BT

InfoQ ホームページ Product Management に関するすべてのコンテンツ

  • Gil Ziberfeld氏に聞く - アジャイルにおける製品計画とその管理

    InfoQは,プロダクトの計画とその実践,#NoEstimatesに対する考え,製品計画に関する議論の価値,製品開発における意思決定の改善方法などについて,Gil Zilberfeld氏にインタビューした。

  • 複雑さはコードの外にある

    ブタペストで開催されたCraft Conference 2015で、Dan North氏とJessica Kerr氏が基調講演で、開発者に対して、複雑さは普通、コードの外にあると、注意を促した。UX、セキュリティ、配置、並列性のような複雑さの領域を特定し、管理すること、学習することを最大限重視すること、ビジネスに対するインパクトへのリードタイムを最小化すること、協力的なチームを育てること、ソフトウェアコミュニティに広く貢献することなどを話した。

  • Lego Serious Playを使ってBusiness Model Canvasを作る

    Lego Serious Playの推進者が,Business Model Canvasの作成にLegoを利用した経験について公開する。

  • "Worse is Better"コンセプトとアジャイル/リーン

    25年前にRichard P. Gabriel氏の提唱した“Worse is Better(悪い方がよい)”のコンセプトに従うならば,機能が少ない方がよい製品を生み出せる,ということになる。我々は“Worse is Better”のコンセプトから,アジャイル/リーンによる開発とアーキテクチャを学ぶことができる,とKevlin Henney,Frank Buschmann両氏は言う。

  • 異なる見方を使ったプロダクトロードマップの作成

    プロダクトマネジメントと戦略のコンサルタントであるScott Sehlhorst氏は、最近のブログ記事でプロダクトのロードマップについてのふたつの見方を説明している。

  • 企業のマインドフルネスと状況把握

    プロセスから無駄を排除するには、ジャストインタイムで提供できる流れが必要だ。そして、人間の知性によって構築されたプロセスの問題に対処するための、企業でのマインドフルネスや状況把握が必要になる。ますます多くの企業が流通の概念を導入して必要なときに必要なものを開発し、在庫を抱えるのを回避しようとしている。このような企業に必要なのは“自動化”、つまりマインドフルネスと状況把握だ。

  • SpringSourceにおけるスタートアップの誤りから学んだこと

    GOTO Amsterdam 2014のキーノートにおいて、SpringSourceの共同創業者で現在は独立投資家のRod Johnson氏がSpringをビジネスとして成長させる上で学んだ教訓について語った。

  • どのようにして正しい製品を開発するか

    顧客がほしがっていない製品や市場がない製品を作ってしまうのは無駄だ。アジャイルは効率的に製品を開発できるが、何をビルドするかは理解しておかなければならない。どのようにして顧客の製品に対するニーズを見つけることができるだろうか。

  • 人員を増やさず,より多くのソフトウェアを提供するには

    ソフトウェア製品やサービスに対するニーズの増加に伴って,企業の開発能力を向上させるための方法が求められている。多くの企業が選択するのは,人員の追加によるスケールアップだ。このアプローチに対して一部の人々が疑問を持ち,人員を増やすことなく,より多くのソフトウェアを提供する方法を提案している。

  • "Readyの定義”を使う

    ユーザストーリの完成と製品の提供準備完了をチェックする手段として,多くのチームが"Doneの定義(Definition of Done)"を使用している。しかし,プロダクトオーナから受け取るユーザストーリについてはどうだろう?ユーザストーリの品質をチェックするために,チームが利用できる手段が"Readyの定義(Definition of Ready)"だ。

  • リーンスタートアップが投資家と付き合うには

    リーンスタートアップを採用する起業家たちも,ビジネス資金の調達に投資家の協力を得ることがある。しかしリーンスタートアップで起業するビジネスプランには,従来の起業スタイルとは異なる部分が多い。また,失敗から学ぶ,ピボット(pivot, 路線変更)する,といった行動を重視するリーンスタートアップは,投資家から敬遠される可能性もある。起業家と投資家が一緒になって,資金調達にリーンスタートアップアプローチを使うことはできるのだろうか?

  • 持続可能なリーンスタートアップチームに必要な態度

    Ramli John氏は2013 Lean Startup Conferenceでminimum viable attitudes for lean startup teamsと題した講演を行った。氏によれば、チームが持続可能なリーンを行うためには、3つの態度が必要だ。すなわち、謙遜、飢餓感、幸福だ。

  • 実験と価値提供のバランスをとる

    リーンスタートアップの実験は顧客について学び、どのような機能に価値があるのかを判別する手助けをしてくれる。しかし、価値は製品を作り、実際に顧客に届けることで生まれるものだ。実験とデリバリのバランスを上手くとる必要がある。

  • アジャイルのレトロスペクティブに目標と仮説を加える

    アジャイルレトロスペクティブを正しく実施することによって,チームは自ら学び,向上することができる。さらに目的を設定し,仮説を使ってレトロスペクティブ活動が改善に結び付いているかを評価することにより,レトロスペクティブはより効果的なものになる。

  • スプリント計画ゲーム "Rocket to Mars"

    "ほとんどのチームとそのプロダクトオーナは,より多くのストーリポイントを達成することがチームの唯一の責務だと信じています。しかしこれは,チームとプロダクトオーナの関係を完全に誤解したものだ,と私たちは考えます。" こう語るのはDamien Thouvenin氏とPierrick Revol氏だ。氏らはストーリの創出や問題の調査,技術的負債の削減,およびそれらをトレーニングするための時間的投資を題材としたスプリント計画ゲームを実施した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。