BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Retrospectives に関するすべてのコンテンツ

  • アジャイルになるための学習

    アジャイルのパラダイムは、チームメンバーを特定の開発プロセスに順応するように強制する古典的なマネジメントのアプローチとは対象的に、プロセスを人間に適応させる。Batesonの学習モデルは、私たちがアジャイルを始める、アジャイルの手法にのっとる、アジャイル的となる、自らのアジャイルのアイデンティティとビジョンをもつのに役立つ。

  • 10%の自主タイムで学習を向上させる

    学習のためにチームで10%の時間を自主的に使えるようにすると、納品までの時間が減少し、品質やモチベーションが向上する。10%ルールでは、自分たちが重要だと思うことに取り組むために、チームに完全な自主性を与える。これにより、チームメンバの創造性を解放し、チームは潜在能力を成長させられるようになる。

  • レトロスペクティブを越える継続的改善

    継続的改善(continuous improvement)を望むならば,まずはレトロスペクティブから始める方法もあるが,マネジメントの変革や文化の改革,イノベーションによって,さらに先に進まなければならない。組織の変革を実現する上で最も重要なのは,新たな習慣を作り上げること,文化を変えること,この2つだ。

  • 大規模な組織にアジャイルを導入するには

    GlobalLogicでデリバリマネージャを務めるYuriy Koziy氏がAgile Eastern Europe 2016カンファレンスで講演し,組織の変革は上層部からではなく,チームのレベルから始めるべきだと主張した。氏は同じような考えを持つ技術マネージャとアジャイルコーチを集めて,変革のエージェントとして活動するグループを結成し,自らの組織を内部から転換したのだ。

  • スクラムによるソーラーカー開発

    Lean Kanban Benelux 2015カンファレンスでJeroen Molenaar氏は,オーストラリアのワールド・ソーラー・チャレンジで優勝したドイツのソーラーカーチームに,アジャイルコーチとして参加した経験について講演した。

  • アジリティにおける自律性の意義

    自律性(autonomy)はSpotifyの中核的な基本理念のひとつだ。現場に可能な限り近い場所で,社員による意思決定が可能になる。同社のKristian Lindwall氏とCliff Hazell氏がAgile Greece Summit 2015で,自律性がアジリティの中心である理由を説明した。

  • ギリシャにおけるアジャイルとリーンの採用事情

    ギリシャでは,中小規模の企業がアジャイル的な作業方法を導入しているのに対して,大規模な組織の実例はそれほど多くない。その一方で,地元企業のアジャイルに対する関心は高まっている。アジャイルミートアップでは,スクラムとかんばんのどちらを採用すべきか,スタートアップとスクラム,固定価格とスコープ契約,生産性,チームでの幸福感といった話題が議論されている。

  • 失敗を扱うアンチパターン

    Oliver Hankeln氏が、組織で失敗を扱う場合のアンチパターンを紹介する。アンチパターンには、失敗を隠すこと、お互いに非難し合うこと、非難し続けること、臆病になることがあり、それぞれの対処方法を提案する。

  • アジャイル組織における"勇気あるコミュニケータ"の重要性

    アジャイルチームでは,勇気あるコミュニケータの存在が極めて重要だ。シニアリーダシップは,勇気あるコミュニケータの役割をサポートする必要がある。

  • アジャイルレトロスペクティブにおける5 Whysテクニックの限界

    この記事では,5 Whys(5つのなぜ)テクニックの限界を取り上げる。

  • ステップバイステップで改善するには安全さが必要

    OOP 2015カンファレンスでColin Hood氏が要求工学プロセスの定義と首尾よく反復開発を展開することの間にあるギャップについて語った。氏はステップバイステップで進めることで要求工学を改善できること、人々が一歩踏み出すには相対的な安全さが必要だという。

  • 幸せに働く方法

    笑いはチームの雰囲気を良くし、より良い結果につながる。幸福感と積極性がチームを成功に導くことは有無を言わさぬ事実だ。ここでは、チームの幸せを改善したいときに何ができるかを提案する。

  • ScALeDについてAndreas Schliep氏が語る

    アジャイルのアプローチを組織に導入し組み込むのは、アジャイルプロジェクトそのものであるように扱う必要がある、とAndreas Schliep氏は言う。InfoQは、氏にインタビューをしてアジャイルをスケールするときの陥穽について、ScALeDについて、ScALeDのAgility PathやLeSSやSAFeやDaDとの比較、継続的改善や振り返りについて話を聞いた。

  • ペアプログラミングが難しい理由

    ペアプログラミングはソフトウエアの品質を高め、チームのメンバとの協力を強化するのに良い。しかし、実施するのは難しい。この記事では、ペアプログラミングがなぜ難しいのか、どうすれば実施できるのかについて紹介する。

  • アジャイルチームのための感情カード

    スクラムマスタやアジャイルコーチ、トレーナーにとって便利な道具である感情カードの使い方について説明する。感情カードとは、一揃えのカードのセットであり、怒りや不安、混乱、幸せ、悲しみ、驚き、疲れや心配などの一般的な感情を表している。

BT