BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Performance に関するすべてのコンテンツ

  • 12年後のCAP定理: "法則"はどのように変わったか

    CAP定理は、共通のデータを扱うネットワークで繋がったシステムは3つの望ましい性質(一貫性,可用性,分割耐性)のうち、2つしか満たせないことを示します。IEEEの記事では、Eric Brewer氏が分割を明示的に扱いながら可用性と一貫性を最適化して、CAP定理の3つの属性の最良の釣り合いを取る方法を解説します。

  • 大規模データ技術の現状と今後の方向性

    クラウドコンピューティングを前提とした大規模データ技術が利用可能となってきています。Big Dataが一過性のブームで終わるかどうかにかかわらず、スケーラブルな分散アーキテクチャーの基盤はデータベース技術に主導されつつあります。RDBとORM主体のエンタープライズシステムは、HadoopやNoSQLとの組み合わせにより複合的なデータモデルに発展しました。こうしたアーキテクチャーの革新を最適化し、複雑さを隠ぺいするためにデータタイプやデータモデルを導入する新たな動きが起こっています。また、Hadoopの多方面への発展の軸を見ることで、大規模データ技術の発展の方向性を占うことが可能です。

  • Perf4Jを使ったパフォーマンス解析とモニタリング

    この記事ではAlex Devine氏が、Java開発者がPerf4Jをどのように利用できるかと、タイミングステートメントにコードを追加し、ロギング、結果の解析とモニタリングを行うオープンソースツールセットの説明をします。

  • Gregg PollackとScaling Railsのハウツー

    Ruby on Railsは、わずか数年前の登場以来、よくがんばっていますが、必ずしもスケーリングでないと批判されています。開発者は、どんな問題の解決にも正しい方法と間違った方法が必ずあることを知っていますが、Ruby on Railsのスケーリングでも事情はまったく同じです。

  • Concurrency and Coordination Runtimeの利用

    Nick Gunn氏は、.NETに対してConcurrency and Coordination Runtime (以後CCR)の実用的な紹介を行う。CCRは.NETで書かれているマルチスレッドアプリケーションの方法と根本的に違い、視点をスレッドから非同期タスクに移行させる。

  • Railsで実現する見事なグラフ

    アプリケーションは多くの場合、レポート作成によってデータベース内でデータを分析します。グラフはレポートを視覚的に表現するもので、傾向の理解に役立ち、一般的にデータ統合をさらに簡素化します。Ruby On Railsは、レポートやグラフを用いてこれらのWebアプリケーションを作成するのに使用可能な技術の1つです。この記事では、Ruby on Rails上でグラフを作成する方法について説明します。

  • 正式なパフォーマンスチューニング方法論: 待機ベースのチューニング

    この記事では、Steven Haines氏がWebアプリケーションパフォーマンスチューニングについて語っている。待機ベースのチューニングと呼ばれる方法論を提示し、プロセス全体をさらに測定可能にし、その結果、さらに科学的にする。

  • スケーラビリティの構築とパフォーマンスの達成:バーチャルパネル

    InfoQ.com向けのこのバーチャルパネルでは、大企業やプロジェクトからスケーラビリティやパフォーマンスの著名人を招待し、みんなが夢に描いているような結果を達成するための秘密を明かしてもらいました。

  • TerracottaでMaster-Workerパターンを使う

    本稿では、TerracottaでMaster-Workerパターンを使った事例を紹介しています。

  • Spring Web FlowとTerracotta for Springを備えたWebアプリケーション

    この記事では、最初にSpring Web FlowとTerracotta for Springの概要を述べ、その後、ステートフルで、対話型のスケーラブルな高可用性Webアプリケーションを書き込みできる新しい特質を登録するために、これらの技術を統合的に用いる方法を示します。

  • OpenTerracottaの紹介

    OpenTerracottaはエンタープライズクラス、かつオープンソースな、JVMレベルのクラスタリングソリューションで、マルチスレッドの単一のJVM上で動作するアプリケーションや、複数のJVM上で動作するアプリケーションをコードの変更無しでクラスタリングさせることが出来ます。 この記事ではOrion Letizi氏がOpenTerracottaのセッション複製、キャッシュの分散、その他詳細を解説します。

  • MapReduceとHadoopの将来に���いて、YahooのDoug Cuttingにインタビュー

    このInfoQスペシャルインタビューでは、YahooにおいてHadoopがどのように使われているか、その開発におけるチャレンジ、そしてプロジェクトの将来的な方向性についてCuttingが語ってくれています。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。