BT

InfoQ ホームページ Story Testing に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • Agile 2016: Lee Cunningham氏が大規模アジャイルとVersionOneについて語る

    先日のAgile 2016カンファレンスで,VersionOneのエンタープライズアジャイル戦略シニアディレクタであるLee Cunningham氏がInfoQの質問に答えて,アジャイルのスケーリング,ITを越えたアジャイルの拡張,価値の認識,VersionOneプラットフォームの方向性などについて話してくれた。

  • VersionOneが第10回のState of Agile年次調査結果をリリース

    VesionOneが第10回のState of Agile年次調査結果をリリースした。世界各国からの3,800件を越える回答を元にした調査結果は,アジャイルメソッドが具体的なメリットを提供していること,ソフトウェア開発の既定のメソッドとして着実に浸透していること,ソフトウェア以外の領域にも拡大し始めていること,などを示している。

  • VersionOne Spring リリース

    VersionOneがEnterprise Agile Platformの最新バージョンをリリースした。今回のSpring 2015リリースには,ポートフォリオやプログラムレベルで,プラットフォームの能力を拡張する機能が加え��れている。InfoQでは,同社シニアプロダクトマーケティングマネージャのLisa Hagin氏と,プロダクトマネージメントディレクタのMark Crowe氏に,新リリースの機能と,プラットフォームの今後の方向性について話を聞いた。

  • 第9回アジャイル年次調査が実施中

    アジャイルプラクティスとプロセスの採用に関する年次レポートの提供を目的とした,第9回アジャイル年次調査報告が現在,参加者を募集中だ。

  • VersionOne社CEORobert Holler氏へのインタビュー

    VersionOne社CEOのRobert Holler氏に2014年冬のリリースと投資テーマについて話を聞いた。

  • VersionOneがState of Agile Development Survey for 2012の結果を公表

    VersionOneがState of Agile Development Survey for 2012の結果を公表した。今回もアジャイルの普及とトレンドを表す重要な指標となっている。

  • Version One が最新版 Team Room のリリースを発表

    Version One は同社 アプリケーションライフサイクル管理製品の次期リリースについて発表した。広範な組織全体を統合管理するというニーズにはこれまで通り対応しながらも,開発チームのアクティビティを直接サポートする機能の提供に重点を置く。CEO の Robert Holler 氏が InfoQ に対して,2012年秋の製品リリースについて説明してくれた。

  • Tasktop Agile Planner for Eclipseがリリース

    Tasktopはアジャイルプランニングツールをリリースした。これはMyLynコネクタを利用して、MingleやTeam Concert、Rally、Scrumworks、JIRA、VersionOneのような複数のプロジェクト管理にわたったプランニングサポートを提供する。Eclipseインテグレーションはプラン項目とソースコード成果物を自動的にリンクしたり、Eclipseから直接プランを作成・管理することをサポートする。

  • 受入テストの自動化 - 理論にすぎないのか、それとも実践的なのか

    要件を受入テストとして記述し、それを自動化することに成功したという報告がこれまでも時折見られている。しかし、これを実践しているのはコミュニティの中の少数派でしかない。各イテレーションの最初に自動化された受入テストを書くという主張は理論的なものに過ぎず、適用事例が少ないということが非効率であることの証明になっているのだろうか。

  • 「アジャイル状況」調査でさらなるアジャイルの採用が明らかになる

    Version One社の今年3年目の「アジャイル状況」調査の結果が話題になっている。この調査によると、アジャイルプラクティスはさらに幅広く使用され、目覚しい結果をもたら���ている。半数以上の回答者が、彼らの組織のアジャイルプロジェクトの 90 - 100%は成功しているとし、93%はアジャイルプラクティスによって優先順位の変更に対応する能力を強化している。

  • VersionOneがV1チームエディションを発表

    VersionOneが最近、V1: Agile Teamを発売した。V1: Agile Teamは、ライトウェイトなアプリケーションで、アジャイルソフトウェア開発を始めたばかりの比較的小さなプロジェクトやチームに、アジャイルプロジェクトの計画とトラッキングを始める方法を提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。