BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース AWS、パブリックIPv4アドレス利用に対する課金を開始

AWS、パブリックIPv4アドレス利用に対する課金を開始

ブックマーク

原文リンク(2024-02-04)

2月の初めから、AWSは、パブリックIPv4アドレスをユーザーが使用するたびに料金を請求している。1時間あたり0.005米ドルの課金により、開発者はパブリックIPv4アドレスの使用に対してより倹約するようになる可能性があるが、AWSは4億から10億米ドルの年間追加収益を生み出すと推定されている。

この新しい料金は、EC2インスタンス、RDSデータベース、EKSノード、そしてインターネットに面したELB、NATゲートウェイ、Global Acceleratorsなどの他のサービスが管理するパブリックIPv4アドレスを含む、すべてのAWSリージョンとサービスにわたって、一律的に実装されている。

以前InfoQで取り上げたように、この変更は当初2023年7月に発表された。近年、IPv4アドレスの希少性が高まり、その取得コストが上昇しているにもかかわらず、AWSは最近まで、EC2インスタンスに割り当てられていないパブリックIPv4アドレスに対してのみ課金していた。クラウドプロバイダーは、開発者がパブリックIPv4アドレスの使用をより倹約し、クラウドアーキテクチャを改善し、IPv6の採用を加速させることに重点を置いているが、多くの開発者が懸念を表明し、この変更に伴う金銭的な影響を強調している。

Border0の創設者兼CEOであるAndree Toonk氏は、「IPv4サーチャージ」の記事の中で、AWSがこの新しい課金でどれだけの利益を上げるかを試算している。

AWSのJSONで公開されているIPv4アドレス(79M IPv4アドレス)の10%が1年間で使用されたとします。790万IPv4アドレス×43.80ドルで、年間約3億4,600万ドルです。使用率が25%の場合、年間8億6500万ドル近くになります。30%の使用率では10億ドルになります。

Toonk氏は、「AMAZON」、「EC2」、「GLOBAL ACCELERATOR」のカテゴリーを持つすべてのIPアドレスにICMPパケットを送信するプログラムを作成し、600万以上のアドレスから返信を受け取った。デフォルトのセキュリティグループがICMPをブロックしているため、アクティブなIPv4アドレスの数が2倍になる可能性があることを考慮し、Toonk氏は次のように結論づけている。

私は、AWSがこの新しいIPv4の課金で年間4億ドルから10億ドルの利益を得る可能性が高いと言って差し支えないと思います!特に、今日まで無料で提供されていたことを考えると、AWSにとってはありがたい話です。

Redditの人気スレッドでは、多くの開発者が、AWSはより良いIPv6サポートを最初に提供すべきだったと指摘している。DoiT InternationalのシニアクラウドアーキテクトであるAvi Keinan氏は、代わりにこう記述している

この値上げはタバコ税と同じです。この値上げの目的は、顧客にパブリックIPの利用を減らすよう働きかけることであり、より多くの利益を得ることではありません。

今回の値上げの影響を軽減するために、クラウド開発者は可能な限りパブリックIPv4アドレスを停止することを勧めている。例えばインターネットへのアクセスにはパブリックIPv6アドレスを使用し、ロードバランサーからのイングレス・トラフィックにはIPv4をサポートするなどである。NATゲートウェイオープンソースのalterNATは、現在使用されている多数のパブリックIPv4アドレスに対応するための他のオプションである。

Duckbill Groupのチーフ・クラウド・エコノミストであるCorey Quinn氏はこう補足している

その結果、私の請求額は10%近く上がることになります。AWSが自社サービスの中で純粋なIPv6スタックを悲しいレベルでカバーしていなければ、それほど痛手ではないでしょう。

顧客が所有し、Amazon BYOIPを使ってクラウドに持ち込んだIPアドレスの料金は発生しない。もう一つの例外はLightsailで、パブリックIPv4アドレスの利用料金のアップデートが5月1日に実施される。無課金層には750時間の無料パブリックIPv4アドレスが含まれるようになった。

作者について

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT