BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Webフレームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • 2023年の"JavaScript Rising Stars"が発表

    Rising Starsの最新レポートでは、JavaScriptエコシステムのトレンドに焦点を当て、2023年のGitHub Starsに基づく傑出したプロジェクトを紹介している。全体的にもっとも人気のあるプロジェクトは、shadcn/uiでカスタムコンポーネントを作成するために使用できるUIコンポーネントのコレクションである。JavaScriptランタイムのBunはその勢いを維持し、2番目に人気のあるプロジェクトとなった。また、オープンソースの仮想手描き風ホワイトボードExcalidrawが人気を集めた。

  • Webフレームワーク「Astro」にハイブリッドレンダリング機能を追加し、Webサイトを高速化

    WebフレームワークAstroはAstro2.0をリリースし、これまで利用可能だった静的および動的サーバーレンダリングを、新しいハイブリッドレンダリング機能で補完した。ハイブリッドレンダリングは特定のページをあらかじめレンダリングしておくことで、より高速なパフォーマンスを実現する。

  • Ionic 6コンポーネントフレームワークの紹介

    クロスプラットフォームアプリケーション開発用のUIフレームワークであるIonicは、6回目のイテレーションでリリースされた。Android、iOS、デスクトップアプリケーション向けに一連の新しいコンポーネントとより優れたUI統合を提供する。

  • コンポーネントエクスプローラ Storybook for Svelte が遊び場とドキュメントを自動生成

    StorybookコンポーネントエクスプローラのSvelteバージョンであるStorybook for Svelteは、先頃メジャーアップグレードを発表した。これは、コンポーネントのストーリーの作成、保守、および文書化に関する開発者エクスペリエンスの向上を目指すものだ。新しいベータリリースは、新しいSvelteネイティブストーリー形式からコンポーネントの状態をキャプチャするコントロールとドキュメントを自動生成する。

  • 新しいSvelte NodeGuiでQtとSvelteを使用したネイティブデスクトップアプリケーションを作成できる

    Jamie Birch氏は先頃、Windows、Linux、およびMacOSでデスクトップアプリケーションを開発するためのフレームワークであるSvelte NodeGuiを発表した。Electronより軽量な代替手段であるSvelte NodeGuiを使用すると、開発者はSvelteフロントエンドフレームワークとコンパイラ、Qtウィジェットツールキット、およびHTMLとCSSのサブセットを使用してアプリケーションを作成できる。

  • single-spa によるマイクロフロントエンド

    マイクロフロントエンドは、マイクロサービスの概念をフロントエンドに拡張する。目標は、大規模なSPAを、さまざまなテクノロジーを使用し、別々のチームで開発および管理できる小さな独立したアプリケーションに分割することだ。 single-spaは、複数のフロントエンドアプリケーションの構成を単一のプロダクトに簡素化することにより、開発者がその目標を達成するのに役立つフレームワークだ。

  • Inertia.JSでAPI不要のモノリシックReact/Vue/Sevlteアプリケーションが記述可能に

    Inertia.jsは、従来のサーバサイドルーティングとコントローラを使ったシングルページアプリケーションの記述を可能にする。Inertiaがバックエンドとフロントエンドをしっかり結んでくれるので、APIを書く必要はない。開発者は、十分に実績を積んだサーバサイドフレームワーク(Laravel、Ruby on Rails、Dango、AspNetCoreなど)を使用することができる。クライアント上では、React、Svelte、Vueなどを使ったユーザインタフェースの実装が可能だ。

  • Microsoftは、Build 2020でプレビューのApp Service Static Web Appsを導入

    今年のデジタルイベントのBuildで、Microsoftは、静的Webアプリ用に明白に調整された新しいホスティングオファーでAzure App Serviceを拡張したことを発表した。ホスティングサービスはAzure Static Web Appsと呼ばれ、現在プレビュー中だ

  • エッジでのSvelte - Luke Edwards氏のSvelte Summitでの講演より

    Luke Edwards氏は、先日のSvelte Summit 2020で講演し、エッジでのSvelteアプリケーション運用について論じた。講演の中で氏は、Cloudflare WorkersとGoogle Cloudを使って簡単なSvelteアプリケーションを構築し、実行するデモを公開した。

  • REPLicant、超シンプ���なSvelte REPL - Peter Allen氏のSvelte Summit 2020での講演より

    Peter Allen氏は先日のSvelte Summit 2020で講演し、REPL(Read-Print-Eval-Loop)プレイグラウンドのメリットについて説明した。Svelte REPLは多くの境界条件を扱う必要があるために複雑だが、コードプレイグラウンド実装の根底にある原理は単純だ。Allen氏は講演の視聴者に対して、段階的に、Svelte REPLの最も単純な実装バージョンに至るまで説明した。

  • 次のSvelteはサーバレスファーストかもしれません - Svelte SummitでのRich Harris氏の講演

    Svelteの作成者であるRich Harris氏は、Svelte (UIフレームワークとコンパイラ) とSapper (Svelteのアプリケーションフレームワーク) のまわりで行われている実験の幕を開けた。Harris氏は、Svelteがサーバレスファーストのフレームワークであるという潜在的な未来を垣間見せた。

  • Svelteを使ったアニメーション、レスポンシブ、リアクティブなデータ視覚化

    Tom Fevrier、Matthias Stahl両氏は先頃、Svelteでアニメーションを使用した、レスポンシブでインタラクティブなデータ可視化テクニックの概要をSvelteコミュニティに公開した。

  • Ionic Capacitor 2はモバイル認証とクロスドメインHTTPSを改善する

    先頃のIonic Capacitor 2リリースでは、基盤となるSwift、XCode、およびAndroidのバージョンが更新され、Face UnlockとIris Unlockが追加され、コアCapacitorプラグインが改善され、クロスドメインHTTPSリクエストが簡素化されている。

  • JavaScript Open Source Awards 2020の6個の影響力のあるプロジェクト

    2018年以降、JavaScript Open Source Awardsは、毎年4個のカテゴリ ( Breakthrough of the Year、The Most Exciting Use of Technology、Fun Side Project of the Year、The Most Impactful Contribution to the Community ) で影響力のあるオープンソースプロジェクトを区別している。2020年は、6個のオープンソースプロジェクトに贈られた。

  • IonicがShadow Partsでカスタマイズを改善

    Ionic Frameworkは最近、CSS Shadow Partsという次期W3C仕様を採用した。これによりコンポーネントのテーマ設定と変更が簡単になる。

BT