BT

InfoQ ホームページ Source Control に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがVisual StudioでGit Experienceをリリース

    今月初め、2020年の.NET Confの間に、Microsoftは最新バージョンのVisual Studio for Windowsをリリースした。このリリースの最も重要な機能の1つは、Microsoftが「The Git Experience」と呼ぶものであった。これは、GitをVisual Studio 2019のデフォルトのソース管理エクスペリエンスにしている一連のツールである。これによって、開発者はVisual Studioから直接Gitリポジトリを制御できるようになる。

  • Microsoftは、Build 2020でプレビューのApp Service Static Web Appsを導入

    今年のデジタルイベントのBuildで、Microsoftは、静的Webアプリ用に明白に調整された新しいホスティングオファーでAzure App Serviceを拡張したことを発表した。ホスティングサービスはAzure Static Web Appsと呼ばれ、現在プレビュー中だ

  • DigitalOcean、App PlatformでPaaSに参入

    DigitalOcean App Platformは、ポイント・アンド・クリックによるアプリケーション開発を実現することによって、DigitalOcean DropletとKubernetesベースのインフラストラクチャ・アズ・ア・サービスの間にあるギャップを埋めることを目的とした、特に開発者向けの新サービスである。InfoQは今回、同社VPのApurva Joshi氏から詳しい話を聞くことができた。

  • Hacktoberfestで悩まされる (Hacked Off)

    Hacktoberfestは、無料のTシャツと引き換えに、GitHubでホストされているオープンソースリポジトリにパッチを提供するよう開発者に奨励するためにDigitalOceanが実行するプロモーションである。ただし、今年は、GitHubのプロジェクトにほとんどまたはまったく価値をもたらさない、多くのオープンソースへの寄稿による苦情があり、コミュニティにいくらかの負担をかけている。InfoQが調査する。

  • Git 2.29でSHA-256の実験的サポートを導入

    最新バージョンのGitでは、ファイルハッシュにSHA-1ではなくSHA-256を実験的に使用できるため、攻撃者が元のリポジトリと区別できないHEADを使用して偽装リポジトリを偽造できるという長年の脆弱性が排除される。

  • GitHubコードスキャンはベータ版終了

    1年前、GitHubは、Semmle QLクエリ言語を備えたセマンティックコード分析エンジンのメーカーであるSemmleの買収を発表した。数か月のベータ版を経て、GitHubは現在、すべてのパブリックリポジトリとプライベートリポジトリで新しいCodeQLベースのコードスキャン機能が利用可能になったことを発表している。

  • GitHubは、CodespacesとDiscussions、およびその他のセキュリティ機能を導入

    GitHub Satellite 2020で、GitHubは、開発者のコラボレーションを新しいレベルに���き上げることを目的とした2つの新機能を発表した。GitHub内であるぐに使用できる完全な開発環境を提供すると、ナレッジベースをスレッド化されたQ&A形式で作成できることを目的としたDiscussionsである。さらに、脆弱性のコードスキャンがGitHubのメインインターフェイスに統合され、シークレットスキャンがプライベートリポジトリにも拡張された。

  • 新しいGitHubリポジトリではmainブランチがデフォルトに

    今日、新たに生成されるすべてのGitHubリポジトリでは、メインブランチのデフォルトが'main'になっている。さらに、既存リポジトリの'master'ブランチの名称変更も可能である。この変更が必要な理由、変更をシームレスに行うためにGitHubが提供するサポートについて、この記事を読んで確かめてほしい。

  • OpenJDK が GitHub へ完全に移行

    OpenJDK は 2020 年 9 月に予定通り Mercurial から GitHub への移行を完了した。GitHub はさまざまなメリットを提供する。これはパフォーマンスの向上やコードレビューのサポートなどが挙げられる。InfoQ は 6 月に、より詳細な変更点について報告した。

  • GitHubとnpmをより活用するためのJavaScriptコーダ向けガイド - GitHub Satellite 2020より

    GitHubでnpmのプロダクトマネージャを務めるEdward Thomson氏は、先日のGitHub Satellite 2020で、npmがGitHubに加わったことによるJavaScript開発者への影響と、オープンソース開発とプロフェッショナル開発がともにGitHubを最大限に活用する方法について説明した。

  • メンテナンス性とモジュール化のためGitHub OctoKit JavaScript REST SDKをリファクタリング

    GitHubエンジニアのGregor Martynus氏が、もともと合計6ファイルで約16,000行のGitHub公式REST JavaScript SDKをリファクタリングして、よりメンテナンスしやすくモジュール化したプロジェクトにするまでの道のりについて説明した。

  • Visual Studio CodespacesはGithub Codespacesに

    今月初旬、MicrosoftはVisual Studio CodespacesをGitHub Codespacesに統合することを発表した。Visual Studio Codespacesは、Gitpodに似たクラウドベースのオンデマンド開発環境である。統合された製品はAzure Functionsをサポートし、Visual Studio 2019、Visual Studio Code、および最新のブラウザで使用できる。

  • GitHub CLIが1.0に到達、CI/CDワークフローのスクリプト作成を可能にする

    昨年2月にベータ版でリリースされたGitHub CLIがバージョン1.0になった。GitHubによると、問題からレビュー、リリースまでのワークフロー全体にGitHub CLIを使用できる。さらに、GitHub APIをスクリプト化して、使用可能なアクションを自動化できる。

  • GitHub Availability Report - インシデント調査月次報告

    重大なインシデントの事後公開という段階を越えて、GitHubは今回、Availability Reportを導入した。インシデントについて説明するだけではなく、GitHubのエンジニアリングシステムとプラクティスを前進させるために行った活動にも注目する。

  • GitHubのWebコンポーネント - Web Component SF Meetupより

    Kristján Oddsson氏は、Web Components SFミートアップで、GitHubにおけるWebコンポーネントの使用状況と、フロントエンドコンポーネントをより読みやすく、高パフォーマンスで、アクセス性のよいものにするためにGitHubが見出したパターンについて詳説した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。