BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ vue に関するすべてのコンテンツ

  • 2023年の"JavaScript Rising Stars"が発表

    Rising Starsの最新レポートでは、JavaScriptエコシステムのトレンドに焦点を当て、2023年のGitHub Starsに基づく傑出したプロジェクトを紹介している。全体的にもっとも人気のあるプロジェクトは、shadcn/uiでカスタムコンポーネントを作成するために使用できるUIコンポーネントのコレクションである。JavaScriptランタイムのBunはその勢いを維持し、2番目に人気のあるプロジェクトとなった。また、オープンソースの仮想手描き風ホワイトボードExcalidrawが人気を集めた。

  • Webフレームワーク「Astro」にハイブリッドレンダリング機能を追加し、Webサイトを高速化

    WebフレームワークAstroはAstro2.0をリリースし、これまで利用可能だった静的および動的サーバーレンダリングを、新しいハイブリッドレンダリング機能で補完した。ハイブリッドレンダリングは特定のページをあらかじめレンダリングしておくことで、より高速なパフォーマンスを実現する。

  • Vuenion 2021の今 - Vue Amsterdam 2021でのEvan You氏の講演

    Vue.jsフロントエンドフレームワークの作者のEvan You氏は、Vue Amsterdam 2021カンファレンスで最新および将来のVue開発について先頃講演した。

  • 新しくリファクタリングされたVue.jsのビルダーVite 2.0は、依然としてスピードにフォーカスしており、フレームワークに依存しないようになった

    Vue.jsフロントエンドフレームワークの作成者であるEvan You氏は、最近、Viteの新しいメジャーイテレーションをリリースした。これは、ビルド速度と短いフィードバックループにフォーカスしたビルドツールである。Vite 2.0は、フレームワークに依存しないコアを中心とした以前のバージョンの完全なリファクタリングである。Vite 2.0は、新しいプラグイン形式と改善されたプログラマティックAPIを備えている。これによって、Vite上に新しいツールを簡単に構築できるように取り組んでいる。

  • Vue3のネイティブCSS変数テンプレートとの統合検証

    Vue 3は、2年間の作業に続く大規模なリリースで、昨年9月に出荷された。 Vue開発者は、どのようにコンポーネントの状態がコンポーネントのスタイルに関連するかを単一ファイルのコンポーネントテンプレートで宣言的に記述することができるようになった。実験的な機能はCSS変数に依存するものである。これは、フレームワークに依存しない設計システムを実装するために使用されてきた、最新のブラウザのネイティブ機能である。

  • 新しいDenoモジュールによるVueアプリケーションのビルドとコンパイル

    vno Denoモジュールは、最近、初の安定バージョンをリリースした。Denoランタイム環境でVue単一ファイルコンポーネントをコンパイルおよびバンドルするための最初のビルドツールとして自らを述べている。vno v1.0は、パーサー、コンパイラー、バンドラー、アダプターを備えている。サーバ側のレンダラーが計画されている。

  • single-spa によるマイクロフロントエンド

    マイクロフロントエンドは、マイクロサービスの概念をフロントエンドに拡張する。目標は、大規模なSPAを、さまざまなテクノロジーを使用し、別々のチームで開発および管理できる小さな独立したアプリケーションに分割することだ。 single-spaは、複数のフロントエンドアプリケーションの構成を単一のプロダクトに簡素化することにより、開発者がその目標を達成するのに役立つフレームワークだ。

  • Inertia.JSでAPI不要のモノリシックReact/Vue/Sevlteアプリケーションが記述可能に

    Inertia.jsは、従来のサーバサイドルーティングとコントローラを使ったシングルページアプリケーションの記述を可能にする。Inertiaがバックエンドとフロントエンドをしっかり結んでくれるので、APIを書く必要はない。開発者は、十分に実績を積んだサーバサイドフレームワーク(Laravel、Ruby on Rails、Dango、AspNetCoreなど)を使用することができる。クライアント上では、React、Svelte、Vueなどを使ったユーザインタフェースの実装が可能だ。

  • Microsoftは、Build 2020でプレビューのApp Service Static Web Appsを導入

    今年のデジタルイベントのBuildで、Microsoftは、静的Webアプリ用に明白に調整された新しいホスティングオファーでAzure App Serviceを拡張したことを発表した。ホスティングサービスはAzure Static Web Appsと呼ばれ、現在プレビュー中だ

  • : 開発者がVue 3によるクロスプラットフォームのモバイルアプリケーションを作成できるIonic Vue

    Liam de Beasi氏は先頃、Vue 3の新機能を活用するIonic FrameworkのネイティブVueバージョンであるIonic Vueをリリースした。昨年リリースされたIonic Reactに続き、Ionic Vueは、WebコンポーネントベースのIonic 4 (コードネーム Ionic for Everyone) で設定されたビジョンの実現における一歩である。

  • NativeScript 6.3、6.4、6.5リリースによってSvelte、WebAssembly、KotlinJS、パフォーマンスが改善

    最近のNativeScript6.3、6.4、6.5リリースでは、TypeScriptまたはJavaScriptを使用してネイティブモバイルアプリを構築するためのフレームワークにさまざまな新機能が追加されている。これらのリリースのハイライトとして、CSS解析とCLIコマンドのパフォーマンスの向上、AndroidとSvelteでのWebAssemblyのサポート、3Dビュー変換、実験的なKotlinJSサポートがある。

  • より速く、より小さなVue3が間もなく登場 - State of the Vuenion 2020でのEvan You氏の講演より

    Vue.jsの作者であるEvan You氏が先頃、Vue 3リリースについて議論した。 2年以上の開発を経て、Vue 3は2020年第3四半期のリリースをターゲットとしている。Vue3は、より高速なレンダラ、新しいコンポジションAPI、新しいテンプレートコンパイラ、およびサーバサイドレンダリングサポートを提供する。 TypeScriptとよりモジュール化されたアーキテクチャにより、Vue 3はより小さく、より保守しやすく、ネイティブをターゲットにすることがより簡単になるように努めている。

  • Vue 3 Reactivity Internals - Vue.JS AmsterdamでのSarah Drasner氏の講演より

    Vue.jsのコアチームメンバーであるSarah Drasner氏が、Vue 3のReactivity Internalsの概要を説明した。Vueのリアクティブ性機能は異なるパッケージに分離されており、スタンドアロンで使用できる。

  • Node、React、HTML、MDX、Vue、Svelte、PythonファイルからWebアプリを生成するZero Serverフレームワーク

    Zero Serverフレームワークを使えば、サーバサイドレンダリングを備えて、設定のほとんど不要なWebアプリケーションの生成、構築、開発が可能になる。新バージョンではNode.js、React、HTML、MDX、Vue、Svelte、Python、静的ファイルの混在が可能になり、TypeScriptもサポートされた。

  • メインストリームの成熟度に到達したWebコンポーネント

    Webコンポーネントは何年もの間、ほぼ完成に近い状態にある標準だ。先日のApple Music Webクライアントのリリースでは、Apple Musicのエクスペリエンスを実行する45以上のWebコンポーネントがリリースされた。その他にもAmazonやPorsche、arm、Panera、MicrosoftなどがStencilを活用して、デザインシステムやクロスフレームワークのWebコンポーネントを開発している。

BT