BT

InfoQ ホームページ 標準化 に関するすべてのコンテンツ

  • OCIがDockerのv2プロトコルに基づいてコンテナ・レジストリAPIを標準化

    Open Container Initiativeは、コンテナイメージレジストリのAPIを標準化するコンテナ配布仕様プロジェクトを開始した。これはDocker Registry v2プロトコルに基づいており、Dockerツールセットやパブリッククラウドベンダーが使用する。

  • JSON-RPCについて

    昨日のLanguage Server Protocol Support for Visual Studioに対するレポートにおいて、私たちはLCPがJSON-RPC 2.0上に構築されていると述べた。これは10年以上前に作成されたものだが、SOAPやRESTほどは知られていない。

  • Apple、WebGPUという新しい3Dグラフィックス標準を提案

    AppleがWebGPUというブラウザ向けの新しいGPU APIを提案している。一方、GoogleはNXTという別のソリューションを開発中だ。

  • OCFとAllSeen Allianceが合併,ひとつのIoT標準をサポート

    OCFとAllSeen Allianceは一致協力してIoTivityを促進する。

  • OSF, AllSeen, Microsoftの見るIoTの未来

    IoT接続ソリューションの標準化を目指す,主要なグループが3つある - OCF,AllSeen Alliance,そしてThread Groupだ。彼らはそれぞれ別の道を歩むことになるのだろうか,それとも,ひとつに収斂して,すべてのIoTデバイス間コミュニケーションが標準化される日がくるのだろうか?

  • Redfish: サーバ管理のための新しいAPI

    Redfish 1.0はスケールアウトコモディティサーバの管理のための標準およびRESTful APIとして定義されている。Redfishは最近のスケーラブルアーキテクチャのニーズを考慮して作られたものだが、古いプラットフォームやツールチェーンの管理や統合にも利用できる。

  • Docker、CoreOS、業界各社がOpen Container Projectを設立

    DockerCon 2015において、Solomon Hykes氏がOpen Container Project (OCP) の発足を発表した。これはベンダー、ユーザ、そして業界のリーダーたちが集結し、コンテナフォーマットとランタイムに関する共通仕様を定義することを目指している。OCPはLinux Foundationの支援のもと、ミニマリストの非営利でオープンに統治されたプロジェクトとして運営される。

  • ECMAScript 2015は承認された

    Ecma Internationalの総会において、ECMAScript 2015としても知���れるECMAScript 6 (ES6)の言語仕様であるECMA-262 6thエディションの承認を発表した。

  • Pointer EventsがW3Cの最終ステージ“勧告”に

    World Wide Web Consortium (W3C)は、Pointer Events標準を広く採用する勧告として発表したが、AppleとGoogleがこの実装を拒否しているため、その未来には疑問が残っている。

  • Google、SPDYのサポートを終了してHTTP/2に対応する方針を発表

    Google has announced giving up SPDY after HTTP/2.0 has integrated the protocol and its standardization is in its final stages.

  • WHATWGがWebストリームを標準化

    GitHubでの1年以上の発展期間を経て,プロジェクトStreamsはWHATWGによって,WebストリーミングAPIの標準化作業に採用されることになった。プロジェクトを率いるDomenic Denicola氏は,現在はECMAScript 6の一部となったPromisesの頃から作業に携わっている人物だ。

  • Standard MarkdownがCommon Markdow、そしてCommonMarkに

    Stack Exchange、GitHub、Redditなどの代表者たちが、Standard Markdownの名のもと、Markdownの標準化と機能強化を始めたが、彼らの取り組みはMarkdown構文の作者であるJohn Gruber氏の反対に遭った。彼はMarkdownという名が他のプロジェクトで使われることを望んでいなかった。そして最終的に、プロジェクト名はCommonMarkに変更された。

  • RESTとモノのインターネット

    今日、モノのインターネットが話題に上っており、IETFは標準化の作業を既に始めている。Constrained RESTful Environments (CoRE)のワーキンググループは制限のあるデバイスでRESTのアプローチを提供する方法を探っている。

  • Java EE 7,Spring Batchを標準化

    今月リリースされたJava EE 7プラットフォームには,VMwareのSpring Batchプロジェクトから多くを受け継いだバッチ処理プログラミングのモデル仕様が含まれている。

  • OData 4.0の変更点

    ODataはMicrosoftが支持するRESTの規約で使うデータ問い合わせのため標準だ。このODataの4番目のバージョンがOASISの委員会に受理された。公開レビューは6月2日に行われ、MicrosoftはOASISが今年の後半に標準としてOASISに受理されると考えている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。