BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ XAML に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがProject Reunion 0.5のプレビュー版をリリース

    今週初め、MicrosoftはProject Reunion 0.5 Previewをリリースした。これは、オペレーティングシステムから切り離された単一のAPIレイヤーの下で、既存のWin32とUWP APIへのアクセスを統合する開発者コンポーネントとツールのセットである。この新しいリリースには、Windows10のネイティブUIプラットフォームの最新バージョンであるWinUI 3の最初の安定版リリースも含まれている。

  • Visual Studio 15.7 Preview 4、GitやC++のサポートを改善

    Microsoftはこのところ、Visual Studio 2017 15.7の新しいプレビューをいくつかリリースしている。変更のサイズが小さくなってきたことからみて、正式リリースに近づいているように思われる。通常、変更は広範囲に及び、使用する言語に関係なく、開発者にメリットがあるはずだ。

  • Avalonia Beta 1がWPFに対する多くの改善をもたらす

    Avaloniaは「XAML、データバインディング、ルックレスコントロールなどの機能を持つ、WPFを元にしたクロスプラットフォーム.NET UIフレームワーク」として自身を説明している。最初のパブリックベータに達したばかりだが、由緒あるWPFバージョンのXAMLよりも興味深い改善がいくつか示されている。

  • .NETのクロスプラットフォームUIツールキットであるAvaloniaの概観

    .NET Coreエコシステムで頻繁に言われている欠点は、真のクロスプラットフォームUIツールキットがないことである。過去にSilverlightやXamarin Formsのようなマルチプラットフォームでの試みはあったが、誰もまだ完全なXAMLスタイルのクロスプラットフォームオプションを成しえていない。AvaloniaはWindows、Linux(GTK)、MacOS、Android、iOSをサポートする計画で、試みようとしている。しかし、開発者は支援を求めている。

  • MicrosoftがUWPとXamarinのXAMLを標準化

    Microsoftは、ユーザインターフェース要素の定義方法を統一するマークアップ言語であるXAML Standardの最初の草案を、BUILD 2017で発表した。

  • XAML Power Toysでフォーム作成を簡単化する

    XAMLデータ入力フォームの作成は退屈だが、新しいVisual Studio拡張機能のおかげで、この作業は合理化できる。Toys for Visual Studio 2015は開発者に対して、WPFやXamarin Formsアプリケーションのための XAMLを用いたデータ入力フォームを簡単に作成する手段を提供する。今後はUWPアプリもサポートされ、主要なすべてのWPFユースケースをサポートしたオールインワンツールとなるだろう。

  • Add App Wizardなどの機能改良を加えたXAML Spy 2.0.5がリリース

    XAML Spyがこの1月にリリースされた。Add App Wizard,XAML Spy ExplorerツールバーのShow All Appsボタンによるインストール済みアプリのナビゲートなどがサポートされている。複数のプロジェクトに対して,XAML Spyを一括で有効あるいは無効にすることも可能だ。

  • タッチ対応の円形メニューを作成可能なRadRadiaMenu

    Telerik RadControls for Windows 8 XAML Q3 2013に含まれるRadRadioMenuを使えば,デスクトップとタッチプラットフォームの両方で円形メニューを開発できる。コントロールはスタンドアロンとコンテキスト,いずれのメニューにも対応する。

  • DevExpress XAML v13.2がWindows 8.1サポート - PDFビューアやFlayout,ラジアルメニューコントロールを追加

    先日リリースされたDevExpress XAML 8 Controls v13.2は,新PDFビューアやタイル,Flyout,ラジアルメニューコントロールなど,Windows 8.1の主要な機能をすべて完全にサポートする。

  • Windows 8.1とVisual Studio 2013のXAML開発の改善

    Windows 8.1は Visual Studio 2013を使ってXAML開発者がユニークでレスポンシブなアプリケーションを作れるような新しい機能が搭載されている。また、いくつかの新しいコントロールも追加され、プロジェクトテンプレートも強化されている。

  • ReSharper 8.0はVisual Studio 2013、インテリセンス、XAML、Blueテーマをサポートする

    最近リリースされたReSharper 8.0にはVisual Studio2013、XAML、Blueテーマ、インテリセンス、マルチファイルテンプレート、コマンドラインツール、CSS改善、様々なバグフィックスが含まれる。

  • Blend for Visual Studio 2012 - Windows 8 アプリケーション用の新しい UX ツール

    Microsoft が Blend for Visual Studio 2012 を新たに発表した。Windows Store 8 の HTML および XAML アプリのユーザインターフェーを設計するためのツールで,Express を含むすべてのバージョンの Visual Studio 2012 に添付される。

  • MetroスタイルのXAMLアプリのパフォーマンスチップス

    Microsoftは、“Performance Tips For Metro Style XAML Apps(MetroスタイルXAMLアプリのパフォーマンスチップス)”という名前のドキュメントを公開した。これには、応答性について、安定した滑らかなアニメーション、起動時間の改善、リソース消費量の削減など、いくつかの提案が含まれている。概要を紹介する。

  • Windows 8アプリのローカライズ

    In the article “Develop your app for everyone–localize your UI”, Tim Heuer shows how to localize the language of a Windows 8 .NET App along with various tools that can help in the process.

  • XAMLおよびVBA 7の仕様リリース

    MicrosoftがXAMLプログラミング言語の仕様を公開した。この仕様には、XAML、XAML 2009の仕様、SilverlightおよびWPFに固有の拡張機能の仕様が含まれており、理由は不明だが、VBAの言語仕様も含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。