BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

フルスクリーンで表示しています
フルスクリーンを閉じる

【QCon Tokyo 2011】ケーススタディ セッション Evan Weaver 氏
収録場所:

| 作者: InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年9月5日 |
  • プレゼンテーションを見る
  •  
  •  
  •  
42:07

概要
Twitterは、とても限られたスタッフ、ハードウェア、そして時間の中で急激な成長を経験しました。このセッションでは、データフロー分析、システム運用、優先順位付けの原則についてお話し、それが Performance Engineer が複雑且つ制約の多い環境で劇的な改善を果たしたことについてお話します。無論これは Do More with Less を望むどのシステムアーキテクトにも当てはまります。その原則をTwitterの発展と歴史の中の具体的な例を交えながら解説します。

バイオグラフィ

Evan Weaver は現在Twitterのアーキテクトを務めています。Twitterに入社して以来、Performance Engineer、Technical Lead、Engineering Managerの役目も果たし、社内で最大の技術者チームを率いています。 彼はスケーラビリティと分散システムのスペシャリストであり、また、Ruby on Railsのパフォーマンスエクスパートでもあります。 以前は、CNET、SAP AGに勤務していました。

BT