BT

Googleの Goが近々1.1をリリース

作者: Jeff Martin , 翻訳者 編集部N 投稿日 2013年4月22日 |

原文(投稿日:2013/04/11)へのリンク

 

Googleの Goプログラミング言語バージョン1.1のリリースが近いので、開発者チームは、最新ベータのリリースをアナウンスした。これには、新フィーチャの動作するプレビューが提供されている。特に、幾つかのユースケースでは、予想スピードが30%-40%増加した。Goのバージョン1.1は、1年ちょっと前の2012年3月にリリースされ、これまでGoogleは、バグ修正をリリースしてきたが、バージョン1.1は、 新フィーチャをもたらすとともに、1.Xバージョンとの後方互換性を維持している。アップデートは、ツールセット、言語フィーチャ、標準ライブラリへの変更に影響する。

言語の新フィーチャ

ツール/実装

  • gccgo – バージョン4.8 GCC (GNU Compiler Collection)、2013年3月にリリースされたは、Go 1.1を部分的にサポートしているが、5月にリリース予定のGCC 4.8.1は、1.1を完全にサポートする。
  • 64ビット実装上でのint/unitは、64ビットとして定義された。このことがこれらの型が32ビットのみであると期待しているプログラムでは問題になる可能性がある。
  • 64ビットシステム上でのヒープサイズ – これは数十GBに拡張された(正確なサイズはシステムに依存し、最終決定していない)。
  • go コマンド
    • コンパイル、テスト、およびコードを実行する際のエラーメッセージがもっと分かりやすくなった。
    • go getを使うために$GOPATH をセットしなければならない。$GOROOTと等しくするのは認められなくなった。
  • go fix は、1.0.X から 1.1にコードを移行できるように調整された。(1.0.X 以前のコードは、直接 Go 1.1にアップグレードできない)
  • 競合の検出 – 競合状態に悩まされている開発者は、go testで新しいオプション -raceの恩恵が受けられる。Linux、OS X と Windows の 64 ビットプラットフォームで現在利用可能だ。

Goの開発者は、いくつか(しかしすべてではない)ユースケースでパフォーマンスの大幅な増加を報告している。これらの増加は、コンパイラのコード生成の改善、より良いマップ実装、ネットワーク アプリケーションにおけるコンテキスト切り替えの削減、ガベージ コレクターの改善によってもたらされた。

主要なプラットフォーム(Windows, Linux, OS X,など) で利用できるダウンロードは、バージョン 1.1 Beta 2である。 開発のペースが非常に早いので、より新しいバージョンが出る可能性があり、そして出るだろう、ということに注意して欲しい。開発者は、既存のコードを再コンパイルすることで、新しい1.1のフィーチャを利用できる。

 

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

サイト全般について
バグ
広告
記事
InfoQ.com and all content copyright © 2006-2014 C4Media Inc. InfoQ.com and 株式会社豆蔵 InfoQ Japan hosted at Contegix, the best ISP we've ever worked with.
プライバシー
BT