BT

InfoQ ホームページ 仮想化 に関するすべてのコンテンツ

  • セキュリティとARMサポート改良に重点を置いたXen Hypervisor 4.10

    Xenプロジェクトはハイパーバイザのバージョン4.10をリリースした。x86用アーキテクチャが改良され、ARMプロセッサハードウェアのアップデートがサポートされた他、スケジューラとユーザーインターフェイスが変更されている。

  • Ericssonにおけるテレコムソフトウェアの継続的デリバリー

    近年、テレコム業界は、DevOpsの原則とツールの導入により、サービスデリバリープロセスを変えている。ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summit 2017におけるEricssonの講演、ならびに、彼らの継続的デリバリーに関するペーパーは、彼らが直面した課題とその克服方法について説明している。

  • Azure Service Fabric が一般提供(GA)に到達

    最近サンフランシスコで開催された Microsoft の Build カンファレンスにて、同社は Azure Service Fabric の一般提供(GA)を発表した。

  • コンテナベースのステートフルアプリケーションの興隆が調査結果から明らかに

    IT意思決定者の75%がデータベースなどのステートフルなアプリケーションのコンテナ内での運用に関心を持っていることが,調査結果から明らかになった。

  • VMwareがDockerCon EUでインフラストラクチャコントロールプレーンの’Photon Controller’をオープンソースに

    DockerCon EU 2015でVMwareは,Photon Contorollerをオープンソースとして,同社のGitHubアカウントを通じて公開した。Photon Controllerは,‘コンテナアンドクラウド’ワークロードに最適化されたインフラストラクチャスタックとして設計された,VMwareのPhotonプラットフォームのコンポーネントだ。プラットフォームでは,‘APIファースト’のユーザエクスペリエンス,スケーラブルなコントロールプレーン,コンテナのネイティブサポートを提供する。

  • Googleが'プリエンプティブル'VMのベータ版を固定価格で提供

    GoogleがGoogle Compute Engine ’プリエンプティブル(preemptible)’仮想マシンのベータ版をリリースした。実行時間が最大24時間に制限されていること,随時シャットダウンされること以外は通常のインスタンスと同等だが,通常のインスタンスよりも最大で70%割引された固定価格で提供される。

  • アーリーアダプションの危険と期待

    第1回のO’Reilly Software ArchitectureカンファレンスでBryan Cantrill氏は,OS仮想化コンテナのアーリーアダプション(early adoption)に関わるビジネスの構築から,自身が学んだ教訓について講演を行った。アドバイスの中心となったのは,一度に多くの方向に改革しないこと,技術的な差別化要因を特定すること,利用/適用の容易性に注目すること,そして諦めないこと – 技術革命には時間が必要なのだ。

  • NoSQLのスケーリングについてAlex Bordei氏が語る

    ネットワーク性能、仮想化、テストがNoSQLデータベースの性能やスケーラビリティの問題に対処する上での考慮点だ。Alex Bordei氏はNoSQLデータベースのスケーリングについて、性能の増強について書いている。氏はNoSQLデータベースの性能最適化のベストプラティクスについてのウェブキャストを共催している。

  • Xenのバグの影響でAmazonとRackspaceがサービスを再起動

    Amazon Web ServicesとRackspaceはXenのハイパーバイザにパッチを当てるため、サーバを再起動すると通知した。AWSがクラウドで計画的に再起動を行うのはこれが2回目だ。また、同社は弾性のあるアプリケーションを開発するためのガイダンスを公表している。

  • Docker 1.1.0リリース

    1.0リリースから1ヶ月のうちに、Docker 1.1.0がリリースされた。これには、.dockerignore、コミット中のコンテナの一時停止、ログのtailや多数の改善が含まれている。

  • Docker + Apache Brooklyn = Clocker

    Clockerはクラウドを意識しない方法で,過剰なコンテナを生成せずにDockerコンテナを立ち上げるためのオープンソースプロジェクトだ。マルチクラウドアプリケーションの管理ソフトウェアであるApache Brooklynをベースとする。

  • John Willis氏のDevOps"一般教書演説"より

    DevOpsコミュニティの指導者のひとりであるJohn Willis氏が,DevOpsDays Amsterdamで"DevOps一般教書演説"を行った。最初に"2014 State of DevOps Report"の調査結果について述べ,"Software Defined Everything"について論じた後に氏は,DevOpsの未来は"Consumable Composable Infrastructure (消費財で構成可能なインフラストラクチャ)"にある,と断言した。

  • エンタープライズシステムの新たなスタイル - SDA(Software-Defined Architecture)

    GartnerのVP兼フェローであるYefim V. Natis氏によると,最近上昇中の新たなエンタープライズアーキテクチャスタイルがあるという – それがSDA(Software-Defined Archtecture)だ。

  • Docker Indexがプライベートリポジトリとウェブフックを提供

    Dockerを提供するDocker Inc.が新しいサービスを発表した。初の商用サービスであるプライベートリポジトリも含む。Docker indexはウェブフック、トリガ、Trusted Buildsのためのリンク、メールによる通知を提供する。

  • Vagrantが開発環境向けコラボレーションツールをリリース

    DevOpのツールを提供しているVagrantはバージョン1.5の重要な機能を発表した。公開イメージリポジトリと実行環境へのアクセスを共有する機能だ。Vagrant Cloudは完全な開発環境の発見と配信をシンプルにする。Vagrant Shareを使えば開発者は仮想環境へHTTPやSSHでアクセスする方法を他者に公開してコラボレーションできる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。