BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ RedHat に関するすべてのコンテンツ

  • RedHatがJava 8および11の幹事になる

    RedHatはJava 8と11で主導的な地位を占め、最初の4月のリリースをリードしている。

  • Quarkus - KubernetesネイティブなJavaフレームワーク

    Red Hatは,GraalVMとOpenJDK HotSpot用に開発されたKubernetesネイティブなJavaフレームワークのQuarkusをリリースした。反応型(reactive)と命令型(imperative)を統合したプログラミングモデルの提供により,JavaをKubernetesとサーバレス環境のリーディングプラットフォームとすることを目指す。

  • IBMがRed Hatを340億ドルで買収

    ロイター通信によると、IBMは、オープンソースのソフトウェア会社、レッドハットを340億ドルで買収すると、本日、午後発表した。この契約は、IBMがエンタープライズ・クラウド・コンピューティング・プロバイダーとしての地位を拡大する助けになるだろう。

  • WildFly Swarmからの自動マイグレーションを備えたThorntail 2.2.0

    6月下旬にWildFly Swarm 2018.5.0からThorntail 2.0.0にブランド変更したRed Hatが、Thorntailのバージョン2.1.0と2.2.0を、8月中旬の3週間のタイムフレームでリリースした。多くのバグ修正の他、特にMicroProfileに関連して、新たなコミュニティ指向の組織であるespeciallyによるMicroProfile 1.3準拠、自動マイグレーションプロセスなどの新機能が含まれている。

  • Tomcat 9のJBoss Web Server 5を提供開始

    Red Hat JBoss Web Server (JWS) はwebアプリケーションや大規模webサイトの構築、デプロイ、保守できるようApacheのwebサーバとTomcatサーブレットエンジンを組み合わせたものである。JBoss Web Serverのバージョン5がリリースされTomcat 9をサポートし新機能と拡張をいくつか導入した。

  • RedHatがAzure、.Net Core 2.0、SQL Server 2017のサポートを発表

    MicrosoftとRedHatは、Red Hat OpenShiftでWindows Containersをサポートすることを発表した。今回の発表がターゲットとするメインシナリオは、LinuxとWindowsのコンテナを同じクラスタで動かすことだ。これにより、両方の環境を使っている企業が、WindowsとLinuxのために別々のクラスタを用意することなく、コンテナベースのインフラへ移行できるようになる。

  • Red Hatが次世代のOpenShift Onlineをリリース

    Red Hatは先頃、PaaSクラウドアプリケーションプラットフォームOpenShift Onlineの次世代版の提供開始を発表した。この次期エディションは、再設計によってOpenShiftコンテナプラットフォーム上に構築されるとともに、DockerやKubernetesなどのオープンソースツールを活用する。

  • オラクルはJCP Executive CommitteeにJava EEの戦略を共有した

    Anil Gaur氏は、Java EEとWebLogicサーバに責任を持つオラクルのグループヴァイスプレジデントだが、直近のJCP Executive CommitteeミーティングでJava EEの将来についていくらか光を当てるために話すように招待された。彼のメッセージの核は、エンタープライズのプログラミングは変化していること、そしてオラクルはそれに適応することを望んでいることである。しかしながら、ECのメンバーからの質問は、計画がまだ不明瞭であることを表した。

  • デシリアライズを利用したリモート実行可能な Java ゼロデイエクスプロイット

    Foxglove Securityの最近の分析によると、デシリアライズするアプリケーションにはゼロデイエクスプロイットの脆弱性があるという。OpenJDK, Apache Commons, Spring や Groovyといったライブラリが該当しており、InfoQ が調査を進める。

  • Red Hat Linux Enterprise、Linuxにおける.NET Coreのリファレンスプラットフォームに

    MicrosoftとRed Hatが、Red HatのEnterprise Linuxで.NETランタイムを公式サポートすることを発表した。両社によると、Red Hat Enterprise Linuxは Linuxにおける.NET Coreの第一の開発及びリファレンスOSになるという。

  • Docker 1.0リリース

    Docker.ioはDockerConでDockerバージョン1.0を発表した。バージョン0.12.0をリリースしてから数日でのリリースだ。バージョン1.0は新しい機能ではなく、安定性、性能、使いやすさに注力したバージョンだ。運用環境で利用できる状態になったということはDocker.ioがDockerのサポートサービスを提供するということだ。

  • WildFly 8についてJason Greene氏へのインタビュー

    Red HatのJBoss部門はWildFly 8を発表した。WildFly 8は以前はJBoss Application Serverという名で知られていた製品だ。InfoQはWildFlyのリードを努めた、Red HatのJBoss部門のJBoss EAP Platform ArchitectであるJason Greene氏にこの新しい製品について話を聞いた。

  • Red Hat,OpenShift PaaSに商用パブリッククラウドサービスを追加

    オープンソースのPaaS(Platform-as-a-Service)であるRed Hat OpenShiftに,クラウドホストされた商用版サービスの OpenShift Online が追加された。これによってRed Hatは,プライベートとパブリック両方のOpenShiftを持つことになり,最新のエンタープライズデータセンタを対象としたトップダウンアプリケーションスタックを提供する,という同社の拡大戦略にも一致する。

  • Red HatがJBoss Application Server を WildFlyに名称変更し、商用のASバイナリを無料で提供

    大手LinuxベンダーのRed Hatは、JBoss Application ServerがWildFlyと改名されたことを発表し、JBoss ASの 「非常に機敏、軽量な、抑制されていない、真に自由な」性質を表している、と言った。別の発表で、RedHatは、エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム用のバイナリを作成し始め、 開発者はLPGLライセンスの下で無料でダウンロードできる。

  • プログラム言語Ceylon M5 - タプル,バーベタイム文字列,スプレッド操作,遅延アノテーションなどを提供

    RedHatがプログラム言語Ceylon M5をリリースした。タプルやバーベタイム文字列,スプレッドオペレータ,遅延アノテーション,具象化ジェネリクスなどの機能を新たに備えるとともに,重要な文法変更に加えて,新しいモジュールやパッケージ,関数なども追加されている。

BT