BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ RedHat に関するすべてのコンテンツ

  • Javaニュース総まとめ: JDK 17初期RC、OpenJDK、Open Libertyの更新、Hibernate ORM、Spring Cloud

    今週2021年8月2日のJava総まとめでは、OpenJDK、JDK 17の初期リリース候補、JDK 18、Spring Cloud 2021.0.0-M1、Quarkus 2.1.1、Open Liberty 21.0.0.8、WildFly 24.0.1 S2I Dockerイメージ、Hibernate ORM 5.5.6、JReleaser 0.6.0、Apache Camel 3.11.1、オープンソースになったMicroStream 5からのニュースを特集する。

  • Javaニュース総まとめ: IntelliJ IDEA 21.2、Quarkus 2.1、Micronaut 3.0.0-M5、WildFly、Payara Platform

    今週2021年7月26日のJava総まとめでは、JDK 17、JDK 18、Micronaut 3.0.0、Quarkus 2.1.0、Apache Camel Quarkus 2.1.0、WildFly 24.0.1、Josh Long氏のBootiful Podcastの最新版、IntelliJ IDEA 2021.2、IntelliJ Scala Plugin 2021.2、RefactorFirst 0.2.0、Apache Tuweni 2.0からのニュースを特集する。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年6月21日週

    今週の総まとめでは、JDK 17、JDK 18、Java Mission Control 8.0.1、Kotlin 1.5.20、Hibernate Reactive 1.0.0.CR7、PrimeFaces 6.2.30、8.0.11および10.0.3、Eclipse GlassFish 6.2.0、WildFly 24、Micronaut 3.0.0-M2およびいくつかのSpringプロジェクトでの複数のポイントリリースからのニュースを取り上げている。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年6月7日週

    今週の総まとめでは、OpenJDKとJDK 17のRampdown Phase 1への移行、JDK 18、Visual Studio Codeの新しいHelidon拡張機能、GraalVMネイティブイメージでのJFRサポート、Quarkus 1.13メンテナンスリリース、WildFly 24 Beta1、Spring FrameworkとSpring Bootのアップデートのニュースを取り上げる。

  • IBM、Red Hat、Cobuilderが建設業界向けのプラットフォームであるOpenBuiltを開発

    IBM、Red Hat、Cobuilderは最近、OpenBuiltを開発するためのコラボレーションを発表した。OpenBuiltは、ハイブリッドクラウドプラットフォームであるRed Hat OpenShift上に構築され、IBM Cloud上で実行される建設業界のサプライチェーン向けのプラットフォームである。

  • Red HatのCentOS終了で生じたギャップを埋めるRocky Linux

    CentOSの創始者であるGregory Kurtzer氏が、Red HatがCentOS Linuxの方向性を変えたことで生じたギャップを埋めるべく、2020年12月にRocky Linuxプロジェクトをスタートした。安定したオペレーティングシステムから、リリース前のコードをテストするためのストリームへ、というこのシフトによって、多くの企業は、自らのニーズに合ったLinuxディストリビューションのひとつを失うことになる。プロジェクトの今後の目標について、氏にインタビューした。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年3月29日週

    今週のJavaの総まとめでは、次のニュースを取り上げている: 提案されたJDK 17のリリーススケ���ュールが提案された。Confluentは、Apache Kafkaの内部メタデータストアであるKIP-500への早期アクセスを提供する。これにより最終的にApache ZooKeeperへの依存関係が削除される。Red HatとAWSがAWS上のRed Hat OpenShiftサービスを発表。Quarkus、MicronautとSpring Dataのポイントリリース。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年3月15日週

    2021年3月15日週のJavaエコシステムの小さなストーリーの総まとめ。Java 16リリース、ドラフトから候補ステータスに進むJEP、およびHibernate、Red Hat、Springからのニュースなどを特集。

  • Google、Microsoft、GitHubなど、Open Source Security Foundationに参加

    Linux FoundationのサポートするOpen Source Security Foundation(OpenSSF)は、オープンソースソフトウェアのセキュリティを改善するコラボレーション活動のために、業界を越えたフォーラムを確立することを目標とする。創立メンバにはGoogle、Microsoft、GitHub、IBM、Red Hatといった企業が名を連ねている。

  • Thorntail は終わりへ至る

    アプリケーションにアプリケーションサーバ機能を埋め込むためのサポートを追加するJavaフレームワークが増え、Thorntailプロジェクトは終了した。

  • Red Hat MandelはJavaをネイティブにする

    Red Hatは、Javaアプリケーションをネイティブコードに直接コンパイルする新しいJavaディストリビューション「Mandrel」を発表した。GraalVMのフォークとして、起動時間とメモリ使用量を減少させる。

  • RedHatがJakarta EEとMicroProfileをサポートしたWildFly 18をリリース

    RedHatは、Jakarta EE 8とMicroProfile 3.0をサポートした、WildFlyアプリケーションサーバのバージョン18をリリースした。その他にもJakarta EE APやJDK 13のサポート、セキュリティの強化、クラスタリングとEEサブシステムなどの機能があるが、注目はEJBに関わる分野とRESTEasyだ。

  • Quarkus - John Clingan、Mark Little両氏とのQ&A

    先日の記事で初めて紹介した、GraalVMとOpenJDK HotSpotのために開発されたKubernetesネイティブなJavaフレームワークであるQuarkusが、先頃Red Hatからリリースされた。今回は、同社のJohn Clingan、Mark Little両氏に話を聞いた。

  • メッセージングとクラスタを改善したWildfly 16

    四半期毎のデリバリモデルを継続して、先月、Wildfly 16がリリースされた。2,000件に及ぶイシューやリクエストやバグが、クローズあるいは解決されている。今回のリリースには、独自のWildglyサーバ構築のためのプロビジョニングツールであるGalleonや、JDK12との互換性に加えて、メッセージングおよびクラスタサポートなど、いくつかの拡張も含まれている。

  • OperatorsHub.io - Kubernetes Operatorの公開レジストリ

    Red Hatは先頃、Microsoft、Google Cloud、Amazon Web Servicesと共同でOperatorHub.ioをローンチした。OperatorHub.ioは,Kubernetes Operatorsが支援するサービスを見つけるための公開レジストリとしてデザインされている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。