BT

InfoQ ホームページ Team Collaboration に関するすべてのコンテンツ

  • チームの相互作用がKubernetesの採用にどのように役立つか、QCon LondonでのManuel Pais氏の講演

    Manuel Pais氏は、QCon Londonで、Kubernetesの採用を成功させるために、認知的負荷を軽減するためにチームの相互作用がいかに重要であるかについて話した。Pais氏は、Kubernetesの上にデジタルプラットフォームを配置することを推奨している。また、組織は、チームの認知的負荷を評価し、デジタルプラットフォームを定義し、明確なチームの相互作用を設定することから始めることができる。

  • Chaos Conf Q&A - Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に聞く

    Chaos Conf 2020を前に、InfoQでは、カオスエンジニアリングコミュニティが関心を持つ話題を探るべく、Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に話を聞くことにした。おもな話題は以下のとおりだ — 心理的安全性を獲得する上で、"game days"の実施には明確なメリットがある。カオスエンジニアリングの将来は、セキュリティの導入と、より大規模な障害モードを想定した試験のスケールアップに向かっている。

  • 個人と組織の勇気を高めるには

    勇気は、可能な最高レベルの創造性、適応性、生産性のためのコンディションを作り出すものであり、今日の複雑化した社会を生き抜くためには必要不可欠なものだ。我々には、自分の役割が何であろうと、勇気を持ってリードする力がある。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • ハイパフォーマンスチームにおける信頼と安全 - QCon London Q&Aより

    チームに所属したい、安心して学び、貢献し、現状に挑戦したい、と人々は願う。そのために我々が最初にすることは、チームメンバそれぞれとのパートナシップがあるという認識を持つことだ。すべての関係性がそうであるように、つながりを強め、効果的な共同作業を行うためには、相応の注意と配慮が必要となる。

  • リモートワーク時代のインシデント管理

    テクノロジエンスージアストで、OpsRampのグループプロダクトマネージャを務めるMichael Fisher氏は先日、IT運用担当者とDevOpsチームによる、インシデント管理プロセスに対する問題優先型(problem-first)アプローチについて、ブログ記事を公開した。同じ方向で、Laura Maguire博士とNora Jones氏も、COVID-19への世界的な対処として、同様の課題について書いている。

  • リモートワークの普及とビジネス継続性の実現

    Buffer.com and AngelListは先頃、2020 State of Remote Workの調査結果を公開した。この調査は、中国で唐突に発生したリモートワークブームを調査したWall Street Journalのレポートと同時期に行われたものだ。COVID-19ウィルスを原因とする移動制限への対応としてのリモートワークは、Alibabaなどの企業にとってビジネス継続性を実現する手段となっている。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

  • Googleのソフトウェアエンジニアリング文化

    Googleのエンジニアリングプラクティスのいくつかは、今日に至るまで企業全体に広く適用されており、今もなおその成功に貢献している。2017年、同社のソフトウェアエンジニアが、ソフトウェア開発に限定しない、これらプラクティスのいくつか��公開した。今日のGoogleは、創造性、自律性、イノベーションのチーム文化を育んでいる。

  • DOES London - チームトポロジと認知負荷

    今年ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitでは、組織設計のための実用的と適応性を備えたモデルの提供を目的として、近く出版予定の"Team Topologies"の著者であるMatthew Skelton氏とManuel Pais氏が登壇して、自身の考えを公開した。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • Tuckmanは間違っている!Doc Norton氏のリチーミングモデル

    Agile India 2019で、Doc Norton氏は、Tuckmanチームフォーメーションモデルが機能しない理由について講演し、現在のアジャイルチームにより適合する、新たなリチーミング(reteaming)モデルについて説明した。リチーミングモデルは組織の改革と学習を促進する、と説明するNorton氏は、チームのパフォーマンス向上につながる4つの基準として、自主性(Autonomy)、つながり(Connection)、卓越性(Excellence),多様性(Diversity)の4つを挙げた。

  • 失敗を恐れないチームを育むには - QCon London Q&A

    失敗を責めないこと(blameless failure)は,失敗を認め,共有し,調べ,修正し,予防する文化の構築から始まる – DevOpsおよびクラウドコンサルタントのEmma Button氏は,QCon London 2019でこのように述べた。CI/CDプラクティスによってシステムの健全性と状態を視覚化すれば,信頼性とオーナシップが向上するだけでなく,問題が発生した時の支援も受けやすくなる。

  • 効果的なモブプログラミングパターン

    Lisi Hocke氏はブラチスバラで開催されたTesting Unitedカンファレンスで講演し,モブプログラミングの採用が協力的な開発環境の構築に有用であった自身の経験を語っり、強いペアリングスタイルの効果的利用について説明した。Maaret Pyhäjärvi氏とJeff Langr氏も先日,モブプログラミングの効果を最大化するための独自のパターンに関する記事を書いている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。