BT

InfoQ ホームページ Spring に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Spring Framework 5でのサーブレットとリアクティブのスタック

    Spring Framework 5は伝統的なサーブレットベースのものとリアクティブなwebスタックの2つを同一のサーバアプリケーションにおいてサポートする。これはアプリケーションにおける非同期でノンブロッキングな並行性への大きな、全体的な移行を反映している。この記事ではSpringのコミッタであるRossen Stoyanchevが2つのスタックを調査比較、取り得る選択肢の範囲を説明し、これらのスタックから選択する際のガイダンスを提供する。

  • Spring Data – すべてのデータストアに対応するAPI?

    Tobias Trelle氏がSpring Dataプロジェクトを紹介します。Spring Dataは異なるデータストアに対するアクセスの統一化と簡易化を目的とするSpringSourceのプロジェクトです。

  • Hades - JPAリポジトリが簡単に作れる

    世の中にある、ほとんど全てのアプリケーションは、その仕事をするには、データにアクセスする必要がある。ドメイン駆動設計アプローチでは、ドメインを構成するエンティティ用のリポジトリを定義する。Javaの開発者は、よくJPAを使って、これらのリポジトリを実装する。Hadesは、オープンソースのライブラリでJPAとSpring上に作られており、データアクセス層の実装が著しく改善され、実際に必要なコード量を削減できる。

  • ScalaとSpring:両世界のベストを一体化

    Scala, Spring と JPAを使った具体的な例を基に、このアーティクルは、暗黙の変換や traitsのようなScalaの強力な概念によって、いかにSpringを強化するかを説明している。更に、JavaベースのフレームワークとScalaの間の溝がいかにスムーズに埋められるかを示している。

  • なぜDistributed OSGiが必要なのか?

    新たな記事で、Eric Newcomer氏が分散OSGiの現状について述べ、そもそもそれを標準化する理由を説明している。

  • Spring AOPとAspectJを使用したワークフローオーケストレーション

    本稿では、アスペクト指向プログラミング(AOP)の技術を使用して、高度に設定可能で拡張性があり、さらに軽量な組み込みプロセスフローを構築し、オーケストレートするための方法を説明します。今回のサンプルでは、Spring AOPとAspect Jをベースにしていますが、他のAOPでも同様の結果を得ることができます。

  • ドメイン駆動設計・開発の実践

    この記事では、Srini Penchikala氏が、現実的な視点から、ドメイン駆動設計を議論する。この記事は、ドメイン駆動設計プロジェクトで使用されるアーキテクチャガイドラインとベストプラクティスを示します。

  • Spring 2.5:Spring MVCの新機能

    この論文は、Spring 2.5で導入されたアノテーションを探究する3部作の第2弾です。Web層におけるアノテーションのサポートを扱います。最後の論文では、統合と検査で利用できる追加機能を説明する予定です。

  • Guice(ジュース)を早飲みしすぎていませんか?

    あなたのチームが、既存アプリケーションを「シングルトンの入れ子」設計から依存性注入(DI)へ移行しようとしているなら、この論文に心引かれるでしょうが、DIへの移行は難しいことが分かっています。論文にはGoogleのJava DIコンテナ(Guice)の名を入れていますが、Javaや.NET、Python、Rubyなどにも当てはまります。

  • Spring Frameworkによるソフトウェアテスト

    この記事では、単体/統合テストの分野でSpringフレームワークが提供するサポートの概要について説明する。一般的なJava EEアプリケーションでのアジャイルテスティングフレームワークの実装と、Springテストクラスを使用したアプリケーション機能のテスト方法について、読者の方の参考となるように、ローン処理のWebアプリケーションの例を取りあげる。

  • Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その2)

    Spring Frameworkのバージョン2.5がリリースされました。このバージョンでは、様々な拡張が加えられています。そこで、この記事では、その新しい機能を使ってアプリケーションを作ることにより、どのような機能があるかを紹介しています。

  • Spring Web FlowとTerracotta for Springを備えたWebアプリケーション

    この記事では、最初にSpring Web FlowとTerracotta for Springの概要を述べ、その後、ステートフルで、対話型のスケーラブルな高可用性Webアプリケーションを書き込みできる新しい特質を登録するために、これらの技術を統合的に用いる方法を示します。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。