BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Product Management に関するすべてのコンテンツ

  • テスタは製品定義にどのように貢献できるのか

    製品の定義と設計にテスタのフィードバックを活かすことは、ビジネスのための価値ある行動だ。組織のニーズに耳を傾け、ビジネスの目標を理解し、さまざまなスキルやプラクティスを駆使してテストプロセスをカスタマイズする作業は、プロダクトがまだ"机上の空論"である時からテスタが始められるひとつの方法である。

  • デザインスプリントとUXワークショップを仮想空間で行う

    デザインスプリント(Design Sprint)とUXワークショップは、リモートホワイトボードとコミュニケーションプラットフォームを組み合わせて使えば、仮想空間で行うことが可能になる。この方法には、国境を越えた専門家を迎えられる、リモートの参加者を募ることができる、移動を少なくできる、カーボンフットプリントを縮小できる、コストを抑えられる、といったメリットがある。

  • "プロダクトオーナ”は最悪の発想だ

    プロダクトオーナという役割の是非に、チームの成熟度、組織の成熟度、組織のタイプ、組織の複雑度、さらにはプロダクトオーナ自身など、多くの要素が関係していることは疑う余地がない。一方で一部の思想的リーダは、特にこのVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不明確性)時代において、その役割の機能には疑いの目を向けている。

  • 2020年代における効率的製品開発

    Ram Sivasankaran氏は、Googleのソーシャルメディア進出、Kodak、Blockbustersの市場での失敗について検証した。氏の分析から明らかになったのは、テクノロジ採用の遅れ、データ主体による意思決定の欠如、顧客の軽視だ。Martin Reeves、Bill Lydon両氏も、競合の激化する2020年代市場についての記事を書いて、新興技術を取り入れた製品戦略を採用する必要性を説いている。

  • パイロットプロジェクトを世界規模のIT組織に拡張するには

    パイロットプロイジェクトを世界規模のIT組織に拡張することは可能だ、正しく行えば十分に機能して、企業全体のトランスフォーメーションに寄与するものになる、とClemens Utsching氏は言う。DevOpsCon Munich 2019で氏は、アイデアから始まったものを世界的組織にスケールアップする方法について講演した。

  • リーンスタートアップを使った難民のためのオンラインプラットフォーム開発

    複雑な要件を持った新しいユーザグループにコンタクトして、その内容を早く知りたい場合、あなたならどうするだろう?Stephanie Gasche氏はAgile Business Day 2019で、リーンスタートアップメソッドを用いることにより、資金面でのサポートを受けることなく、難民と庇護希望者のためのオンラインプラットフォームを構築した、自身の経験について語った。

  • シリコンバレー以外の場所で起業するということ - Guild EducationのRachel Carlson氏に聞く

    Rachel Carlson氏はDevelop Denver 2019で、ハイテクスタートアップの設立場所として一般的であるサンフランシスコ以外の場所を起業地として選択した理由について語った。氏の考えには当初、投資家による抵抗があったが、コロラド州デンバーにGuild Educationの本部を置いたことで多くのメリットがあった、と氏は考えている。

  • Portfolio for Jiraのロードマップ作り

    プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

  • プロジェクトではなく、プロダクトで思考せよ

    Organizations structured around products oversee their work end-to-end. Reversing Conway’s law to establish long-lived teams around the products brings stability and makes it プロダクトを中心に構築された組織は、エンドツーエンドで作業を監視する。Conwayの法則を逆転して、プロダクトに基づいた長期的なチームを確立することにより、組織が安定すると同時に、作業の管理と優先順序付けが容易になる。レトロスペクティブはプロダクト管理の強力なツールだ。継続への自信を与え、組織に対するリスクや損失の可能性のあるものを素早く見つけ出せるようにしてくれる。

  • Agile StalwartのDavid Hussman氏���8月18日に逝去

    プロダクト開発のエキスパートであり、アジャイル(”小文字の方の”)実践者であり、コミュニティ構築者、そして熱烈な支持者であるDavid Hussman(”The Dude”)氏が2018年8月18日に逝去した。Hussman氏はDevJamの創設者で、プロダクトアイデアの価値を簡潔に表現したDude’s Lawの考案者として名高い。彼はその死を惜しまれるミュージシャン、父、起業家、そしてコミュニティ構築者であった。

  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • プロジェクトからプロダクトへの移行に伴う課題

    Nationwide Insuranceの元DevOpsテクノロジディレクタであるCarmen DeArdo氏と、Tasktop製品管理担当副社長のNicole Bryan氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、プロジェクトベースからプロダクトベースの組織に移行することの重要性について講演した。

  • すぐれたプロダクト人の3つの習慣

    プロダクト領域でのアジャイル実践者であり、書籍 "Stand Back and Deliver: Accelerating Business Agility" の共著者である Kent McDonald 氏は先日 Scrum Alliance でウェビナーを開催し、リモート環境でプロダクトオーナーシップを執る際にうまくやるためのテクニックについて話し、それを「すぐれたプロダクト人の3つの習慣」と表現した。

  • The Phoenix Project後の世界をJohn Willis氏とGene Kim氏が語る

    IT Revolutionは、約8時間に及ぶオーディオブックを発表した。これは、Beyond the Phoenix Project; the Origins and Evolution of DevOpsという名前で、Gene Kim氏とJohn Willis氏の対話だ。

  • プロダクトベースおよびプロジェクトベースの資金調達を比較する

    プロダクトベースおよびプロジェクトベースの資金調達に関する、ThoughtWorksのSrian Narayan氏、"Lean UX"の著者であるJeff Gothelf氏、Leon Tranter氏の最近の考察を検証する。

BT