BT

InfoQ ホームページ Risk に関するすべてのコンテンツ

  • オブザーバビリティはテストにどう影響するのか

    オブザーバビリティ(observability)は現在のシステム状況を明らかにし、ある種のテストを置き換えることができる。低リスクのアプリケーション分野であれば、オブザーバビリティをテストの代役とすることで、継続的デリバリによる迅速なフィードバックと、短時間の変更リリースが可能になる。

  • QCon New York: 機械学習モデルを評価する - 不動産におけるケーススタディ

    顧客の住宅売買を支援する不動産会社のOpendoorは、価格モデル向上に機械学習を使用している。同社のデータサイエンティストであるNelson Ray氏がQCon New York 2017 Conferenceで、住宅再販のリスク評価を行なう機械学習モデルの検討を目的とした、シミュレーションベースのフレームワーク開発について講演した。

  • セーフ・トゥ・フェイルを実践する

    セーフ・トゥ・フェイル(safe-to-fail)な試みは、複雑な環境での調査(probe)、把握(sense)、対処(respond)に利用可能だ。その場合には、成功と失敗がどのようなものかを知ること、潜在的な障害に対処するために調査の効果を弱めたり強めたりすること、この2つが必要になる。セーフ・トゥ・フェイルな試みは、リスクや不確実性に対処し、そこから学び、選択肢をオープンに保つために有効である。

  • 自動受け入れテストに関する実用的ヒント

    同値分割、境界値分析、リスクベーステストのようなテスト技術は、何をテストして、いつテストを自動化するかを決めるのに役立つ。InfoQは、様々な種類のテスト、十分によい受け入れテストを書くこと、テストの自動化を決める基準、テスト自動化の適用方法と実行可能な仕様の作成方法について、Adrian Bolboaca氏に話を聞いた。

  • 継続的デリバリによるITパフォーマンスの改善

    継続的デリバリのもたらす大きなメリットのひとつはリリースのリスク低減である – 包括的な自動テスト(Comprehensive test automation)と継続的インテグレーションとは、ITのパフォーマンスに最も大きな影響を与えるプラクティスだ。継続的デリバリとITパフォーマンスに関する調査から、継続的デリバリのプラクティスの実践はより高いITパフォーマンスにつながるだけでなく、ハイパフォーマによるテンポの向上と高レベルの安定性を実現することが明らかになった。

  • ビジネスマッピングを使用したアジャイル組織の構築

    Dan North氏が,ブリュッセルで開催されたScaling Agile for the Enterprise 2016会議で,ビジネスマッピングについて講演を行なった。InfoQでは,組織のIT部門がアジャイルを導入する際の,ビジネス的な見地から見た問題点について氏にインタビューするとともに,ビジネスマッピングとは何か,組織のアジリティ向上にどのように役立つのかを聞いた。

  • "アンヘッジド・コールオプション"はバッドコードに対するメタファとして適当か

    バッドコードと技術的負債に関するブログ記事で,Steve Freeman氏は,Chris Matt氏がバッドコードを表す"ヘッジされない(unhedged)コールオプション"というメタファを思い付いた経緯について説明した。この記事が今,RedditとHacker Newsで激しく議論されている。InfoQでは,バッドコードとコードの臭い(code smells)に対するメタファの使用,低品質コードのトレードオフとコスト,コード品質に対する責任などについて,両氏にインタビューした。

  • 継続的学習の文化を育てる

    継続的学習(Continuous learning)は,企業におけるアジャイル採用の支えとなる。継続的学習を実現し,それをサポートするためには,組織文化の変革を必要とする場合がある。 継続的学習の可能な文化を確立して育む上では,マネージャとアジャイルコーチにできることがいくつかある。

  • 必要十分な事前設計を行うには

    今回この記事で紹介するのは,プロジェクト開始に必要なシステム構造情報を提供し,アーキテクトのビジョンにチームを統一して,想定されるリスクを評価するためには,十分な事前設計を行うべきだ,とするアドバイスだ。

  • リアルオプションを使った意思決定

    Pascal Van Cauwenberghe氏によれば、プロジェクトも製品開発も困難な意思決定の連続だ。そして、リアルオプションは正しい決定を正しいときにすることを支援してくれる、という。Agile Tour Brusselsカンファレンスで、Pascal氏はリアルオプションを使った意思決定のついて自身の経験を発表した

  • リスク管理対象としてのソフトウェア開発

    ソフトウェア開発はリスクと不確実性の管理を金融手法に見出すべきだろうか? このような疑問が,アジャイルソフトウェア開発の "Last Responsible Moment (可能な限り決定を遅らせる)" という意思決定方法をめぐる議論を通じて浮かび上がってきた。この記事ではソフトウェア開発において,リスク管理と計画に金融的概念を用いることに関する最近の傾向と議論について取り上げている。

  • SOAと情報リスク管理

    経験豊富なIBMのSOA熟練者Clive Gee氏は、ITがネットワークの安全を担保する方法がどのように発展して、氏が情報リスク管理と呼ぶものになったかについて記している。アプリケーション統合とサービス指向システムによってコラボレーションの場が増大するにつれて、出現頻度が増え続ける脅威と脆弱性に対してのリスク管理について調べている。

  • ビジュアルリスクマネジメント

    プロジェクト規模に関係なく、リスクとその緩和戦略を把握できているとき、ステークホルダは心強く感じるものだ。アジャイルは情報発信器の利用を強く推進している。その情報発信器の考え方に基づき、アジャイリストはリスクのトラッキングと緩和を容易に行える様々なビジュアルなリスク表現法を考案した。

  • リーン+リアルオプション=複雑さとリスクの低減

    リアルオプションとは、金融オプション数学に基づく意思決定プロセスである。これは通称「白本」とよばれるExtreme Progamming Explainedにおいて���Kent Beck氏が1999年に言及しているものだ。近年ではアジャイル主義者たちがリアルオプションがアジャイルとどのように交わるのかについて調査してきた。現在はChris Matts氏とOlav Maasson氏が、特にリーンソフトウェアコミュニティに対して発言している。リアルオプションを採用することでリーン開発が改善するというのだ。

  • アジャイルのリスク管理

    リスク管理は、リスクを判断し、軽減し、監視することに向けて行われる活動だ。多くのアジャイル実践者は、アジャイルプロジェクトのリスク管理のプロセスが従来のプロジェクトとそれほど異なっていないと確信している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。