BT

InfoQ ホームページ Websphere に関するすべてのコンテンツ

  • MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発

    HiveMQは,IoTアプリケーションのために設計された,MQTTベースのメッセージングプラットフォームである。先日リリースされたHiveMQ 4では,MQTT 5サポートが追加され,拡張システムが改善されるとともに,DockerやKubernetes,AWS EC2との統合性が向上している。HiveMQの開発者で、dc-square GmbHのCTOであるDominik Obermaier氏に話を聞いた。

  • IBMがKubernetsとCloud Foundryを使用したハイブリッドクラウドコンピューティングプラットフォームのIBM Cloud Privateをリリース

    IBMはIBM Cloud Privateをリリースした。パブリッククラウドと同等のクラウド機能を、企業がオンプレミスで構築可能なように設計されたプラットフォームである。“クラウドネイティブ”なアプリケーション開発を促進し、WebSphere Liberty、Db2、MQといったIBMテクノロジ上で動作する既存アプリケーションの最新化サポートを目標とする。

  • IBMがJavaマイクロサービス用のオープンソースランタイムOpen Libertyを公開

    IBMは先頃、同社のWebSphere Libertyのオープンソース実装であるOpen Libertyを公開した。最新のEclipse MicroProfileとJava EE APIをサポートする。同社でWebSphereとLibertyのランタイムアーキテクトを務めるAlasdair Nottingham氏と、Bluemix Garage LondonのテクニカルリーダであるHolly Cummins氏が、Open Libertyについて説明してくれた。

  • JavaOneキーノート:IBMのOpenJ9とOpen Liberty; Javaコミュニティによるマトリックス

    JavaOneコミュニティキーノートは、IBMのトークとデモで始まった。彼らがしたオープンソースへの最新のコントリビュートについてのものだ。OpenJ9とOpen Liberty、MicroProfileである。John Duimovich氏、IBMの優れたエンジニアであるが、氏は"IBMとJava: 次世代のイノベーションを推進する"というタイトルのプレゼンテーションで幕を開けた。 IBMのあと、Stephen Chin氏はJavaコミュニティキーノートを終了させるためステージに上がった。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • デシリアライズを利用したリモート実行可能な Java ゼロデイエクスプロイット

    Foxglove Securityの最近の分析によると、デシリアライズするアプリケーションにはゼロデイエクスプロイットの脆弱性があるという。OpenJDK, Apache Commons, Spring や Groovyといったライブラリが該当しており、InfoQ が調査を進める。

  • 成功を乗り越えて

    チームの成功をある種の失敗と捉えることは稀だが,目標以上のものを求めれば,基本的なソフトウェアやインフラストラクチャニーズを無視するのと同じ位の危険を伴う。Mark Simms氏とMark Souza氏は,彼らがこれまで見たアンチパターンを紹介し,あなた自身の成功とアーキテクチャ上の勝利を両立する最善の方法のいくつかを論ずる。

  • Azure Toolkit for EclipseがWebSphere LibertyとApplication Insightsを新たにサポート

    Microsoft Open TechのJava開発チームは,Azure Toolkit for Eclipseの最新バージョンをリリースした。IBM WebSphere LibertyとMicrosoft Application Insightsをサポートする。Githubで提供されるAzure Toolkit for Eclipse with Javaは,Microsoft Azure上でJavaプロジェクトの開発,テスト,デプロイを行うためのプラグインである。

  • IBMのNick O'Leary氏がNode-REDで「モノのインターネット」をデモ

    Nick O'Leary氏は先回のQCon Londonで,モノのインターネット(Internet of Things / IoT)に注目したオープンソースプロジェクトのNode-REDを発表した。IBMのEmerging Technologyチームが開発したこのプロジェクトは,"ハードウェアデバイス,API,オンラインサービスが画期的な方法で結合された"仮想環境をブラウザ上で実現する。

  • IBMがCloud Foundryを支援

    先月、IBMはPivotalのCloud Foundryサポートを発表した。これは、この引き続き開発がされている人気のオープンソースPlatform-as-a-Serviceとのパートナーシップの一環であり、同社の関連オープンソースプロジェクトの支援のひとつだ。

  • IBM WebSphere Application Server バージョン8がリリース,Java EE 6 をフルサポート

    IBM WebSphere Application Server V8 がリリースされた。Java EE 6 プロファイルすべての完全なサポートを提供するアプリケーションサーバとしては3番目になる。

  • Microsoft、WCF向けのJavaフレンドリな相互運用バインディングをリリース

    6月、MicrosoftはMicrosoftのWCFと主要なJavaベースのサーバとの相互運用を推し進めるためのオープンソースの構成をリリースした。WCFバインディングがWCFのサービスを実行したり利用したりするためのトランスポートの詳細を定義しているが、これがOracle WebLogic、Oracle Metro、IBM WebSphere、Apache Axis2で利用できるようになった。

  • IBM Workload Deployer – より成熟したプライベートクラウドアプライアンス

    IBM Workload DeployerはIBM WebSphere CloudBurst バージョン2.0アプライアンスの後継製品であり、パターンやテンプレートがより活用できるようになり、プライベートクラウドの構築や配置を容易にする自動化機構が備わっている。

  • .NET でメッセージキューイングを利用する

    大規模アプリケーション開発時には,処理負荷の分散あるいは集約にメッセージキューイングが有効な場合が多い。.NET のエコシステムでは,メッセージキューイングを使用するための選択肢がいくつか存在する。この記事では人気のある機能やユニークな機能を紹介し,それらを評価する上で必要な基本的用語について説明する。

  • IBMがWebSphere アプリケーション サーバー V8.0 のベータをアナウンス

    IBMがWebSphere アプリケーション サーバー V8.0 のベータ プログラムをアナウンスした。このバージョンが最終的に Java EE 6の仕様をサポートする。WebSphere 8により、今では、2つのJava EE 6プロファイルの1つをサポートする製品が7つある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。