BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Productivity に関するすべてのコンテンツ

  • 支持の高まる週4日勤務

    最近になって、週4日勤務への移行に必要な変更や影響を検討した論文やレビューが数多く公開されている。共通しているのは、克服すべき課題がいくつかあるものの、一般的には週4日勤務に移行することでスタッフの幸福度や熱意が向上し、結果として生産性の向上が実現する、という認識だ。

  • チームヘルスアセスメントの促進

    チームの健全性と幸福を調査し、話し合うためのヘルスアセスメントがある。Gwenno Haf Hughes氏によると、チームに独自のヘルスチェックを作成してもらい、チェック対象のチームのヘルスがどのように見えるかを理解するのは良いことだ。私たちはファシリテーターとして、チームが何をどのように改善するかの決定を支援する。

  • GitHubが開発者の日々の充実感を調査

    GitHubの研究者たちは、"開発者の日々を充実したものにするものは何か"、を探るべく実施された調査の結果をリリースした。InfoQは今回、GitHubの上級研究者でDeveloper Velocity LabのメンバであるEirini Lalliamvakou博士から話を聞くことができた。

  • SPACE - 開発者の生産性を理解し計測する新フレームワーク

    GitHub、ビクトリア大学、Microsoftの研究者グループによる先日の論文には、開発者の生産性を深く探求することによって、その定義、測定、予測のための新たなアプローチが提案されている。InfoQは今回、論文の筆頭著者である、GitHub Research & Strategy担当VPのNicole Forsgren氏に話を聞くことができた。

  • パッケージバンドリングの複雑さから開発者を開放する@pika/web

    @pikaツールチェーンの一部である@pika/webは、複雑になりがちなバンドリングプロセスを選択操作に転換することで、Webアプリケーション開発者のエクスペリエンスの向上を目指すものだ。@pika/webを使用すれば、最新のnpmパッケージを、ブラウザ内でダイレクトに実行できるようになる。Browserify、Webpack、import mapsといったバンドラは、もはや必要ない。

  • 少ない作業時間で多くの仕事をするには

    Jason Lengstorf氏は、自身の仕事の方法が原因で体を壊したことをきっかけに、コンピュータの使用時間を週40時間に制限することを決め、集中度の高い作業ポケットを設定した。労働時間を少なくすれば、過労や集中力の欠如を防止することができる。労働時間と同じようなケアレベルで休息時間を扱うこと、創造的なつながりを作り、元気を取り戻し、作業の目的を思い出すために休憩を利用することが必要だ。

  • チーム感情と成果の関係

    AI企業のDeep Affects社はJiraプロジェクトを調査し、感情面の健康とチームの生産性との関係を示した���彼らの発見はGallup社の2017 State of the Workforce調査によっても示されている。その調査は、感情面で積極的に関与しているチームを持たないことによるコストを示している。

  • Trello買収に関するJay Simons氏とのインタビュー

    2017年1月9日、チームのコラボレーションと生産性向上のためのソリューションプロバイダーであるAtlassianが、Trello買収に合意したことを発表した。Trelloはボードを利用したビジュアライゼーションツールで、チームや個人がプロジェクトやタスクを管理するのに役に立つ。

  • 組織のマルチタスキングの経済的影響

    この記事ではマルチタスキングの組織に対する経済的悪影響について説明する。

  • Tomas Rybing氏による"標的型かんばんボード"の紹介

    この記事では,Tomas Rybing氏の紹介する,射撃の標的を応用したかんばんボードについて説明する。

  • アジャイルチームを評価する

    Agile Tour London 2015でDoug Talbot氏が,“Do you know how fast you’re going?”と題した講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,見積と計画の難しさ,アジャイルチームが採用している計測手法,生産性を測ることの意味,#NoEstimates運動に対する氏の見解などを聞くとともに,チームが有意義な計測を行う上で役立つアイデアを求めることにした。

  • 第10回アジャイル実態調査

    第10回のアジャイル実態調査が,2015年10月2日まで実施される。 世界的なアジャイルの採用について探るための調査だ。

  • 組織における多様性のビジネス事例

    多様性と企業業績には正の相関関係がある。多様性に対して寛大な作業環境の作業者は,業務に対してより強い熱意を持つことができる。これは定着率やパフォーマンスの面で非常に重要だ,とRegina Chien氏は言う。思想や人生経験の多様性は,技術者が最高の製品を作り上げる上で必要なものなのだ。

  • State of Testing 2015報告書が公開

    “state of testing 2015 report”は,テストに関する今年の調査結果を公開した。PractiTestのJoel Montvelisky氏とTea-Time with Testersを主催するLalit Bhamare氏が取りまとめたものだ。テストの技術やプラクティス,自動化の採用状況に加えて,テスト担当者が直面している課題に関する見識を与えてくれる。InfoQは主催者である両氏にインタビューした。

  • Jurgen Appelo氏の提案する"チャンキング"生産性向上テクニック

    Jurgen Appelo氏がチャンキングテクニックという,生産性向上のための新しい作業管理技術を提案した。

BT