BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Web Browser に関するすべてのコンテンツ

  • Chrome 88 Devtoolsの新機能

    Chrome 88の最近のリリースでは、Chrome DevToolsの重要な更新があった。例えば、ネットワークデバッグの改善、実験的なCSS Flexboxデバッグツール、フレーム詳細ビューの改善、新しいWASMデバッグ機能、一般的なパフォーマンスの改善がある。

  • 構造化データと豊富なスニペットによるより良いSEO

    Googleの検索デベロッパーアドボケイトであるMartin Splitt氏は、Chrome Developer Summit 2020で、構造化データを使用してウェブサイトをGoogle Searchのリッチな結果に適格にする方法を先頃説明した。リッチな結果はセマンティック検索をサポートし、通常の検索結果から際立たせ、クリック率を高めることができる。

  • Apple Siliconへの移植 - Firefoxの場合

    Apple Siliconの導入によってmacOS開発者たちは、自分たちのプログラムを新しいCPUに移植する必要に迫られている。しかしながら、複雑なプログラムでは、FirefoxのエンジニアマネージャであるGian-Cario Pascotto氏の説明するように、これがかなりの難行になる可能性があるのだ。

  • 新しいChrome拡張機能で、C++ソースファイルをステップ実行してコンパイル済みWasmコードをデバッグ

    Googleは最近、WebAssemblyファイルのデバッグに関して開発者エクスペリエンスを向上させるためにChrome DevToolsチームが行ったことの進捗状況を発表した。新しい拡張機能(ベータ版)を使用すると、開発者はオリジナルのソースコードをステップ実行することで、WebAssemblyにコンパイルされたCおよびC++アプリをデバッグできる。

  • VivaldiブラウザはAndroidユーザのプライバシー保護を改善

    Vivaldi Webブラウザは最近、Androidユーザ向けにプライバシー保護が強化されてリリースされた。Vivaldi 3.5は、チャットアプリケーションでWebRTC通信プロトコルを使用するときに実際のIPアドレスが漏洩するのを防ぎ、ユーザがオンラインで追跡される穴を塞ぐ。Vivaldi 3.5では、モバイルユーザがブラウザを終了するときにブラウジングデータをクリアすることもできる。

  • Microsoft EdgeがLinuxで利用可能に

    Microsoftは先頃、Microsoft Edge Dev Channel for Linux(初回プレビューリリース)の提供を開始すると発表した。Edgeブラウザがすべての主要なオペレーティングシステム、ディスクトップ、モバイル上で利用できる。Linuxの利用者の多い企業ユーザは、これにより、自身の使い慣れたプラットフォームでWebアプリケーションの開発とテストが可能になる。この動きは、ビジネス向けブラウザとしてのEdgeの位置付けをさらに進めるものだ。

  • Microsoft Edge WebView2が一般公開

    昨年のプレビューリリース公開を経て、Microsoftは先頃、ネイティブWindowsアプリケーション内にWebコンテンツをホストするためのChromiumベースのコントロールであるWebView2を、Win32 C/C++、.Net Framework、.NET Core、.NET 5による運用レベルのアプリケーション向けに一般公開した。WebView2はアップデートポリシの異なる(自動/手動)2つのディストリビューションモデル(evergreen/fixed)で提供される。

  • テスト自動化ツールのPlaywrightでインタラクションスクリプトの記録と再生、テストビデオのキャプチャが可能に

    新たにリリースされたPlaywright 1.4で注目される改良点は、ブラウザ不問のテスト自動化ツールだ。公開されているPlaywrightコマンドラインインターフェースを使うことで、開発者やテスタは、ユーザのインタラクションを記録して自動生成されるPlaywrightスクリプトを使ってその操作を再現できる。ページのスクリーンショットの生成、Playwrightセレクタの検査、テストスクリプトのビデオ録画などを行うことも可能だ。

  • Chrome 85がリリース - Android版の64bitサポート、タブグループ改善、AVIF圧縮フォーマットのサポート

    Chromeチームは先頃、多数の新機能を備えたChrome 85をリリースした。Android用のChromeアプリが64bitバージョンになった。タブグループの縮小と展開が可能になった。プロファイルガイド付き最適化により、開発チームによると、ページ読み込みが最大で10パーセント高速化された。高圧縮率AVIFビデオがネイティブで再生可能になった。さらに開発者用ツールも大幅に改良されている。

  • Safari 13.1リリース

    Safari 13.1は先頃、macOS Catalina、iPadOS、iOS、およびwatchOS向けにリリースされた。Safari 13.1は、WebKitエンジン、プライバシー、パフォーマンス、およびWeb開発者のエクスペリエンスの向上に努めている。

  • Cookieレシピ - SameSiteとそれを超えて - Rowan Merewood氏がweb.dev Liveにて

    Rowan Merewood氏は、ますます採用される新しいCookieポリシーの観点で、状況に必要なスコープとセキュリティに応じてCookieを作成および構成する方法について説明した。Merewood氏は、リクエストで送信されたCookieをトレースおよびデバッグするために開発者が利用できるオプションも紹介した。

  • Chrome 83 DevToolsでは視覚障害とロケールをエミュレート

    今後、Chrome83リリースではDevToolsに対する重要な更新がある。例えば、視覚障害とユーザロケールのエミュレーション、クロスオリジンオープナーポリシー(COOP)デバッグ、クロスオリジンエンベッダーポリシー(COEP)デバッグ、Cookieパスのネットワークリクエストフィルタリングである。

  • ChromeとFirefoxの新しいCOOPとCOEPはセキュリティを高めるクロスオリジンポリシー

    Eiji Kitamura氏は先頃、Googleのweb.dev liveでの講演で、ブラウザがクロスオリジンリソースを処理する方法を規定する新しいCOOPおよびCOEPポリシーを公開した。新しいオープナー (COOP) および組み込み (COEP) ポリシーは、以前は無効にされていた強力な機能 (SharedArrayMemoryBufferなど) を復元しながら、Spectre攻撃から保護するクロスオリジン分離環境をセットアップする。

  • Chromium、Firefox、WebKitベースのブラウザを自動化するPlaywright 1.0がリリース

    Playwright 1.0がリリースされた。Chromium、Firefox、WebKitといったブラウザエンジンをベースとする全ブラウザで、その自動化をサポートする。

  • ブラウザ自動化ライブラリ Puppeteer が Firefox をサポート

    @ChromeDevToolsと@v8jsに取り組んでいるGoogle開発者であるMathias Bynens氏がPuppeteer 3.0をリリースした。PuppeteerはChromeブラウザに加えてFirefoxをサポートするようになった。新しいバージョンでは、サポートが最新のChrome 81にアップグレードされ、Node 8のサポートが削除された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。