BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ serverless に関するすべてのコンテンツ

  • IBMがIBM Cloud Code Engineを発表

    IBMは先頃、IBM Cloud Code Engineという名称の新しい計算サービスをベータ版提供すると発表した。このサービスは、Webアプリやマイクロサービス、イベント駆動関数、バッチジョブなど、コンテナ化されたワークロードを実行するマネージド・サーバレスプラットフォームである。

  • サーバレスバックエンドでWebアプリ開発のイテレーションを迅速化する

    AWSは先頃、3編からなる技術記事シリーズを公開して、Webアプリの反復開発の頻度と製品要件変更への対応能力を向上する、サーバレスバックエンド構築のアドバンテージについて説明したこれらの開発方法論とアーキテクチャによって、開発のフレキシビリティが向上する反面、クラウドベンダサービスへの結合度は高くなる。

  • マイクロサービスの運用とセキュアなサーバーレス:8月25日InfoQ Live

    マイクロサービスとサーバーレスシステムの実行に関して、専門家が聴衆と対話して経験と学びを共有する仮想イベントであるInfoQ Liveは、わずか数日先である。モジュラーアーキテクチャでの作業のベストプラクティスを学び、チームや組織ですぐに実装できる相互検証したアイデアを残すために参加する。

  • InfoQ Live Virtual Event (8月25日) - 注目のセッションとRoundtable

    初開催となるInfoQ Line(8月25日)は、マイクロサービスと分散システムの構築および運用に深く切り込んだ、1日間のバーチャルな学習イベントである。現在の環境に今すぐ活用できる、実用的な戦略を見つけることができる。インスピレーション、コネクション、実践可能なアイデアのために、世界レベルの実践家の集まりに参加しよう。全スケジュールと講演者のラインアップを見てほしい。

  • Micronaut 2.0 がツールを強化し、サーバレスと GraalVM のサポートを強化

    株式会社オブジェクトコンピューティングは、Micronaut 2.0を正式にリリースした。これは、Java、Groovy、Kotlin などの言語を利用したマイクロサービスベース、クラウドネイティブ、サーバーレスアプリケーションの作成を支援するフルスタック JVM ベースのフレームワークのメジャーリリースだ。

  • AWSサーバーレスLAMPスタック:未来のPHP、あるいはベンダーロックイン?

    3つの技術記事で、AWSは最近、新しい「サーバレスLAMPスタック」を発表した。しかし、オープンソースコミュニティの誰もが、LAMPスタックの後継が単一ベンダーの独自技術であると信じているわけではなく、代替アプローチが提案されている。

  • AWS Amazon RDS Proxyの一般提供を発表

    Amazon RDS Proxyは、Amazon RDSおよびAurora上で動作するMySQLおよびPostgreSQLデータベースのための、フルマネージの高可用性の新しいデータベースプロキシである。このサービスは、サーバーレスアーキテクチャや、データベース接続を高速にOpen/Closeする他のアプリケーションに合わせて調整される。

  • Serverless Days 2020 サーバーレスアーキテクチャの将来を展望する

    6月18日のServerless Daysのオンラインイベントでは、UCバークレー、serverless.com、TencentCloud、Google Cloudの専門家を含むクラウドコンピューティング業界のリーダーが集まり、サーバーレスコンピューティングの最新のイノベーション、使用例、および将来の方向性について話し合った。

  • 企業規模を問わず広がるKubernetesの利用 - CNCFの調査結果より

    Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の調査によると、Kubernetesとコンテナの採用が、特に運用環境において高まりを見せている。この傾向は、企業を対象として新たに実施された、VMwareのState of Kubernetes 2020レポートの結果とも一致する。

  • サーバレスが設計に与える影響 - DDD EuropeにおけるGojko Adzic氏の講演より

    サーバレスアーキテクチャが主流化し、市場投入時間と運用コストの両面での低減を実現している。しかし、そのようなメリットを享受するには、このアーキテクチャスタイルの制限に基いたアプリケーション設計をする必要がある。DDD Europe 2020で、Gojko Adzic氏は、サーバレスを採用した自身の経験、ドメイン駆動設計(DDD)とサーバレスアーキテクチャがアプリケーション設計に与える影響について論じた。

  • James Ward、Ray Tsang両氏がサーバレスプラットフォームKnativeを語る

    今年のQCon San Francisco 2019カンファレンスで、ames Ward、Ryan Knight両氏が、Knativeフレームワークを使用したサーバレステクノロジに関するワークショップを開催した。InfoQでは、クラウドネイティブアプリケーション開発におけるサーバレスの役割について議論すべく、両氏に話を聞いた。

  • AtlassianがForgeを公開、サーバレスクラウドアプリの新たな開発方法の提供

    先日のブログ記事でAtlasssianは、Forgeという名称のサーバレスクラウドプラットフォームを新たに発表した。ファンクション・アズ・ア・コード(FaaS)ベースのアプリケーション構築が可能で、Atlassianによるホスティングと運用が提供される。柔軟性のある宣言型UI言語であるForge UIを使うことで、開発者は、Webおよびモバイルデバイスを対象としたインタラクティブなエクスペリエンスを、ローコード(low-code)アプローチで開発することができる。

  • OracleがCloud Native Servicesを拡張し、Kafka Streaming、API Gateway、ログサポートを追加

    先日のブログ記事で、Oracleは、同社Oracle cloud Native Servicesプラットフォームで3つの新サービスを限定的に公開すると発表した。Kafka Compatibility for Oracle Streaming、サーバレスコンポーネントやコンテナとの接続を管理するAPI Gateway、複数のリソースやアプリケーションのログ管理と分析をサポートするLoggingサービスがその内容だ。

  • 完全マネージドなサーバレスプラットフォームのGoogle Cloud RunがGAへ

    Google Cloud Runは、コンテナ化されたサーバレスアプリケーションを動作させるためのフルマネージドなソリューションだ。6ヶ月間のベータ期間を終えて、今回、Google Kubernetes Engineクラスタを使ってGoogle Cloud Runアプリケーションをオンプレミスで実行可能にするCloud Run for Anthosと共に一般提供が開始された。

  • サーバレス関数におけるステートフルプログラミングモデル - QCon San FranciscoでのChris Gillum氏の講演より

    Microsoftのプリンシパルエンジニアリングマネージャである Chris Gillum氏は、QCon San FranciscoでAzure Functionsのサーバレスプログラミングモデルについて講演し、Microsoftのサーバレスコンピューティング実装であるAzure Functionsを使用した2つのステートフルプログラミングモデルである、ワークフローとアクタについて論じた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。