BT

InfoQ ホームページ Spring に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その1)

    Spring Frameworkは、コンテナによってBeanのインスタンスの生成や関連付けを管理するDIコンテナです。当初のSpring Frameworkでは、XML以外に設定を記述する方法がなかったのですが、Spring Frameworkのバージョンも2.0、2.5と進むうちに様々な設定を、アノテーションを用いて記述できるようになりました。ここでは、XMLを用いて設定をしていたアプリケーションを、アノテーションを用いた方式に書き換えることにより、どれだけXMLの記述量を減らせるか、どのようなところをアノテーションで記述し、どのようなところをXMLで記述する必要があるかといったポイントを検証していきます。

  • Spring 2.5の新機能―Part 1

    Springフレームワークは最初から、企業のアプリケーション開発を簡略化するという目標に常に照準を合わせながら、同時に、複雑な問題に非侵襲的で強力な解決策を提供してきました。この記事は、このSpringフレームワークの新機能を探求する3回シリーズの第1回目です。今回の記事では、Springアプリケーション・コンテキストの中核に位置する簡略化されたコンフィギュレーション並びに新しいアノテーションベースの機能性に焦点を当てます。

  • JMSとSpring.NETを使用したメッセージ連携

    Mark Pollack氏が、SpringとSpring.Netを使って、Javaと.Netのインターオペラビリティのデモンストレーションをお見せします。内容としては、.NETとJavaの間のコミュニケーションの基盤としてMOMを使用し、ローカルLANで動作する単純な株取引アプリケーションの中で、.NETクライアントとJavaの中間層が連携するというものです。

  • オープンソース の Java 対応 WS スタック ? 設計の目標と理念

    スタックを開発している主要なベンダーに、さまざまな質問を投げかけてみた。

  • Spring WebサービスについてArjen Poutsma氏に聞く

    InfoQのStefan Tilkov氏は、Spring WebサービスクリエータであるArjen Poutsma氏と一般的なWebサービスについて、とりわけSpringサポートについて話をする機会を得ました。

  • Spring 2.0: 最新情報と Spring 2.0 が重要な理由

    この記事は 2 つのパートに分かれています。パート 1(この記事)では、Spring 2.0のコアコンテナ、XML 構成拡張、AOP の強化、Java 5 に特有の機能について記述します。

  • 統合JavaコンテンツリポジトリとSpring

    Costin Leau氏が、JSR 170の解説を行うと共に、SpringがORMをシンプルにするのと同様に、Springモジュール内のJCRモジュールが、JSR-170 API開発をどうシンプルにするのかを解説します。

  • Spring2.0とAspectJでエンタープライズアプリケーションを単純化する

    この記事では、一般的なエンタープライズアプリケーションのどういう場所にSpring AOPとAspectJを利用するのが適しているのかを最初に述べ、続いてSpring2.0における新しいAOPサポートをお見せします。

  • Spring2.0 Finalの情報

    Spring 2.0 was initially supposed to come out in June/July, why the delay? InfoQ interviewed the Spring team - based on massive community feedback, the team has chosen to delay the launch to Sept 26th in order work on asynchronous JMS capabilities, JPA, the new JSP form tag library, OSGi integration, documentation, and backwards compatibility.

  • Spring FrameworkとAOPを使ったダイナミックルーティング

    Vigil BoseがコマンドパターンとSpring内のAOP facilitiesを使った、ダイナミックなビジ��スイベントルーティングを行うためのフレームワークを解説します。 今回の記事では主に、サブシステム処理に関してビジネストランザクションがどのように動的にビジネスイベントをトリガーするかを示します。記事内で示した例では、Spring Framework 2.0とSpring AOPを効果的に用いて、ビジネスサービスをサブシステム処理の機能から切り離します。

  • ETagを使ってSpringとHibernateの転送量と負荷を削減する

    この記事では、WEBアプリケーション開発者が利用可能だがあまり名の知られていない機能のひとつである「ETagレスポンスヘッダ」というちょっとしたテクニックを見ていき、それをどのようにSpringフレームワークを用いた動的WEBアプリケーションと統合させ、アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させるのか考えてみます。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。