BT

InfoQ ホームページ TDD に関するすべてのコンテンツ

  • Ron Jeffriesが、開発者は"Agile"を捨てるべきと発言

    Extreme Programming (XP)の著者、講演者、考案者の一人であり、2001年のアジャイルマニフェスト(アジャイルソフトウェア開発宣言)の署名者の一人でもあるRon Jeffries氏は、開発者は"Agile"を捨てるべきと主張した自身のブログ記事をシェアした。記事ではさらに、開発者は"ニセアジャイル"や"ダークアジャイル"の形式から離れ、マニフェストの価値や原則に近付くべきだと述べている。

  • 10年目を迎えたBDDツールCucumber - 作者のAslak Hellesøy氏に聞く

    Cucumberは不明確な要件や誤解を克服する手段として開発された。もしもCucumberがテストツールだと考えているのならば、それは誤りだ — 2008年にCucumberを開発したAslak Hellesøy氏は数年前、このように述べていた。InfoQとのインタビューで氏は、振る舞い駆動開発(BDD)とCucumberを使用した自身の経験と、10年目を迎えた同ツールの今後について説明してくれた。

  • 進化的アーキテクチャと継続的デリバリを支える技術的実践

    TDDやリファクタリング、CI、ペアプログラミングなどのXPの実践は創発的設計をサポートし、アーキテクチャの進化を可能にする。継続的デリバリに必要なのは第一にCIで、メインラインに毎日コミットすることだ。きれいでしっかり考えられた、そして、よくテストされたコードを書けることは開発者にとってもっとも重要なスキルだ。

  • Bob Martin氏のブログ記事: テストの反変性

    アジャイル宣言の共著者であるBob Martin氏は、共変性のある構造を持つコードとテストを記述してしまうという落とし穴の概要を説明したブログを公開した。本質的には、テストの構造は反変性を持つ方法で設計されるべきであり、壊れにくく、コードベースをリファクタリングしやすいように製品コードとは疎結合にすべきであると彼は強調した。

  • QCon New York 2日目 – Developer Experienceトラックのまとめ

    QCon New Yorkの2日目、Developer Experienceトラックが行われた。開発プロセスをシンプルにする方法、摩擦を取り除くためのアイデア、コードからプロダクションまでの時間を短縮する方法、開発プラクティスにおいてより効果的になる方法について検討された。

  • TDDはアーキテクチャに悪影響を与えるか?

    Uncle Bobとしても知られ、Agile Manifestoの共著者でもあるBob Martin氏は、TDDがアーキテクチャに悪影響を及ぼすかどうかについての評価を最近公開した。この議論の大半を、テスト駆動アプローチに従うことで、高レベルの設計と実装コードの一般的な保守性の両方に否定的なインパクトがあるかどうかに割いている。

  • よいユニットテストを書くには

    テストを小さくする。適切なツールを使う。プログラマとテストがペアになる。これらは、よいユニットテストを書くための提案だ。 ユニットテストは、プログラミングとテストが混ざり合ったものだ。プログラマは、テスタと共に作業することで、お互いに学び合い、視野を広げることができる。

  • Better Software East / DevOps East / Agile Dev East 2016でのチュートリアル紹介

    11月14日から18日までの間、Better Software East、DevOps East、Agile Dev Eastの3つの会議がフロリダ州オーランドの同じ会場で同時に開催された。このカンファレンスは2日間のチュートリアル、2日間の講演、そして数人の国際スピーカーによる基調講演が行われる最終日のAgile Summitという日程で構成されている。 InfoQは、その内容を報告するために会議に出席した。

  • 振る舞い駆動開発のアンチパターン

    振る舞い駆動開発(BDD)はビジネス関係者とソフトウェア開発者の間のコミュニケーション改善に有効だが,自動化テストの実行にCucumberを使う場合には,Aslak Hellesøy,Matt Wynne,Steve Tooke各氏が先日の議論で説明したようないつかのアンチパターンが存在する。

  • 振る舞い駆動開発の体験

    振る舞い駆動開発(Behaviour-Driven Development, BDD)とは,ソフトウェア開発が現代ビジネスの基本であるという認識の下で,ビジネス上のステークホルダとソフトウェア開発者のコミュニケーションの方法を改善するものだ — 先頃公開したブログ記事“experiences working with BDD”の中で,Kevin Smith氏はこのような主張を展開した。

  • TDD/BDD導入に関する調査結果

    テスティングサービス会社のQASymphonyが「State of Test-First Methodologies 2016 Report」をリリースした。15ヶ国から200を超える個人/組織を対象に調査したもので、テストファースト技術(BDD/ATDD/TDD)の導入状況と、それについてどう思っているかを評価するのが目的だ。

  • LEGOを使用した技術教育

    クラフトマンシップの技術を説明するのは難しい。相手が上級管理職や役員ならば,なおさらだ。しかしながら,理解することが発想転換の鍵であり,技術的なプラクティスは優れたソフトウェア開発を行なうためのものであるのだから,それらを説明することは非常に重要だ。Mike Bowler氏は第7回のAgile Games Conferenceで,LEGOを使った技術的プラクティスのワークショップを開催した。

  • アジャイルでのビジネス分析の役割

    アジャイルでのビジネス分析の役割についてErin McManus氏とRyan McKergow氏へインタビューし、ビジネス分析の必要性、ビジネスアナリストの役割がアジャイルによってどのように影響を受けるか、どのような変化が生まれるか、そしてアジャイルチーム向けの具体的なビジネス分析の実践について話を聞いた。

  • TDDを諦める

    この記事は,TDDに見切りをつけたある大学教授の経験と,Uncle Bobの反論を要約したものだ。

  • リビルドか,リファクタか

    ソフトウェアはリビルド(再構築)すべきか,リファクタリングすべきか?Wouter Lagerweji氏とのインタビューから,リファクタリングを困難にしているものは何か,ソフトウェアのリビルドがリファクタリングよりリスクが少ないのか,継続的デリバリがソフトウェアのリビルドに対してどのように好都合なのかを考える。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。