BT
フルスクリーンで表示しています
フルスクリーンを閉じる

Big Dataを支える大規模並列分散技術の現状と今後の方向性 : 萩原 正義 氏
収録場所:

| 作者: InfoQ Japan編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2012年9月10日 |
  • プレゼンテーションを見る
  •  
  •  
  •  
52:00

概要
講演タイトル:<br> Big Dataを支える大規模並列分散技術の現状と今後の方向性<br> <br> 概要:<br> Big Dataが一過性のブームで終わるかどうかにかかわらず、スケーラブルな分散アーキテクチャーの基盤はデータベース技術に主導されつつあります。RDBとORM主体のエンタープライズシステムは、HadoopやNoSQLとの組み合わせにより複合的なデータモデルに発展しました。本講演では、これら技術の流れを支える注目すべき最新の要素技術の現状と方向性を深いレベルで解説します。分散トランザクションの並列処理、カラム指向技術とMapReduceとの組み合わせ、Split Queryに見られるデータベースとMapReduceの融合、そして、データ設計手法などです。上級アーキテクト向けです。

バイオグラフィ

日本マイクロソフト株式会社
デベロッパー&プラットフォーム統括本部 アーキテクト

1993 年マイクロソフトに入社し、アーキテクチャー設計、データ設計、開発基盤技術における課題を担当。 最近の興味は、クラウドコンピューティング、大規模データ処理、データベース技術、分散システム、並列処理など。早稲田大大学院非常勤講師。Microsoft Architect Advisory Council(MAAC)のチェアマン。
趣味はガラス工芸、フィギュアスケート
Blog: http://blogs.msdn.com/b/masayh/
Twitter: masayh

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT