BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Team Collaboration に関するすべてのコンテンツ

  • アフリカでのアジャイルトランスフォーメーションにおける心理的安全性の重要性

    アフリカでは、労働社会における心理的安全性(Psychological safety)の欠如が、企業のアジャイル移行において障害になっている。心理的安全性は弱さゆえの行為ではなく、成功要因なのだ。心理的安全性を理解しない、あるいは促進しようとしない企業は、VUCAの時代を生き残ることを難しく感じるようになるかも知れない。

  • Zoom疲労を克服するためのアドバイス

    スタンフォード大学とMicrosoftによる最近の研究は、Zoom疲労の現実を指摘している。これは、連続した仮想会議によって引き起こされる生理学的および心理的疲労感である。両方の研究は、疲労感の理由を調査し、影響を減らすためのアドバイスを提示している。

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • プレッシャーの下での心理的安全性の維持

    リーダーがプレッシャーにさらされているとき、ダークサイドの行動に陥る可能性がある。それによって、組織文化と心理的安全に深く永続的な害を引き起こす可能性がある。リーダーは、プレッシャーがかかった状況に対する反応と対応を慎重に管理することに非常に意識する必要がある。強いキャラクターが頻繁に出てしまい害になってしまう可能性を回避するためである。

  • QCon Plus: テクニカルフォークの非テクニカルスキルトラックの概要

    Qcon Plusは2020年11月に開催された。トラックの1つは、テクニカルフォーク向けの非テクニカルスキルに焦点を当てていた。eBayのRandy Shoup氏が主催するこのトラックは、チーム内外の効果的なコミュニケーションとコラボレーションに必要な重要な人材スキルの一部に焦点を当てていた。

  • チームの相互作用がKubernetesの採用にどのように役立つか、QCon LondonでのManuel Pais氏の講演

    Manuel Pais氏は、QCon Londonで、Kubernetesの採用を成功させるために、認知的負荷を軽減するためにチームの相互作用がいかに重要であるかについて話した。Pais氏は、Kubernetesの上にデジタルプラットフォームを配置することを推奨している。また、組織は、チームの認知的負荷を評価し、デジタルプラットフォームを定義し、明確なチームの相互作用を設定することから始めることができる。

  • Chaos Conf Q&A - Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に聞く

    Chaos Conf 2020を前に、InfoQでは、カオスエンジニアリングコミュニティが関心を持つ話題を探るべく、Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に話を聞くことにした。おもな話題は以下のとおりだ — 心理的安全性を獲得する上で、"game days"の実施には明確なメリットがある。カオスエンジニアリングの将来は、セキュリティの導入と、より大規模な障害モードを想定した試験のスケールアップに向かっている。

  • 個人と組織の勇気を高めるには

    勇気は、可能な最高レベルの創造性、適応性、生産性のためのコンディションを作り出すものであり、今日の複雑化した社会を生き抜くためには必要不可欠なものだ。我々には、自分の役割が何であろうと、勇気を持ってリードする力がある。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • ハイパフォーマンスチームにおける信頼と安全 - QCon London Q&Aより

    チームに所属したい、安心して学び、貢献し、現状に挑戦したい、と人々は願う。そのために我々が最初にすることは、チームメンバそれぞれとのパートナシップがあるという認識を持つことだ。すべての関係性がそうであるように、つながりを��め、効果的な共同作業を行うためには、相応の注意と配慮が必要となる。

  • リモートワーク時代のインシデント管理

    テクノロジエンスージアストで、OpsRampのグループプロダクトマネージャを務めるMichael Fisher氏は先日、IT運用担当者とDevOpsチームによる、インシデント管理プロセスに対する問題優先型(problem-first)アプローチについて、ブログ記事を公開した。同じ方向で、Laura Maguire博士とNora Jones氏も、COVID-19への世界的な対処として、同様の課題について書いている。

  • リモートワークの普及とビジネス継続性の実現

    Buffer.com and AngelListは先頃、2020 State of Remote Workの調査結果を公開した。この調査は、中国で唐突に発生したリモートワークブームを調査したWall Street Journalのレポートと同時期に行われたものだ。COVID-19ウィルスを原因とする移動制限への対応としてのリモートワークは、Alibabaなどの企業にとってビジネス継続性を実現する手段となっている。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

  • Googleのソフトウェアエンジニアリング文化

    Googleのエンジニアリングプラクティスのいくつかは、今日に至るまで企業全体に広く適用されており、今もなおその成功に貢献している。2017年、同社のソフトウェアエンジニアが、ソフトウェア開発に限定しない、これらプラクティスのいくつかを公開した。今日のGoogleは、創造性、自律性、イノベーションのチーム文化を育んでいる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。