BT

InfoQ ホームページ serverless に関するすべてのコンテンツ

  • Google CloudがCloud FunctionsでRubyをサポート

    Google Cloudは最近、Ruby on Cloud Functionsの公開プレビュー版を発表した。Ruby用のオープンソース関数フレームワークは、HTTP関数とCloudEvent関数をサポートしている。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • GoogleがWebSocket、HTTP/2、gRPC双方向ストリーム向けのCloud Runサービスサポートをアップデート

    Cloud Runはマネージドコンピューティングプラットフォームである。これにより開発者はWebリクエストまたはPub/Subイベントを介して呼び出し可能なステートレスコンテナーを実行できるようになる。サーバーレスであるため、すべてのインフラストラクチャ管理が抽象化され、開発者はアプリケーションの構築により集中できるようになる。

  • BBC Online は超高速なスケールのためにサーバレスを使用

    先頃公開された一連のブログ投稿で、BBC Onlineの主要なテクニカルアーキテクトが、BBC Onlineがサーバレスを使用する理由とその最適化方法について説明している。著者によると、BBC Onlineは、超高速にスケールする能力のため、コア実装のほとんどにAWS Lambdaを使用している。ニュース速報が発生すると、トラフィックは1分間に3倍に増加し、その後も増加し続けることがある。

  • AWS re:Invent 2020概要

    AWSの主催で年次開催されるre:inventカンファレンスが、今年はバーチャルの無償カンファレンスとして、3週間にわたって行われた。いくつかの基調講演やセッションの中でAWSは、新機能や改善、クラウドサービスを発表した。今回紹介するのはコンピューティング、データベース、ストレージ、ネットワーキング、マシンラーニング、開発に関連するおもな発表のレビューである。

  • AWSがAurora Serverless v2のプレビューを発表

    re:Invent 2020の最初の基調講演の中で、AWSは、Amazon Aurora Serverlessの次期バージョンをプレビュー公開すると発表した。Amazon AuroraのMySQL 5.7コンパチブルエディションの新たなサーバレスバージョンには、1秒未満のスケーリング能力を備え、マルチAZのサポート、グローバルデータベース、リードレプリカ(read replica)が導入されている。

  • GoogleCloudワー��フローが一般向けに提供開始

    Googleは最近、Google Cloud Workflowsが一般向け提供を発表した。Google Cloud Workflowsは、Google CloudとHTTPベースのAPIサービスをサーバーレスワークフローと統合するサービスである。Workflows Connectorsが公開プレビュー版となった。

  • BBC Onlineがサーバレス化

    先頃の記事で、BBCエンジニアリングチームは、BBC Onlineをクラウドおよびサーバレスデプロイメントに移行するために行われた作業について説明している。BBCのWebサイトの半分がAWS Lambdaでサーバレスによってレンダリングされるようになった。

  • Amazon Kinesis Data FirehoseでHTTPエンドポイントへのデリバリが可能に

    Amazon Kinesis Data Firehoseに先頃、ジェネリックなHTTPエンドポイントへのデータストリーミングのサポートが追加された。これにより、Amazon API Gatewayのサービス統合を通じて、新たなAWSサービスをデスティネーションとすることも可能になる。新機能の一部として、Datadog、MongoDB、New Relicなど、新たなサードパーティサービスプロバイダ用のインテグレーションも用意されている。

  • Redwood - Ruby on RailsのエクスペリエンスをJavaScriptで実現

    GitHub創設者のひとりであるTom Preston-Werner氏が、エッジに対応したフルスタックJavaScipt WebフレームワークのRedwoodJSを新たにリリースした。Redwoodは独特の思想を持っており、事前定義されたバックエンドとフロントエンドを統合する。"設定より規約(convention-over-configuration)"の原則に基づいて、Ruby on Railsライクな開発者エクスペリエンスの提供を目標としている。

  • 次のSvelteはサーバレスファーストかもしれません - Svelte SummitでのRich Harris氏の講演

    Svelteの作成者であるRich Harris氏は、Svelte (UIフレームワークとコンパイラ) とSapper (Svelteのアプリケーションフレームワーク) のまわりで行われている実験の幕を開けた。Harris氏は、Svelteがサーバレスファーストのフレームワークであるという潜在的な未来を垣間見せた。

  • Google、Cloud Functionsの新機能を発表

    Googleは自身のクラウドプラットフォーム上で、Cloud FunctionsというFaaS(Functions-as-a-Service)を提供している。これを使うことで、サードパーティのサービスやAPI、IoTバックエンドと組み合わせたサーバーレスソリューションの構築が可能になる。先日、彼らはCloud Functionsの新機能を発表した。

  • IBMがIBM Cloud Code Engineを発表

    IBMは先頃、IBM Cloud Code Engineという名称の新しい計算サービスをベータ版提供すると発表した。このサービスは、Webアプリやマイクロサービス、イベント駆動関数、バッチジョブなど、コンテナ化されたワークロードを実行するマネージド・サーバレスプラットフォームである。

  • サーバレスバックエンドでWebアプリ開発のイテレーションを迅速化する

    AWSは先頃、3編からなる技術記事シリーズを公開して、Webアプリの反復開発の頻度と製品要件変更への対応能力を向上する、サーバレスバックエンド構築のアドバンテージについて説明したこれらの開発方法論とアーキテクチャによって、開発のフレキシビリティが向上する反面、クラウドベンダサービスへの結合度は高くなる。

  • マイクロサービスの運用とセキュアなサーバーレス:8月25日InfoQ Live

    マイクロサービスとサーバーレスシステムの実行に関して、専門家が聴衆と対話して経験と学びを共有する仮想イベントであるInfoQ Liveは、わずか数日先である。モジュラーアーキテクチャでの作業のベストプラクティスを学び、チームや組織ですぐに実装できる相互検証したアイデアを残すために参加する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。