BT

InfoQ ホームページ Service Component Architecture に関するすべてのコンテンツ

  • OSGiはJavaミドルウェアにとっての正しい基盤なのだろうか?

    MuleSourceの創業者Ross Mason氏はOSGiに対して不満を漏らした:"OSGiはミドルウェアベンダにとっては偉大な仕様ですが、エンドユーザにとってはひどい仕様です。" 彼はOSGiを開発者から完全に不可視にすることがあまりに難しいため、まだ開発者が使う準備が整っていない、と論じている。

  • Apache Nuvem,オープンソースクラウドがまたひとつ?

    Deltacloud と libCloud の2プロジェクトが先日,Apache インキュベータのステータスに到達した。もうひとつのクラウド関連プロジェクトである Nuvem も間もなくそうなるだろう。他の2つのプロジェクトとオーバーラップしそうな部分もあるが,Nuvem は SCA を使用した SOA ベースのアプローチを検討しているようだ。

  • WebSphere 7 Feature PackがOSGiベースのアプリケーション デプロイとSCAとの統合をサポート

    WebSphere Application Server V7の OSGi Applications と Java Persistence API 2.0用のFeature Pack (フィーチャーパック)は、OSGi Blueprint Container仕様書とJPA 2.0に準拠する標準ベースの実装を提供している。また、アプリケーションをバージョン管理されたOSGiバンドルとして、デプロイしそして管理するフィーチャーもオプションで提供している。IBMは、最近、 ApacheプロジェクトのAries と OpenJPAをベースにしたフィーチャーパックのGAリリースをアナウンスした。

  • Jim Marino 氏に聞く - Fabric 1.5 リリース

    SCA のオープンソース実装である Fabric3 の新バージョンには,新機能が数多く導入されている。改善されたクラスタリング,WebLogic アプリケーションサーバとの緊密な統合,パフォーマンスサポート機能の改善などだ。InfoQ では,Metaform System の創業者で,SCA 仕様のコントリビュータである Jim Marino 氏へのインタビューを行った。

  • イベント処理とPub/SubのためのSCA拡張

    サービスコンポーネントアーキテクチャ(SCA)は今日のもっともポピュラーなサービスオリエンテッドアーキテクチャに基づくアプリケーションやシステムの構築するためのプログラミングモデルである。新仕様 “Assembly Model Specification Extensions for Event Processing and Pub/Sub” はSCAの領域を、イベント駆動システム実装までさらに伸ばすことを可能にする。

  • Apache Tuscany Java SCA 2.0 M1がリリース

    Apache Tuscanyチームは、Java Service Component Architecture(SCA)プロジェクトの2.0 M1リリースを発表した。SCAは、ビジネス・アプリケーション・デベロッパが技術的な懸念なくビジネス・ロジックの実装とビジネス・ソリューション内に構成することに集中するための技術中立的なコンポーネントとアセンブリ・モデルを示している。

  • 複合イベント処理とEDA

    複合イベント処理(CEP)システムとイベント駆動型アーキテクチャ(EDA)は、現在および将来の高性能システムにおいて重要な役割を果たすものとして認識されており、その役割と適用方法が議論されている。David LuckhamとRoy SchulteがCEPおよび EDAで使用される用語の概要と解説をまとめている。

  • SCAソリューションの構成およびポリシーおよびバインディングのプレゼンへのアプローチ

    SCAは、もともとはIBMやBEAによって開発された一連の仕様であり、現在はOpen Service Oriented Architectureコラボレーション(OSOA)およびOASIS Open Composite Services Architecture (Open CSA)によって整備されている。その人気は高まりつつあるのだが、SCAの実体やその機能の範囲に関してはまだ十分理解されていない。

  • SunはJava EE スペックにSCA統合を追加するか?

    Javaコミュニティにおいて、SCAやJBIの支援に関する議論を繰り広げられているが、その両者をJava EE 6に正式に統合しようという兆しがある。

  • Tuscany SCA Java 1.2とSDO 1.1がリリース

    先月ApacheTuscanyチームからService Component Architecture(SCA)のバージョン1.2とService Data Objects(SDO)のバージョン1.1がリリースされた。

  • SCAおよびJBI、両者の長所を生かせるか?

    JavaOne 2008において、Jos Dirksen氏およびTijs Rademakers氏がService Component Architecture (SCA)およびJava Business Integration (JBI)フレームワークを使って両者の長所を生かすプレゼンをおこなった。サンプルアプリケーションを使用して、Jos氏およびTijs氏はSCAアプリケーションをJBIコンテナへデプロイする方法を実演した。SCAに関する別のセッションでは、Mike Edwards氏がSCAアーキテクチャーモデルの概要を説明した。

  • Presentation: SOAとコンポーネント技術 --- SCA入門(マルレク2005 第5回より)

    丸山先生レクチャーシリーズのアーカイブを公開します。今回は2005年度の第5回、SOAとコンポーネント技術についてです。

  • Java EEとSCAの関係強化

    Open SOAコラボレーションは、SCA Java EE Integration仕様0.9の草案を公開した。この仕様は、Java EEアプリケーションのコンテキストにおけるSCAとJava EEの統合、サービスコンポーネントインプリメンテーションとしてのJava EEコンポーネントの使用、SCAコントリビューション内における、またはSCAコントリビューションとしてのJava EEアーカイブの配置を定義する。

  • Presentation: SOAとGrid(マルレク2005 第3回より)

    SOAは、Grid技術と深い結びつきがあります。講演では、Gridの標準技術であるGT4の紹介を、ビジネス分野でのJBIやSCAといったSOA技術との比較を交えながら行ないたいと思います。

  • OASISシンポジウム:SOAでの構成可能性

    OASISは、カリフォルニア州サンタクララにて4月28日から4月30日の3日間「SOAでの構成可能性」というトピックでシンポジウムを開催する。ベンダーやエンドユーザ企業のエンジニアや科学者がマッシュアップ、Service-Oriented Ajax、SCA、BPEL、SDO、BPM、Webサービストランザクション、SOAのデータセキュリティー、SOA Reference Architectureなどのトピックについて討論する予定である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。