BT

InfoQ ホームページ 仮想化 に関するすべてのコンテンツ

  • John Willis氏のDevOps"一般教書演説"より

    DevOpsコミュニティの指導者のひとりであるJohn Willis氏が,DevOpsDays Amsterdamで"DevOps一般教書演説"を行った。最初に"2014 State of DevOps Report"の調査結果について述べ,"Software Defined Everything"について論じた後に氏は,DevOpsの未来は"Consumable Composable Infrastructure (消費財で構成可能なインフラストラクチャ)"にある,と断言した。

  • エンタープライズシステムの新たなスタイル - SDA(Software-Defined Architecture)

    GartnerのVP兼フェローであるYefim V. Natis氏によると,最近上昇中の新たなエンタープライズアーキテクチャスタイルがあるという – それがSDA(Software-Defined Archtecture)だ。

  • Docker Indexがプライベートリポジトリとウェブフックを提供

    Dockerを提供するDocker Inc.が新しいサービスを発表した。初の商用サービスであるプライベートリポジトリも含む。Docker indexはウェブフック、トリガ、Trusted Buildsのためのリンク、メールによる通知を提供する。

  • Vagrantが開発環境向けコラボレーションツールをリリース

    DevOpのツールを提供しているVagrantはバージョン1.5の重要な機能を発表した。公開イメージリポジトリと実行環境へのアクセスを共有する機能だ。Vagrant Cloudは完全な開発環境の発見と配信をシンプルにする。Vagrant Shareを使えば開発者は仮想環境へHTTPやSSHでアクセスする方法を他者に公開してコラボレーションできる。

  • Docker、Mac OS XとBTRFSをサポート

    Docker 0.8のリリースの一部として、Docker.ioチームはMac OS XへのインストールサポートとAUFSの代替としてBTRFSが使えるようになったことを発表した。

  • FutureOpsと不変インフラストラクチャ,ビルトイン障害回復

    Vagrantを開発したMitchell Hashimoto氏が先月のVelocity Conf Londonで,“FutureOps” に対する自身のビジョンをテーマに,不変(Immutable)インフラストラクチャとビルトイン障害回復(Built-in Failure Recovery)の話題を交えながら講演を行った。

  • Xen Project,Mirage 0S 1.0をリリース

    Mirage OSは "クラウドオペレーティングシステム" である。セキュリティ上の脆弱性回避と,単一目的の仮想アプライアンスの開発容易化による普及を目標とする。アプリケーションは関数型プログラム言語OCamlで開発され,Xen ハイパーバイザ上で直接動作するスタンドアロンの "ユニカーネル" にコンパイルされる。

  • Docker, Inc: dotCloud、オールインワンのコンテナ技術に賭ける

    PaaSプロバイダのdotCloudが、自らの最新オープンソーステクノロジーに合わせて社名を変更した。Docker, IncはスタンドアロンのPaaSプロダクトを提供し続けるが、社名と同じソフトウェアの成長と商業化にそのフォーカスを移すことになる。Dockerの急激な成長とプロダクトの向かう先について、CEOのBen Golub氏に話を聞いた。

  • CodeCube、サンプルコードの共有、実行サービスを提供

    CodeCubeはコラボレーションの改善を目的とした新サービスで、オープンソースのプロジェクトだ。開発者がブラウザを通してセキュアにサンプルコードを共有、実行することを可能にする。

  • Dockerとコンテナをセキュアにする

    dotCloudのシニアエンジニアであるJérôme Petazzoni氏は,Dockerのセキュリティに関する改善状況を調査して他の仮想化あるいはコンテナ系技術と比較し,その結果を最近のブログ記事 "CONTAINERS & DOCKER: HOW SECURE ARE THEY?" で発表した。そこで氏が論証しているのは,高度な設定や専門知識を要することなくDockerをセキュアにするための技術である。

  • Juniper,SDN(Software Defined Networking)のためのOpenContrailをローンチ

    Juniper Networksは,同社のSDN(Software Defined Networking)ソリューションとなるOpenContrailをローンチした。オープンソース用の寛容なソフトウェアライセンスであるApache v2を採用する。これによってオープンソースSDNに,VMwareが先月のVMworldでローンチしたNSX以外の新たな選択肢が現れたことになる。

  • VMwareがSDDCに向けたネットワークとストレージ強化の詳細を発表

    VMworld 2013のオープニング基調講演でVMwareは,SDDC(Software Defined Data Center)のための新たなネットワーク機能とストレージ機能をローンチした。同社が昨年に提供を約束していた製品だ。

  • AWSにおけるアプリ仮想化の経済学

    Amazon EC2のほとんどのユーザーは、サービスを非効率的に使っており、インフラの使用率はわずか15%である。EC2を使う最も効率的な方法は、大メモリの予約したインスタンスで多くのアプリケーションを走らせることである。James Watters氏は、Cloud Foundryの新しいアーキテクチャがどのようにLinux Control Groupsを使って、効率的な最適化を行い、コストを最大で10分の1まで削減したかを説明している。

  • Netflixのコードのデプロイ方法。

    Netflixでは、一日あたり百回の配給を行なっているが、 Chef や Puppetを使用していないし、品質保証部門もなく、リリースエンジニアもいない。これを行うのに、Netflixは、高度な社内のPaaS (Platform as a Service)を作成し、各チームがインフラの独自の部分を望む時に、必要な回数デプロイすることができるようになっている。

  • Docker: 継続的ソフトウェアデプロイの自動化

    PaaSプロバイダのdotCloudが自社プラットフォームの重要なコンポーネントであるDockerをオープンソースとして公開した。DockerはLXC(LinuX Container)テクノロジの実装で,Unixプロセスを分離実行する軽量仮想化(lightweight virtualization)ソリューションを実現した高レベル API を拡張機能として備えることにより,ソフトウェア展開の自動化に必要な,再現性を持ったセキュアな実行環境を提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。