BT

InfoQ ホームページ Toyota Production System に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Toyotaの方針管理を適用する

    ToyotaはリーンITの更なる活用を目指し、その方向付けのために方針管理を利用している。あらゆるレベルの従業員が方針項目について意見交換を行うことが可能であり、上層部の承認を得る可能性もある。このアプローチによって従業員から多くの積極的な参加を得て、より強力な成果へと繋げることができる。

  • Toyota がウォーターフォールを使っている?

    リーン(Lean)ソフトウェア開発はリーン生産方式にその着想を得ている。中でも Toyota がこの分野で,先駆者として行った活動の影響が大きい。その Toyota のソフトウェア開発部門が旧来型のウォーターフォールを使用していて,リーンソフトウェア開発では初期段階にある,と聞けば誰しも驚くだろう。

  • ソフトウェア開発に適用されるリーンの「標準化」

    トヨタ生産方式の構成要素の一つに、標準化という考え方がある。Kanban Developmentのリストに寄せられた最近の投稿に、トヨタ生産方式とリーン生産方式がソフトウェア プロジェクトに適用された場合、この考え方は引き継がれるのかといった質問があった。これに対し回答者たちは、ソフトウェア開発は実際には製造業でないにもかかわらず、開発に「標準化」という考え方を適用することに価値を見出した。

  • Presentation:トヨタの新車開発 -Agile2008より-

    Agile 2008で行われたこのプレゼンテーションで、平鍋健児氏がトヨタの新車開発プロセスについて語った。平鍋氏が、トヨタの元チーフエンジニア、片山信昭氏と出会った経験から得た知識と、彼から学んだ教訓を披露する。

  • サーバントリーダーシップを問う

    Agile管理者の役割は、サーバントリーダーの役割だけなのか?従来の命令や制御ツールを使うべきなのか?Agile管理者は、権力を行使してチームの要求をするべきなのか?メンバー内に変化を起こすべきなのか?

  • Fowler氏:Agile対Leanの的外れ

    最近のブログ投稿で、Martin Fowler氏は「AgileではなくLeanソフトウェア開発を使用すべきか?」という質問が誤った前提に基づいていることを説明している。Agile とleanは、非常に深く織り込んでいるので、agileをおこなっているときは、leanをおこなっているし、その逆も同様のことが言える。こうした検討されているプロセスの変更は、興味を起こさせ、啓発的な相関の解説を見出す。

  • カムリ・ハイブリッドのチーフ・エンジニアの死亡に対して、過重労働であるとの判決が出た。

    先月、日本の裁判所で、カムリ・ハイブリッド・プロジェクトのチーフ・エンジニアの死亡は『過労死』(働き過ぎが原因の死)であるとの裁定がおりた。そのチーフ・エンジニアは、最後の数ヵ月は、1ヵ月につき80時間以上も時間外労働をしていた。彼は、デトロイトの自動車ショーへ飛んで行く前日に、心臓発作で亡くなった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。