BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ QCon に関するすべてのコンテンツ

  • LLM戦略、プラットフォームエンジニアリング、オブザーバビリティなど:InfoQ Dev Summit Boston 2024

    ソフトウェア開発の状況は急速に進化しており、一歩先を行くには、戦略的な意思決定を行い、新しいテクノロジーを適切に実装し、チームが効果的にコラボレーションできるようにするための継続的な学習が必要である。6月24~25日に開催されるInfoQ Dev Summit Bostonに参加し、同業者とのネットワークを広げ、生成AI、セキュリティ、モダンWebアプリケーションなどのトピックを含む厳選されたアジェンダを体験しよう。これらの技術の実装に成功し、関連する課題を克服した人々から学び、あなたのプロジェクトの成功に役立てよう。

  • InfoQ & QConイベント:生成AI、セキュリティ、プラットフォームエンジニアリングなどのレベルアップを図る

    ソフトウェアシステムを構築・運用するチームにとって、短期的・長期的に重要な優先事項をナビゲートする必要性は、かつてないほど差し迫っている。ソフトウェアの専門家として、私たちは読者諸氏が常に解決策を必要とする課題に直面していることを理解している。生成AI、スケーリングクラウドネイティブアーキテクチャ、パフォーマンスエンジニアリング、レジリエンス、最新の分散システム設計といったトピックは、もはや単なるバズワードではなく、実質的にすべてのソフトウェア開発ロードマップにおいて極めて重要な要素となっている。

  • AWS Lambdaとその概要について:QCon San FranciscoでのMike Danilov氏

    QCon San Francisco 2023の初日に、AWSのシニアプリンシパルエンジニアであるMike Danilov氏が、AWS Lambdaとその概要について発表した。この講演は「Architectures You've Always Wondered About」トラックの一部だ。

  • ボストンでのInfoQ Dev Summit:シニア開発者向けの2日間の講演会

    シニアソフトウェア開発者として、最新の技術やテクニックを理解し、それに適応することは開発プロジェクトにおいて十分な情報に基づいた意思決定を行うために極めて重要である。常に学習し、移り変わるトレンドを見極め、ソフトウェアの意思決定に優先順位をつける方法を理解することは、絶え間ない課題である。

  • DoorDashのポリシー自動化で開発者の効率を改善

    DoorDashは最近、Open Policy Agentを活用して開発者の効率を向上させた。DoorDashのインフラチームは、インフラポリシー変更の迅速な検証、リソースのより包括的なタグ付け、ポリシー違反に起因するインシデントの顕著な減少など、いくつかの利点を確認した。

  • ビッグテックはいかにして道を踏み外したか - アカウンタビリティ(説明責任)とリーダーシップ

    大手テック企業ではアカウンタビリティが欠如しているように思える。上級職の人間が責任を問われることは稀だ。エンジニアは働きたいカルチャーを意識し、彼らの幸福に気を配るべきだ。一方、企業は人々の最高の仕事をサポートするためにリーダーに投資すべきだ。Andy Walker氏は、QCon London 2023で、大手ハイテク企業がどのように道を踏み外したかについて講演した。

  • 継続的な実験文化: QConニューヨークからの学び

    QCon New York 2023でSarah Aslanifar氏は継続的な実験文化の構築を発表した。彼女は、継続的な実験の文化を育み、継続的な学習の原則を活用することで、いかに効率を高め、無駄を省き、製品の成果を向上できるかを示したのである。

  • QCon New York 2023 2日目のまとめ

    2023年6月14日、ニューヨークのブルックリンにあるNew York Marriott at the Brooklyn Bridgeで、第9回QCon New Yorkカンファレンスの二日目が開催された。3日間あるこのイベントは、エンタープライズ開発コミュニティにおける偏りのないコンテンツと情報に焦点を当てたソフトウェアメディア会社であり、InfoQとQConの運営元であるC4Mediaが主催している。Alicia Dwyer Ciancioloによる基調講演と、以下4つのテーマからのプレゼンテーションが行われた。

  • QCon New York 2023 初日を振り返る

    2023年6月13日、ニューヨークのブルックリンにあるNew York Marriott at the Brooklyn Bridgeで、第9回QCon New Yorkカンファレンスの1日目が開催された。この3日間のイベントは、エンタープライズ開発コミュニティにおける偏りのないコンテンツと情報に焦点を当てたソフトウェアメディア会社であり、InfoQとQConのクリエーターであるC4Mediaが主催するものである。Radia Perlman氏による基調講演と、以下の4つのトラックからのプレゼンテーションが行われた。

  • インシデント解決にレジリエンスはどのように役立つのか?

    社会技術システムを全体的に見ることによって、インシデントのライフサイクルを通じてレジリエンスを適用することは、インシデントが学習の機会となる。レジリエンスは、人々がインシデントの解決にうまく対応できるようになり、コラボレーションを改善するのに役立つ。また、組織が計画を実現するための時間を確保できる。

  • Big Techはなぜ道を踏み外したか - 規制と自由

    テクノロジーが私たちの生活に果たす役割はますます大きくなっているが、Big Techと呼ばれる大手テック企業はその理念とは相反する行動を見せ、制御不能に陥っているように見受けられる。規制は整備されつつあるが、法律が適用されることはほとんどない。大手テック企業のリーダーは、自分たちの仕事が文化であることに気付くべきだ。QCon London 2023では、Andy Walker氏が、彼らがなぜ道を踏み外したかついて講演した。

  • 責任あるAI ~ 原則から実践へ

    QCon Londonカンファレンスにおいて、マイクロソフトのプリンシパルプロダクトマネージャーであるMehrnoosh Sameki氏が"責任あるAI ~ 原則から実践へ"と題して講演した。彼女は責任あるAIの6つの主要な原則と、これらの原則を実践するために不可欠な4つの要素について説明し、Fairlearn、InterpretML、責任あるAI Dashboardなどの有用なツールを紹介した。

  • ソーシャルインパクトを高めるためにエンジニアと企業ができること

    テック業界で働くエンジニアにはスキル、経験、ネットワークを通じて社会的インパクトを生み出す手段がある。企業はビジネス手法を社会的に配慮したものにすることでインパクトを生み出せる。インクルーシブ・トレーニングは個人の状況や背景を考慮し、民族、性別、ニューロダイバーシティ、社会の経済的背景など幅広い層からの参加を保証するために最小限の参入障壁でサービスを提供する。

  • OpenTelemetryによる効果的・効率的なオブザーバビリティ

    スカイスキャナーのプリンシパルエンジニアで、Practical OpenTelemetryの著者であるDaniel Gomez Blanco氏は、QCon Londonで、数百のサービスにわたってOpenTelemetryを採用したことに基づく、自社での大規模なオブザーバビリティイニシアティブの経験、および組織全体でオープンスタンダードを採用することで得られた動機と価値について語った。

  • レスリー・マイリー氏『AI革命は始まったばかりだ、CO2に対して今すぐ行動を!』

    QCon Londonカンファレンスの基調講演で、マイクロソフトのCTOであるLeslie Miley氏はAI バイアスと持続可能性と題した講演で大規模なAIや暗号のような変革的な技術は展開に伴ってCO2排出量の増加を伴うと主張した。

BT