BT
前の記事 rss
  • 人のフォロワー

    コードレビューをより効果的にする方法

    作者: Trisha Gee フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2016年11月18日 午前3時8分 1

    コードレビューは間違いなく品質向上と知識の共有に寄与する。この記事ではコードレビューで確認する幅広い項目を列挙し、パフォーマンスとセキュリティの二分野に関して詳細を掘り下げる。

  • 人のフォロワー

    バーチャルパネル: 低レイテンシ環境でJavaを使う

    作者: Charles Humble フォローする 836 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年9月15日 午後7時21分

    これまでCとC++が事実上の選択肢であった低レイテンシ作業にも、Javaが使われるようになってきた。InfoQはこの分野の専門家4人を集めて、最近のトレンドについて、またこうした場面でJavaを使うときのベストプラクティスについて議論した。

  • 人のフォロワー

    Javaガベージコレクションのエッセンス

    作者: Martin Thompson フォローする 26 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2013年8月4日 午後11時22分

    CMS、G1、Young Gen、New Gen、Old Gen、Eden、そして、何百ものJVMスタートアップフラグ... Javaアプリケーションから、要求されるスループットと停止時間を実現しようとしてガベージコレクタをチューニングしようとすると、これらをどう扱えばいいのか困りませんか? 心配しないで、あなたは一人ではありません。この記事では、特定の仕事負荷に対してガベージコレクションのアルゴリズムを選んで、チューニングする場合のトレードオフを説明します。

人のフォロワー

Javaのパフォーマンスについての9つの誤信

作者 Ben Evans フォローする 25 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2013年5月8日 午後8時36分

Javaは過去18年以上にわたって,エンタープライズにおけるトップ言語へと発展を続けてきました。しかしJavaのパフォーマンスに関しては,誤った事実認識が今も続いています。この記事では,広く信じられている誤解のいくつかを検証します。

人のフォロワー

12年後のCAP定理: "法則"はどのように変わったか

作者 Eric Brewer フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2012年6月17日 午後7時55分

この記事ではEric Brewer氏が、分割を明示的に扱いながら可用性と一貫性を最適化して、CAP定理の3つの属性の最良の釣り合いを取る方法を解説します。

人のフォロワー

大規模データ技術の現状と今後の方向性

作者 日本マイクロソフト株式会社 萩原正義 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日  2012年3月21日 午前12時17分

クラウドコンピューティングを前提とした大規模データ技術が利用可能となってきています。Big Dataが一過性のブームで終わるかどうかにかかわらず、スケーラブルな分散アーキテクチャーの基盤はデータベース技術に主導されつつあります。RDBとORM主体のエンタープライズシステムは、HadoopやNoSQLとの組み合わせにより複合的なデータモデルに発展しました。

人のフォロワー

Perf4Jを使ったパフォーマンス解析とモニタリング

作者 Alex Devine フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年5月26日 午後3時48分

この記事ではAlex Devine氏が、Java開発者がPerf4Jをどのように利用できるかと、タイミングステートメントにコードを追加し、ロギング、結果の解析とモニタリングを行うオープンソースツールセットの説明をします。

人のフォロワー

Gregg PollackとScaling Railsのハウツー

作者 Robert Bazinet フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年5月22日 午後3時50分

Ruby on Railsは、わずか数年前の登場以来、よくがんばっていますが、必ずしもスケーリングでないと批判されています。開発者は、どんな問題の解決にも正しい方法と間違った方法が必ずあることを知っていますが、Ruby on Railsのスケーリングでも事情はまったく同じです。

人のフォロワー

Concurrency and Coordination Runtimeの利用

作者 Nick Gunn フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 菅野 裕 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年5月3日 午前1時39分

Nick Gunn氏は、.NETに対してConcurrency and Coordination Runtime (以後CCR)の実用的な紹介を行う。CCRは.NETで書かれているマルチスレッドアプリケーションの方法と根本的に違い、視点をスレッドから非同期タスクに移行させる。

人のフォロワー

Railsで実現する見事なグラフ

作者 Srividya Sharma フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年4月4日 午前6時39分

この記事では、Ruby on Rails上でグラフを作成する方法について説明します。

人のフォロワー

正式なパフォーマンスチューニング方法論: 待機ベースのチューニング

作者 Steven Haines フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2009年2月16日 午後9時5分

Steven Haines氏は、待機ベースのチューニングと呼ばれる方法論を提示することで、Webアプリケーションパフォーマンスチューニングへの取り組みについて述べている。

人のフォロワー

スケーラビリティの構築とパフォーマンスの達成:バーチャルパネル

作者 James Cox フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 白石 俊平 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2008年11月6日 午前12時18分

InfoQ.com向けのこのバーチャルパネルでは、大企業やプロジェクトからスケーラビリティやパフォーマンスの著名人を招待し、みんなが夢に描いているような結果を達成するための秘密を明かしてもらいました。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT