BT

InfoQ ホームページ Team Collaboration に関するすべてのコンテンツ

  • Tuckmanは間違っている!Doc Norton氏のリチーミングモデル

    Agile India 2019で、Doc Norton氏は、Tuckmanチームフォーメーションモデルが機能しない理由について講演し、現在のアジャイルチームにより適合する、新たなリチーミング(reteaming)モデルについて説明した。リチーミングモデルは組織の改革と学習を促進する、と説明するNorton氏は、チームのパフォーマンス向上につながる4つの基準として、自主性(Autonomy)、つながり(Connection)、卓越性(Excellence),多様性(Diversity)の4つを挙げた。

  • 失敗を恐れないチームを育むには - QCon London Q&A

    失敗を責めないこと(blameless failure)は,失敗を認め,共有し,調べ,修正し,予防する文化の構築から始まる – DevOpsおよびクラウドコンサルタントのEmma Button氏は,QCon London 2019でこのように述べた。CI/CDプラクティスによってシステムの健全性と状態を視覚化すれば,信頼性とオーナシップが向上するだけでなく,問題が発生した時の支援も受けやすくなる。

  • 効果的なモブプログラミングパターン

    Lisi Hocke氏はブラチスバラで開催されたTesting Unitedカンファレンスで講演し,モブプログラミングの採用が協力的な開発環境の構築に有用であった自身の経験を語っり、強いペアリングスタイルの効果的利用について説明した。Maaret Pyhäjärvi氏とJeff Langr氏も先日,モブプログラミングの効果を最大化するための独自のパターンに関する記事を書いている。

  • Ocado Technologyにおけるレトロスペクティブ3.0

    Toni Tassani氏が,陳腐化した退屈な活動やリスクの増大といった,レトロスペクティブの落とし穴について解説する - 問題をその場で解決しなかったことの釈明の場所としてのレトロスペクティブ,障害は識別しても解決行動に至らないレトロスペクティブ,ポストイット劇場と化すレトロスペクティブ。氏はレトロスペクティブの見方を根本的に変え,カンバンから取り入れた継続的改善のテクニックを活用することを提案する。

  • テクニカルリーディングに関する一考察

    役割のバランスを見つけるために、雇用者は流動的な人事構造を採用する必要がある。技術職と管理職の道は隣り合わせでなくてはならない。心理的安全なしに、本当の効果的な成長を遂げることはできない。問題とシナリオについて話せる良きメンターは非常に貴重だ。これらは、Redgate Softwareでテクニカルリードを務めるJulia Hayward氏が示した、テクニカルリーディングに関する一考察の一部だ。

  • Jeff Smith氏に聞く - DevOps転向に関するDevOpsDays NZ基調講演

    InfoQはjeff Smith氏に、来たるDevOpsDays NZの基調講演で取り上げる予定である、CentroのDevOps文化への転換について話を聞いた。氏はさらに、先日のDevOpsDays Indianapolisで取り上げた、協力者が異なるレンズで世界を見ているために生ずる不整合についても説明してくれた。

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • 反省会での心理的安全性

    インシデントが発生すると感情が前面で出てくる。学習プロセスの中で非難なしの心理的に安全な反省会は重要だ。反省会は穏やかに行い、なるべく部外者が参加し、非難なしで皆に話す機会を与えるべきだ。本当に何が起きたのかを明確に理解するまでは、インシデントの分析を開始してはならない。

  • Spark the Change Paris 2018: 才能を解き放つ

    好奇心を最優先にする、いつどのように仕事が生じるべきかを問う、テクノロジによる断片化を肯定してタスクベースの社会を実現する、採用において真の人間関係の可能性を最大化する、質問によって変化を促す、労働力として難民を取り込む方法を模索する – これらはいずれも、人々の才能を解き放つための提案と結論の一部である。

  • ハイパフォーマンスチームのためのゲームを開発する

    ゲームストーミング(Gamestorming)モデルは、ゲーム作成のプロセスを述べたものだ。組織環境の中で魅力的な学習体験を創造するために、ゲームスペースやバウンダリ、ルール、アーティファクト、目標などの概念を提供する。作成されたゲームは、チームが実験し、成果に集中し、破壊的なパターンを試すために使用することができる。

  • 幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

    ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

  • ハイパフォーマンスチームの文化、心理的安心感、感情的知性

    人間性(Humanity)は、私たちの多くが従事する創造的な知的活動の中核である。ハイパフォーマンスなチームの基盤となるのは、自由と自律性を持ち、安心を感じている人々だ。自己認識と関連性をサポートし、安全の上にチームの感情的知性を築くためには、ゲームを有効に利用することができる。

  • 継続的デリバリの基礎としてのトランクベース開発

    pivotalで継続的デリバリに関する書籍を著したDave Farley氏は先頃、トランクベース開発のプラクティスに対する異論について記事を書き、CIと優秀なチームで果している役割を証拠としてそれらの意見に反論した。共著者のJez Humble氏もTwitterのスレッドでこのプラクティスの文化的側面についてコメントし、プログラマ気質との関係について説明している。

  • モブプログラミングの観点

    ”Mob Programming Guidebook”の著者であるMaaret Pyhäjärvi氏は、自身のモブテスト体験と、氏のチームがクロスファンクションの重要性を理解するに至る上で、それがいかに役立ったかを記事にした。Woody Zuill氏も先日のAgile Uprisingポッドキャストで、ソフトウェアをリリース可能な小ステップで提供する上で、モブプログラミングが効果的なコラボレーションモデルを提供する点について解説した。

  • 素晴らしいエンジニアリング文化についてリーダーが語る

    QConLondonのBuilding Great Engineering Culturesと題したトラックで、登壇者が聴衆から質問を受け、パネルディスカッションをした。 Google、Sky Betting、Gaming、ITV、Deliveroo、GlobalSignのリーダーたちが、自分たちがどのようにしてエンジニアリングについての素晴らしい文化を支援し構築してきたかを共有した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。