BT

InfoQ ホームページ Amazon Webサービス に関するすべてのコンテンツ

  • AlexaフラッシュブリーフィングとしてInfoQ Headlinesが利用可能に

    InfoQは、InfoQ.comの最新技術ニュースを声に出して読むAlexaフラッシュブリーフィングをリリースした。このフラッシュブリーフィングスキルは、ソフトウェアの最新トレンドのアップデートを提供し、コンテンツを2分以内のブリーフィングにまとめてくれる。スキルは英語のAlexaスキルが提供されているところで利用できる。

  • AmazonがAWS Europe(Stockholm)リージョンの追加を発表

    パブリッククラウドプロバイダは、毎年新しいリージョンを開設している。2018年が終わる前に、Amazonは別の新しいリージョンが使えるようになることを発表した。この新しいリージョンはヨーロッパで5番目のリージョンである。正式名称はEurope(Stockholm)、API名称はeu-north-1である。

  • AWS Lambda LayersとRuntime API:公式にサポートされているランタイム以外もサポート

    AWS re:Invent 2018では新しい機能とサービスが多数発表された。機能間で共有されるコードとデータを一元管理するLambda Layerや、LambdaをJavaScript以外のあらゆるプログラミング言語に拡張するLambda Runtime APIなどである。

  • AmazonがEC2インスタンスに予測スケーリング機能を導入

    最近のブログ記事で、Amazonは、予測スケーリング機能を追加して、Auto Scaling for EC2インスタンスをより強力にしたことを発表した。さらに、この新機能により、顧客は、これまでやってきた自動スケーリングの手動による微調整をすることなく、スケーリング計画を作成することができる。

  • ConcouseCIによるテスト駆動コンテナ化ビルドパイプライン

    ThoughtWorksの主任開発者のひとりが、同社のあるクライアントでビルドパイプラインを書き換えた際の、自身のチームの経験談を公開している。チームは、コンフィギュレーション・アズ・コード、パイプライン駆動デリバリ、コンテナのサポート、システムの可視性といった点を重視して、JenkinsからConcourseCIへのスイッチを行った。

  • Amazon、Managed Streaming for Kafkaのパブリックプレビューを発表

    AmazonはAWS re:Invent 2018で、顧客がApache Kafkaを用いてストリーミングデータ処理を行うアプリケーションを簡単に構築および実行できるようにする新しいフルマネージドサービスを発表した。この新しいサービスはAmazon Managed Streaming for Kafka、略してAmazon MSKと呼ばれ、現在パブリックベータとして提供されている。

  • Amazon、自動的にコストを最適化するS3ストレージクラスIntelligent-Tieringを導入

    AmazonはIntelligent-Tieringという新しいS3ストレージクラス発表した。これは使用パターンに基づいて最も費用対効果の高いストレージ階層を自動的に選択することで、ストレージコストを最適化する。S3にあるデータへのアクセス頻度が低い顧客にとって、この新しいクラスはコストを削減するのに役立つ。

  • 迅速なアプリケーションデプロイのためのAWS Amplifyコンソール

    AWS re:Invent 2018では、モバイルWebアプリケーション向けの継続的デプロイサービスである新しいAWS Amplifyコンソールなど、新しい機能とサービスの発表が数多くあった。

  • AWS Marketplace、機械学習アルゴリズムとモデルパッケージを提供

    Amazon Web Servicesは、機械学習アルゴリズムとモデルパッケージをAWS Marketplaceで提供することをAWS re:Invent Conferenceで発表した。

  • Facebook、PyTorch 1.0のプレビュー版をリリース

    サンフランシスコで開催されたPyTorchデベロッパーカンファレンスで、FacebookはPyTorch 1.0の開発者向けプレビュー版をリリースした。PyTorchはオープンソースのDeep Learningフレームワークで、研究プロジェクトをスムーズにプロダクションへ持っていくのに使われる。PyTorch人気の高まりから、今回のリリースでは、PyTorchエコシステムをよりサポートするために、パブリッククラウドおよびハードウェア企業が多くの投資をしている。

  • アマゾン、Correttoをリリース; 無償サポート、マルチプラットフォーム対応のJava OpenJDK

    ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx BEにて、アマゾンがAmazon Correttoのプレビューリリースを発表した。これは、"無償で、マルチプラットフォームに対応し、リリース可能なディストリビューション"であるOpenJDKのビルドで、Javaの参照実装である。

  • Amazon、AWS GovCloud US-Eastリージョンを発表

    AmazonがAWS GovCloud (US-East) リージョンを発表した。これは隔離されたAWSリージョンで、FedRAMPのHighおよびModerateベースラインセキュリティコントロールを提供する。このリージョンは、連邦、州、地方政府機関、それらに従事するIT請負業者、規制のある業務に関わる顧客をターゲットとしている。

  • AmazonがAWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスを発表

    Amazonは、オンプレミスアプリケーションとAWSのストレージサービスとのハイブリッドストレージを提供する、AWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスを発表した。このハードウェアアプライアンスを通じてAmazonは、クラウドと同期しながらデータをローカルにキャッシュする、設定済みのソリューションを提供する。

  • Amazonが新システムマネージャのAWS System Managerをリリース

    AmazonがセッションマネージャのAWS Systems Managerを新たにリリースした。この新しいセッションマネージャは、EC2インスタンスへのシェルレベルアクセスの新たな方法を提供する。IT管理者は、新たに提供されるブラウザベースの対話型シェルとコマンドラインインターフェイス(CLI)を使用して、WindowsおよびLinuxインスタンスを管理できるようになる。

  • AWSによる単一クラウドアーキテクチャに移行したAuth0

    認証、承認、シングルサインオンのサービスを提供するAuth0は、自社のインフラストラクチャを、これまでの複数クラウドプロバイダ(AWS、Azure、Google Cloud)からAWS単独に移行した。AWSサービスへの依存度が必然的に高まるため、現在の同社のシステムは4つのAWSリージョンに分散されると同時に、サービスはゾーン間でレプリケーションされている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。