BT

Your opinion matters! あなたのご意見でInfoQが変わる!

フルスクリーンで表示しています
フルスクリーンを閉じる

【QCon Tokyo 2016】クラウド・ネイティブなデータ・パイプライン:Sid Anand氏
収録場所:

| 作者: InfoQ Japan 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2016年11月8日 |
  • プレゼンテーションを見る
  •  
  •  
  •  
39:52

概要
ビッグデータ企業(LinkedIn, Facebook, Google, Twitterなど)は過去ずっと独自のデータセンター上にデータパイプラインを構築してきました。ところが最近は、ビッグデータを扱う多くの企業のニーズを、いくつかのパブリック・クラウドベンダーの1つを選んでそこに統合するという動きが始まっています。クラウドのベストプラクティスとビッグデータ技術をいかに効果的に融合することができるのでしょうか。eメールのセキュリティ会社であるAgari社は、ビッグデータのベストプラクティスをセキュリティ業界とクラウドの両方に適用することで、eメールベースの脅威に対抗することを可能にしています。これはAWSクラウド上でバッチとストリーム処理の予測可能データパイプラインの技術によって実現しているのです。この講演では、この技術のアーキテクチャ構成のベストプラクティスについてお話しします。

バイオグラフィ

Sid Anand
現在Agari社データアーキテクト

プロフィール: Siddharth “Sid" Anandは何百万人も訪れる大規模なWebサイトの構築とスケーリングに関する深い経験を持つソフトウェアアーキテクトです。Etsy社のエンジニアリング部門 前VP,LinkedIn社のサーチアーキテクト、Netflix社のクラウドデータアーキテクトの経験があります。

セッションファイルはこちらからDLできます。
http://www.qcontokyo.com/program.html

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT