BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Team Collaboration に関するすべてのコンテンツ

  • 企業文化と心理的安心感が創造性を育む

    企業が将来にわたってその関係性と競争力を維持して存続するためには、創造に適した環境と文化を作り上げることが求められる。燃え尽き症候群(バーンアウト)への依存や生産性への固執は、創造性を阻害する可能性がある。必要なのは心理面での安心感、インクルージョン、実験、成長の思想、思考時間の許容なのだ。

  • ”セーフ・トゥ・フェイル”アプローチによってチームに心理的安全性を確立する

    企業は、従業員の中に"心理的安全性(psychological safety)"の文化 — 失敗が非難の対象ではなく、誰にも起こり得るものとして受け入れられる文化を確立することができる。"セーフ・トゥ・フェイル(safe-to-fail)"を企業文化の一部にするべきである。成功に対するイメージの転換は、失敗の所在をより深く理解することを可能にし、恐れを克服する勇気を我々に与えてくれる。

  • サービス、プラットフォーム、コミュニティによって企業をエンジニアリングする

    企業は自らの顧客やビジネスに対して、継続的に価値を提供できなくてはならない、それが企業の存在理由なのだ、とRandy Shoup氏はQCon Plus May 2021で述べた。そのためには、自分たちが使用可能な"リソース" — 人材、チーム、テクノロジ — を、効率的かつ効果的に活用できることが必要だ。

  • チームのコミュニケーションと心理的安全性を向上するには

    チームの特徴的なコミュニケーションスタイルをマッピングすることによって、コミュニケーションの改善や心理的安全性の向上、チーム内の軋轢の軽減が可能になり、意見の対立はより生産的なものになる。我々がどのようにコミュニケーションを取っているのか、どのように取りたいと思っているのかを理解すれば、自分自身だけでなく、他の人たちのことをもっとよく理解できるようになる。それによって、お互いの強みを発揮することが可能になるのだ。

  • 害の生む文化を増加させる在宅勤務のリスク

    2021年5月に米国の133社を対象に実施された調査では、回答者の29%がリモートでの作業に苦しんでおり、11%が企業文化が害を及ぼすようになったために退職した、あるいは退職を計画していると述べている。害を及ぼす文化によって、従業員は意欲を失い、心が離れ、組織の成果に重大な悪影響を及ぼす。

  • 根本的な不確実性が人々に与える影響

    人間は確実性を求める。それは安心感を与えるためである。パンデミックが人々を混乱させたため、突然完全にチームが分散してしまった。Kara Langford氏によると、根本的な不確実性により、人々は危険にさらされていると思い込み、健康問題につながる可能性がある。人々は異なる反応をする。不確実性は、新鮮なアイデア、革新、社会的利益につながることも示されている。

  • アフリカでのアジャイルトランスフォーメーションにおける心理的安全性の重要性

    アフリカでは、労働社会における心理的安全性(Psychological safety)の欠如が、企業のアジャイル移行において障害になっている。心理的安全性は弱さゆえの行為ではなく、成功要因なのだ。心理的安全性を理解しない、あるいは促進しようとしない企業は、VUCAの時代を生き残ることを難しく感じるようになるかも知れない。

  • Zoom疲労を克服するためのアドバイス

    スタンフォード大学とMicrosoftによる最近の研究は、Zoom疲労の現実を指摘している。これは、連続した仮想会議によって引き起こされる生理学的および心理的疲労感である。両方の研究は、疲労感の理由を調査し、影響を減らすためのアドバイスを提示している。

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • プレッシャーの下での心理的安全性の維持

    リーダーがプレッシャーにさらされているとき、ダークサイドの行動に陥る可能性がある。それによって、組織文化と心理的安全に深く永続的な害を引き起こす可能性がある。リーダーは、プレッシャーがかかった状況に対する反応と対応を慎重に管理することに非常に意識する必要がある。強いキャラクターが頻繁に出てしまい害になってしまう可能性を回避するためである。

  • QCon Plus: テクニカルフォークの非テクニカルスキルトラックの概要

    Qcon Plusは2020年11月に開催された。トラックの1つは、テクニカルフォーク向けの非テクニカルスキルに焦点を当てていた。eBayのRandy Shoup氏が主催するこのトラックは、チーム内外の効果的なコミュニケーションとコラボレーションに必要な重要な人材スキルの一部に焦点を当てていた。

  • チームの相互作用がKubernetesの採用にどのように役立つか、QCon LondonでのManuel Pais氏の講演

    Manuel Pais氏は、QCon Londonで、Kubernetesの採用を成功させるために、認知的負荷を軽減するためにチームの相互作用がいかに重要であるかについて話した。Pais氏は、Kubernetesの上にデジタルプラットフォームを配置することを推奨している。また、組織は、チームの認知的負荷を評価し、デジタルプラットフォームを定義し、明確なチームの相互作用を設定することから始めることができる。

  • Chaos Conf Q&A - Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に聞く

    Chaos Conf 2020を前に、InfoQでは、カオスエンジニアリングコミュニティが関心を持つ話題を探るべく、Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に話を聞くことにした。おもな話題は以下のとおりだ — 心理的安全���を獲得する上で、"game days"の実施には明確なメリットがある。カオスエンジニアリングの将来は、セキュリティの導入と、より大規模な障害モードを想定した試験のスケールアップに向かっている。

  • 個人と組織の勇気を高めるには

    勇気は、可能な最高レベルの創造性、適応性、生産性のためのコンディションを作り出すものであり、今日の複雑化した社会を生き抜くためには必要不可欠なものだ。我々には、自分の役割が何であろうと、勇気を持ってリードする力がある。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

BT