BT

InfoQ ホームページ Webフレームワーク に関するすべてのコンテンツ

  • クラスベースAPIから再利用および構成の可能な関数ベースアプローチへと移行したVue 3.0

    Vueチームは先頃、近くリリースされるVue 3用で導入される予定の、関数ベースのコンポーネントAPIについて説明するRFCを公開した。React Hooksのような関数ベースの、このコンポーネントAPIでは、ロジックを"合成関数(composition function)"にカプセル化することで、より大規模なコンポーネントの構築を可能にする。さらに、従来より優れたTypeScript型推論サポートを、現在は廃止されているClass API RFCでは不可能であった方法で提供している。

  • Ionic Capacitor - JavaScriptによるネイティブアプリケーションの開発

    Capacitorは、Ionicが開発したハイブリッドアプリケーションのための新しい開発フレームワークである。2009年に初めてリリースされ、ソリューションとして定評のあるApache Cordovaの代替を提供する。

  • Ionic CLI V5がIonic React Betaをサポート

    Ionic Frameworkチームは最近、Ionic CLIの5番目のメジャーイテレーションをリリースした。Ionic CLI v5はIonic Reactサポート(ベータ)を備えているため、開発者はReact JavaScriptフレームワークとIonic UIコンポーネントを使用してIonicアプリケーションを作成できる。Ionic CLI v5には、より優れた開発者エクスペリエンスとさまざまなバグ修正を目的とした機能も備わっている。

  • Capacitor 1.0がリリース、目標はハイブリッド、Web、ネイティブのアプリ開発の改善

    JavaScriptによるiOS、Android、およびWeb用アプリケーションの開発を目的とした、Ionicの新しいネイティブAPIコンテナのCapacitorが、 バージョン1.0に到達した。ネイティブ機能にアクセスするクロスプラットフォームアプリケーションの開発において、新たな方法を試みるものだ。

  • JavaScripr言語にリアクティビティを実現するフロントエンドフレームワークSvelte 3 - 作者のRich Harris氏に聞く

    先日リリースされたフロントエンドフレームワークのSvelte 3には、JavaScriptでリアクティビティを記述する新たな構文が導入されている。InfoQは開発者のRich Harris氏にインタビューして、Svelte 3の持つ意味、開発者への影響などを聞いた。

  • Ionic、Vue.jsインテグレーションのαリリースを発表

    VueConf Torontoにおいて、Ionicは@ionic/vueの最初のαリリースを発表した。これは任意のVue.jsプロジェクトにIonic 4を追加して、Vue.jsフレンドリーなやり方でIonicのAPIにアクセスできるようにする。

  • Ionic 4のβ版リリース

    モバイルWebアプ���ケーション構築のためのフレームワークIonicのバージョン4 β版がリリースされた。Ionic 4は、パフォーマンス改善およびWeb Components標準のサポートによるフレームワークに依存しないアプローチにフォーカスしている。

  • SAFEスタックによるF# Webデプロイメント

    SAFEスタックは、Webアプリケーションを開発するためのF#ライブラリのセットだ。Tomasz Heimowski氏はこのスタックを、先日のF# eXchange 2018でのライブコーディングセッションで発表し、講演用の評価アプリケーションの作成とデプロイを行って、すべてのエクスペリエンスを実演してみせた。

  • ウェブサーバ、ウェブ開発ライブラリのSuaveがリリース

    .NET向けの新しいウェブ開発ライブラリであるSuave 1.0がリリースされた。Suaveは軽量で非同期のウェブサーバとHTTPを処理するパイプラインを記述するセマンティックなモデルを提供する。SuaveはWindows、OSX、Linux、.NET、Monoなど複数のOS、プラットフォームで動作する。どのような.NET言語からも使えるが、Suaveのコンビネータと型はF#から使われるように設計されている。

  • Webフレームワークベンチマーク2015

    私たちは2014年にWebプラットフォームとマイクロフレームワークを含む様々なWebフレームワークのTechEmpowerのベンチマーク結果を公開した。一年後、彼らは新しい結果とトップ10のWebフレームワークにおけるパフォーマンスの重要な変更の概要を公開した。

  • Play 2.3 リリース: モジュール化、Java 8、WebJarsに対応

    Play 2.3リリースはフレームワークからパーツを分けることでモジュール化を向上させた。また、Play shellはブラウザUIからプロジェクトテンプレートを制御するActivatorに切り替えた。InfoQはPlayの開発リーダであるJames Roper氏から今回の変更点と今後の計画について聞いた。

  • Webフレームワークのパフォーマンス比較

    TechEmpowerは昨年から、Webフレームワークのパフォーマンスを測定、比較しようと、ベンチマークを走らせてきた。このベンチマークでは「フレームワーク」という言葉がゆるく使われており、ここにはプラットフォームやマイクロフレームワークも含まれている。

  • Koa 0.2.0リリース

    Node.jsベースのWebアプリケーションフレームワーク、Koa version 0.2.0がリリースされた。Koaは人気のあるMVCプラットフォーム、Expressの後継だが、新しいES6で導入された機能を多用している。これは最初の0.1.0リリースからの設計選択を再確認し、今後のリリースとプロダクション利用のためにKoaのAPIを固める上で重要なリリースだ。

  • PayPal社がバックエンドをJavaからJavaScriptへ移行

    PayPal社はJSPとJavaで書かれたレガシーコードを捨て、ブラウザからWebアプリケーションのバックエンドサーバまで、幅広くJavaScriptを採用することに決めた。

  • Google Dart:PolymerがWeb UIを置き換える

    Google DartはWeb UIを捨てて、Polymerに置き換えようとしている。外から見る限り、大きな違いはデータバインディングとイベントの処理だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。