BT

InfoQ ホームページ VMWare に関するすべてのコンテンツ

  • VMwareがDockerCon EUでインフラストラクチャコントロールプレーンの’Photon Controller’をオープンソースに

    DockerCon EU 2015でVMwareは,Photon Contorollerをオープンソースとして,同社のGitHubアカウントを通じて公開した。Photon Controllerは,‘コンテナアンドクラウド’ワークロードに最適化されたインフラストラクチャスタックとして設計された,VMwareのPhotonプラットフォームのコンポーネントだ。プラットフォームでは,‘APIファースト’のユーザエクスペリエンス,スケーラブルなコントロールプレーン,コンテナのネイティブサポートを提供する。

  • Pivotal が Big Data Suite をオープンソース化

    Pivotal社は、自身のBig Data Suiteのコア・コンポーネントをオープンソース化することを決定するとともに、ビッグデータ用のオープンソースの普及促進および標準化のための Open Data Platform を発表した。

  • VMware、vCloud Airをオーストラリアと日本に展開

    VMwareのハイブリッドクラウドサービスvCloud Airが2015年のはじめにオーストラリアで利用可能になる予定だ。日本では今年の7月にローンチされたが、この数週間のうちに一般利用可能になる予定だ。

  • Docker 1.0リリース

    Docker.ioはDockerConでDockerバージョン1.0を発表した。バージョン0.12.0をリリースしてから数日でのリリースだ。バージョン1.0は新しい機能ではなく、安定性、性能、使いやすさに注力したバージョンだ。運用環境で利用できる状態になったということはDocker.ioがDockerのサポートサービスを提供するということだ。

  • VMware vCenterを管理するAWS Management Portal

    Amazon Web Services (AWS)がVMware vCenter用のManagement Portalプラグインを発表した。パブリッククラウドであるEC2インスタンスとプライベートクラウドのVMwareインスタンスを,同一の管理コンソールから管理できる。VMwareユーザのプライベート環境をAmazonのパブリックサービスに拡張して,ハイブリッドクラウドを容易に構築可能にすることを目的としたプラグインだ。

  • パブリッククラウドTop10とプライベートクラウドTop6(RightScale調べ)

    クラウド横断サービスプロバイダRightScaleが今年2月に実施したState of Cloud 2014調査結果を発表した。この記事では重要なポイントについて紹介する。

  • PivotalがCloud FoundryベースのPivotal CFを発表

    Pivotalは本日,Pivotal CFの提供開始を発表した。Cloud Foundyをベースとしたエンタープライズプラットフォームに加えて,Apache Hadoopや分析サービスなどのPivotal Oneサービスも合わせて提供される。発表についての意見は,gopivotal.comで受け付けている。

  • VMwareがSDDCに向けたネットワークとストレージ強化の詳細を発表

    VMworld 2013のオープニング基調講演でVMwareは,SDDC(Software Defined Data Center)のための新たなネットワーク機能とストレージ機能をローンチした。同社が昨年に提供を約束していた製品だ。

  • VMwareが構成管理ツールへの影響力を強化

    VMwareはPuppet Labsへの初期投資に3000万ドルを追加した。Puppet Labsはオープンソースの構成管理ツールPuppetの開発元だ。OpscodeのChefと並び、DevOps文化を実践している企業に最も普及しているツールだ。

  • VMware がSpringSource,Cloud Foundry, GemFire などをスピンアウト

    何ヶ月もの買収の後にVMwareは,その所有するティア2テクノロジの多くを新たに設立されたPivotal Initiativeを通じて親会社のEMCに移行する計画を公式に発表した。対象となるのはSpring Framework,分散インメモリデータキャッシュのGemFrire,Cloud Foundry PaaS,Hadoop 解析ツールの Cetas などである。

  • Cloud Foundry Core:Cloud Foundryベンダ間の移植性

    Cloud Foundry Coreは共通の機能を元に、パブリックインスタンス(Cloud Foundry Endpoints)を検証するアプリケーシ���ンで、Cloud Foundryインスタンスを別のクラウドプラットフォームに移行するときに役に立つ。また、ava 7.0, JRuby, Play 2.0フレームワークをサポートするMicro Cloud Foundryの新しいバージョンも発表された。

  • Scriptedについてのインタビュー

    ScriptedはブラウザベースのJavaScriptエディタでローカルで動作し、Node.jsにホストされる。Eclipse Orionのエディタコンポーネントを利用してVMwareが開発している。完全なIDEではなく、シンプルで軽量なエディタを使いたい開発者向けに作られたエディタだ。

  • 仮想化、オープンソースクラウド、PaaSの導入数

    Zenossは仮想化、オープンソースクラウド、PaaSの導入状況を評価するため、ITオペレーション専門家らを対象に調査を実施した。この記事はその調査結果のダイジェストだ。

  • Software-Defined Datacenter が登場

    VMWare と Microsoft は Software-Defined Datacenter ソリューションの提供を開始する。これはすべてのリソース – コンピューティング,ストレージ,可用性,ネットワーク,セキュリティ – を仮想化し,操作を自動化するものだ。今回の記事では,その最新の追加機能であるネットワークとセキュリティの仮想化に注目する。

  • VMwareの vFabric Suiteが自動デプロイと PostgreSQLサポートを追加

    VMwareは今日、 VMware vFabric Suite 5.1をアナウンスした。これには自動化されたデプロイ、エンタプライズオープンソースのサポート、 PostgreSQL機能そしてSQLFire インメモリデータベースの拡張も追加された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。