BT

InfoQ ホームページ Websphere に関するすべてのコンテンツ

  • .NET でメッセージキューイングを利用する

    大規模アプリケーション開発時には,処理負荷の分散あるいは集約にメッセージキューイングが有効な場合が多い。.NET のエコシステムでは,メッセージキューイングを使用するための選択肢がいくつか存在する。この記事では人気のある機能やユニークな機能を紹介し,それらを評価する上で必要な基本的用語について説明する。

  • IBMがWebSphere アプリケーション サーバー V8.0 のベータをアナウンス

    IBMがWebSphere アプリケーション サーバー V8.0 のベータ プログラムをアナウンスした。このバージョンが最終的に Java EE 6の仕様をサポートする。WebSphere 8により、今では、2つのJava EE 6プロファイルの1つをサポートする製品が7つある。

  • WebSphere 7 Feature PackがOSGiベースのアプリケーション デプロイとSCAとの統合をサポート

    WebSphere Application Server V7の OSGi Applications と Java Persistence API 2.0用のFeature Pack (フィーチャーパック)は、OSGi Blueprint Container仕様書とJPA 2.0に準拠する標準ベースの実装を提供している。また、アプリケーションをバージョン管理されたOSGiバンドルとして、デプロイしそして管理するフィーチャーもオプションで提供している。IBMは、最近、 ApacheプロジェクトのAries と OpenJPAをベースにしたフィーチャーパックのGAリリースをアナウンスした。

  • IBMは、WebSphere 7にXPath 2.0, XSLT 2.0 と XQuery 1.0のサポートを加えた

    IBMは、WebSphere Application Server 7がW3CのXML標準の最新セットを完全にサポートする最初のアプリケーション・サーバになるように、Xpath 2.0, XSLT 2.0 と XQuery 1.0のサポートを加えるフィーチャ・パックをリリースした。InfoQは、フィーチャ・パックの主任アーキテクトであるIBMのAndrew Spyker氏にインタビュした。

  • Bundle.update: Java EEがOSGi化し、JSR 294 が凍結に

    前回のbundle.update以来、OSGiとモジュールJavaの世界に、いくつかのおもしろい事が起きた。JSR 294が(自動的に)凍結とマークされ、Enterprise Expert Groupがドラフト4をリリース、WebSphereで、OSGiアプリケーションが直接動作するようになり、来るべくOSGiコンファレンスの早期ディスカウントと講演者の募集がまもなく終わる。

  • IBM WebSphereがRESTを採用

    「先週の木曜日に私はIBMのConnect09アナリスト・カンファレンスのまとめをしようと苦闘していると言ったけれど、実際のところ今も苦闘しているんです」とRedMonkの業界アナリストであるJames Governor氏は、 AIM (Application Integration and Middleware)のジェネラルマネージャであるCraig Hayman氏のConnect09アナリスト・カンファレンスでの「Federated Connectivity – Smarter Integration Across and Beyond The Enterprise」というタイトルのセッションについて語りながら、そのように言った。

  • IBMはWebSphere CloudBurst Applianceを発表

    IBMは、つい最近、WebSphere CloudBurst Applianceを発表した。これは、プライベートなWebSphereクラウド環境の作成、配備、管理を可能にするデバイスである。このアプライアンスを使うと、一揃いのWebSphere Application Serverトポロジ仮想イメージから、完璧に機能するWebSphere Application Server環境であるパターンを生成できる。

  • dynaTrace 3 がグローバル・トランザクション追跡、クラウド・サポート、オープン・ソース・プラグイン・モデルの特色を備える

    dynaTrace softwareは先日、dynaTrace 3のリリースを発表した。dynaTrace softwareはアプリケーション・パフォーマンス監視(APM、Application Performance Monitoring)ベンダで、アプリケーション・コードおよび環境設定(スレッド・プールや接続プールなど)双方のパフォーマンス問題に関する知識を Javaおよび.NETディベロッパに提供している。

  • Forrester ResearchによるESBベンダーの評価

    Forrester Researchは、エンタープライズサービスバス(ESB)ベンダーの171の基準による評価を新たにリリースした。

  • IBMのBPM Zero Project:RESTfulワークフロー管理

    Christina Lau氏が、BPM-as-a-Serviceに対するIBMの展望を紹介している。それは、RESTfulサービス向け軽量BPMNベースのスクリプト記述エンジンである。このビジョンは、現在発売中の製品と合致している。製品はProject Zeroでインキュべートされ、最終的にWebSphere sMashでデプロイされる予定である。

  • Article: 仮想化入門

    このArticleでは仮想化に関する利点と欠点を見ながら、仮想化の違いについて詳しく追っていきます。

  • AlphaWorksでObject Lifecycle Explorerがリリース

    Object Lifecycle(またの名をState Machine)は大半、デベロッパ、アーキテクトおよびビジネスプロセスを扱う人びとに一様に無視されてきた。IBM Zurichの研究家集団が、実行可能なビジネスプロセスモデルを補完し、関連付けるオブジェクトライフサイクルモデリングツールをリリースした。

  • WebSphereの新製品: sMash、eXtreme Scale、Virtual Enterprise、Business Events

    IBM はIBM IMPACT で、Smart SOA の構想に加えて、新製品とリブランドされた製品をいくつか発表した。その製品とは、仮想化を扱う Virtual Enterprise、クラスタリングとキャッシングを扱う eXtreme Scale、複雑なイベント処理を扱う Business Events、そして RESTful な WEB アプリケーションを扱う sMash である。InfoQ はこれらの製品についてよりたくさんの情報を得るため、多くの重役やプロダクトマネージャを取材した。

  • .NET-Java間のWebサービス相互運用性の新たなオプション

    .NETおよびJava間のWebサービスの相互運用性ということになると、選択肢としてかつてはHTTPを介したSOAPに限られていた。最近、この分野で2つの新たなオプションが利用可能になった。WebSphere MQ(WMQ)とActiveMQトランスポートがJavaと.NET間における相互運用可能なWebサービスの構築に使用することができる。

  • IBMがWebSphere MQにPowerShellサポートを付加する

    PowerShellがメジャープレイヤー達に受け入れられ始めている。IBMは現在PowerShellを使用してWebSphere MQを管理することができることを発表した。チャンネル、リスナー、キュー、そしてサービスのようなWebSphereオブジェクトがコマンドラインから作られ、検査され、修正されるのが可能である。IBMのWMQブログがこれらのアクションをどのように実行するかを綴った一連の記事を掲載している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。