BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ケーススタディ に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • マインドマップ駆動テストでテスト戦略を強化する

    マインドマップ駆動テストにより、テスタはテストアイデアの生成に集中でき、思考をあきらかにし、アイデアを効果的にブレインストーミングして整理することができます。この記事では、マインドマップに関するアイデアと知識を共有し、テストの計画、整理、記録、提示、およびレポートを行うためのリーンドキュメントとしてそれらを使用する方法を示します。

  • テストの自動化は予防か、治療か?

    開発チームの多くは、テストの自動化を、ソフトウェアデリバリをスピードアップする手段と考えています。チーム内のボトルネックがそこにある、と思われることが多いためですが、開発プラクティス全体をより深く検討すれば、もっとよい結果を得ることができます。

  • スタートアップの視点から見たマイクロサービス

    マイクロサービスへの旅を始めると、何を考えるべきなのかを知って呆然とするかもしれません。簡単にあてはまる黄金律は存在しません。旅はすべて異なり、どの組織も別の状況に直面します。この記事では、スタートアップの視点から学んだこととチャレンジ、そして、次にマイクロサービスを導入する時にどのようにするかを共有します。

  • GAE開発の落とし穴

    Googleのクラウド環境をつかったGoogle App Engineによる開発するにあたり、初めての試みで苦悩する開発者達の経験をもとに、各開発フェーズにあわせて問題点やどう解決したかをご紹介します

  • ケーススタディ: CAS Software AGにおけるEclipse Rich Ajax Platform

    このケーススタディではEclipse RAP(Rich Ajax Platform)がCAS PIAのアーキテクチャにどう適用されているかに焦点を当てます。CASがRAPを使う中で学んだ興味深い使い方を幾つか紹介します。そして彼らの製品の今後の方向性についても焦点を当てていきます。

  • 事例研究:Dutch Railwaysのプロジェクトにおける分散拠点でのスクラム・プロジェクト

    この記事では、私達がどのようにして大規模(240人月、10万行強)でインドとオランダの開発者も参加したスクラム・プロジェクトを成功させたのかを示しています。

  • 改善、成功と失敗: 中国でのスクラム導入

    InfoQ Chinaは中国でスクラム(Scrum)がどのように導入されているかに関する調査を行いました。私たちはこの記事のために5つの事例をピックアップしました。これらの事例は、異なるさまざまな会社によるもので、異なるプロセスが利用され、異なる結果が生じたものです。

  • Ruby on Railsのケーススタディ: ChangingThePresent.org

    Bruce Tate氏は、驚くべきWeb2.0慈善事業サイト(changingthepresent.org.)の技術的側面を明らかにします。

  • 事例研究:合併後の統合アーキテクチャへの新しいアプローチをLawsonに見る

    本事例研究では、Lawson Software, Inc.がIntentia International ABと合併した際に開発担当者が直面した課題に対するアプローチを研究するとともに、ソリューションとシステム全体のアーキテクチャに関するいくつかの興味深い面を技術的な観点から詳細に見ていきます。

  • 事例研究:IPテレフォニー統合

    2回目となるInfoQの事例研究では、テレフォニー分野の興味深いソリューションに目を向けます。本事例研究では、LiteScapeのソフトウェアソリューションの内容に注目し、まず要求事項から始め、Javaおよび .NET実装のアーキテクチャ面の概要に触れ、WebEX/LiveMeetingと電話との統合、Java/.NET統合の相互運用性、同じマシンにインストールされたシステム間の通信におけるHTTP通信とIPC通信の比較といったプロジェクトの興味深い技術的側面をいくつかクローズアップしながら、最後にプロジェクトから学んだ総括的な教訓について説明します。

  • ケーススタディ:ブラジル国民医療システム

    ブラジルの国民医療システムは、2百万行を越すコードと350クラスのドメインモデルを有しており、今までに構築された最も大きなエンタープライズJavaアプリケーションだと言われています。本ケーススタディでは、アーキテクチャ、興味深いソリューション、学んだ教訓、プロジェクトの将来の方向性について、その詳細に目を向けます。

BT