BT

InfoQ ホームページ User Stories に関するすべてのコンテンツ

  • 学び、心理的安全、継続的デリバリの重要性:Agile on the Beach 2017

    アジャイルとポストアジャイルソフトウェア開発手法における最新の開発について議論を交わすため、英国Cornwellで開催されたAgile on the Beach 2017 カンファレンスに、何百という講演者、参加者がに集まった。

  • ドメイン駆動設計とユーザストーリーマッピングを組み合わせる

    DDDを導入する上でユーザーストーリーマッピングはシンプルだが価値あるパターンだ。開発者とドメインの専門家がドメインの知識を共有するのに役に立つ。Eriksen Costa氏はブログでユーザストーリーマッピングとドメイン駆動設計(DDD)を組み合わせることのメリットについて説明している。

  • インタラクティブなプロトタイプを用いた要求事項の定義と管理

    近年の開発における要件定義と要件管理,アジャイルチームでの要件の扱いと開発業務で直面する問題点,顧客要求の伝達という面でのインタラクティブな図やプロトタイプの利用,インタラクティブなプロトタイピングのリーンスタートアップへの応用,要件定義および要件管理の将来に関するインタビュー。

  • スプリット分割が見積に与える影響

    プロダクトバックログのリファインメントは,プロダクトバックログを分割し,多くの場合は再見積を行う���ラクティスである。この記事では,ユーザストーリの分割と再見積を取り上げる。

  • "Readyの定義”を使う

    ユーザストーリの完成と製品の提供準備完了をチェックする手段として,多くのチームが"Doneの定義(Definition of Done)"を使用している。しかし,プロダクトオーナから受け取るユーザストーリについてはどうだろう?ユーザストーリの品質をチェックするために,チームが利用できる手段が"Readyの定義(Definition of Ready)"だ。

  • リリースプランニングのためのアジャイルな見積もり

    優先度付けや製品のリリース計画のためにアジャイルチームやプロダクトオーナーは見積もりを行う。見積もり、さまざまなレベルでさまざなな方法で行われる。

  • Gojko Adzic氏のユーザストーリー改善についての新著

    優れたユーザストーリーはソフトウエアの提供を改善するだろうか。Gojko Adzic氏はチームのユーザストーリーの管理の仕方を小さく変化させることで最終的な成果に大きく影響を与えることができると言う。1月中に関心がある人が5000人集まったら執筆するという。

  • アジャイル手法は個人の作業にも適用可能か

    アジャイルへの移行は,チーム全体,プロジェクト,あるいは組織単位で行うのが普通である。アジャイルはチームを主体とするアプローチだからだ。ところが,個人でアジャイルプラクティスの利用を始めたり,ワン・パーソン・チームとしてアジャイルを実践しているプロフェッショナルが存在するのだ。どうすれば個人でアジャイルを採用できるのだろう,そして,どのようなメリットがあるのだろう?

  • プロダクトバックログのためのプロセスマップとストーリマップ

    もし多数のユーザストーリを抱えた大規模なバックログがあるのならば,ストーリマップやプロセスマップによってプロダクトバックログを体系化する方法が,概要の把握と全体像の理解に役立つだろう。

  • 技術的負債のユーザストーリーを作るべきか

    アジャイルチームは、技術的負債を扱う仕事のように、純粋に技術的な仕事の計画に難儀する場合がある。このようなタスクは直接的にはシステムを利用する顧客のためにはならないが、問題なく動作するソフトウエアを提供するには避けて通れない仕事だ。このような技術的な仕事や技術的負債を扱う場合にもユーザストーリーを作るべきだろうか。

  • アジャイルチームが正しい方向にスタートするのを助ける「Scrum Kickoff Planner」

    「Scrum Kickoff Planner」がAdam Weisbart氏によってリリースされた。このガイドの目的は、新しいアジャイチームやプロジェクトを始めるときに、重要なポイントに関するチームのディスカッションをうまくファシリテートすることだ。

  • ユーザーストーリーの見積もりをやめるときなのか?

    最新のアジャイルチームは、時間ベースの見積もりから、ストーリーポイントを使った相対的な見積もりに推移してきているが、我々はこれからも見積もりが必要なのだろうか?

  • アジャイルテストの描写

    アジャイルコミュニティの何人かのメンバが、ユーザストーリーテストやテーマ全体に関するテストをどう表現するか、いくつかの方式を提案している。

  • ユーザーストーリーを分割する方法

    アジャイル技法が十分に機能するようにユーザーストーリーを細分化することは、ほとんどの新しいアジャイルチームにとって困難である。アジャイルコミュニティのメンバーが、いくつかの記事を通してユーザーストーリーを効果的に分割する方法についてのガイダンスを提供している。

  • スクラムにユースケースは使えるか?

    スクラムでは一般的に,要件はユーザストーリーで表される。ではユースケースの使用も認められるだろうか? 認められるとすれば,どのような状況で用いるべきだろうか?

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。