BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Performance に関するすべてのコンテンツ

  • 正式なパフォーマンスチューニング方法論: 待機ベースのチューニング

    この記事では、Steven Haines氏がWebアプリケーションパフォーマンスチューニングについて語っている。待機ベースのチューニングと呼ばれる方法論を提示し、プロセス全体をさらに測定可能にし、その結果、さらに科学的にする。

  • スケーラビリティの構築とパフォーマンスの達成:バーチャルパネル

    InfoQ.com向けのこのバーチャルパネルでは、大企業やプロジェクトからスケーラビリティやパフォーマンスの著名人を招待し、みんなが夢に描いているような結果を達成するための秘密を明かしてもらいました。

  • TerracottaでMaster-Workerパターンを使う

    本稿では、TerracottaでMaster-Workerパターンを使った事例を紹介しています。

  • Spring Web FlowとTerracotta for Springを備えたWebアプリケーション

    この記事では、最初にSpring Web FlowとTerracotta for Springの概要を述べ、その後、ステートフルで、対話型のスケーラブルな高可用性Webアプリケーションを書き込みできる新しい特質を登録するために、これらの技術を統合的に用いる方法を示します。

  • OpenTerracottaの紹介

    OpenTerracottaはエンタープライズクラス、かつオープンソースな、JVMレベルのクラスタリングソリューションで、マルチスレッドの単一のJVM上で動作するアプリケーションや、複数のJVM上で動作するアプリケーションをコードの変更無しでクラスタリングさせることが出来ます。 この記事ではOrion Letizi氏がOpenTerracottaのセッション複製、キャッシュの分散、その他詳細を解説します。

  • MapReduceとHadoopの将来について、YahooのDoug Cuttingにインタビュー

    このInfoQスペシャルインタビューでは、YahooにおいてHadoopがどのように使われているか、その開発におけるチャレンジ、そしてプロジェクトの将来的な方向性についてCuttingが語ってくれています。

  • ボックス--パフォーマンス・ボトルネックを探し出す近道

    パフォーマンス上の問題が報告される時、防御手段に凝り固まったコメントがついてくることがとても多く、そして、そんなコメントのほとんどは、どこから作業を始めるべきかを理解する上で何の役にも立ちません。このジレンマに直面し、根本的な原因から推量し始めるチームも珍しくありません。ここで「ボックス」の登場です。ボックスはシステム全体を抽象化した小さな図式です。パフォーマンス・ボトルネックの実情を思い出させてくれます。厳密な調査と併用すれば、ボトルネック発見から当て推量を排除するのに役立つでしょう。

  • ETagを使ってSpringとHibernateの転送量と負荷を削減する

    この記事では、WEBアプリケーション開発者が利用可能だがあまり名の知られていない機能のひとつである「ETagレスポンスヘッダ」というちょっとしたテクニックを見ていき、それをどのようにSpringフレームワークを用いた動的WEBアプリケーションと統合させ、アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させるのか考えてみます。

BT