリーミングイベント中にトラフィックのピークを管理する方法を共有した。ビデオストリームをできるだけエンドユーザの近くで配信するために、Fastlyは米国中の多数のISPに直接接続されており、ライブビデオトラフィックをパートナーとのこれらの直接パスに維持しようとしている。

  • Dropbox、改良型Brotliを使用して同期パフォーマンスを改善

    いくつかの一般的なロスレス圧縮アルゴリズムをパフォーマンス分析した結果、Dropboxのエンジニアたちは、GoogleのBrotliエンコーダに少し手を加えることで、自社エンジンの同期パフォーマンス改善に成功した。同社エンジニアのRishabh Jain、Daniel Reiter Horn両氏の主張によれば、この変更により、中央値レイテンシ(median latency)とデータ転送が30パーセント以上改善された。

  • GitHubが2月中に複数回のサービスダウン - その理由は

    GitHubはこの2月、同サービスに8時間以上の影響を与えた、複数回に及ぶサービス中断の原因に関する内部調査の完了を発表した。根本的な原因は、予期していなかったデータベースの負荷変動と、データベースの設定上の問題にあった。

  • Google独自のC/C++用メモリアロケータTCMallocがオープンソースとして公開へ

    GoogleのTCMallocをCおよびC++の既定のメモリアロケータの置き換えとして使用することで、大規模プログラムでの効率の向上や並列性サポートの改善が実現する、とGoogleは述べている。

  • Dynein - Airbnbの開発した非同期バックグラウンドジョブサービス

    Airbnbでは、大量のリソースと処理時間を要するタスクを非同期バックグラウンドジョブを移行することで、スケーラビリティの改善を測っている。ジョブスケジュールシステムは非常に重要なコンポーネントであるため、同チームでは、高度にスケーラブルなスケジューラを備えた分散型遅延ジョブキューサービスとしてDyneinを開発した。今回の記事では同社のAndy Fang氏が、このサービスの設計および開発に関する背景と課題について説明している。

  • Booking.comにおけるGraphiteのスケールアップ

    Booking.comのエンジニアリングチームは、小規模クラスタで運用していた同社のGraphiteデプロイメントをスケールアップし、毎秒数百万のメトリック処理を可能にした。スケールアップの過程において、同チームは、Graphiteのコアコンポーネントであるcarbon-relayとcarbon-cache、レンダリングAPIの修正と最適化を実施した。

  • PinterestにおけるApache Kafkaのスケールアップ

    Pinterestでは、リアルタイムストリーミングアプリケーションのデータ転送やロギング、監視のためのメトリクスの可視化にApache Kafkaを採用している。AWSにホストされているPinterestのKafkaインストレーションでは、レプリケーションと高可用性のためにMirrorMakerとDoctorKafkaツールが使用されている。

BT