BT

InfoQ ホームページ Adoption に関するすべてのコンテンツ

  • Robert Scherrer氏に聞く - スイス金融センタのバックボーン上のDevOps

    少人数のコアチームによる開始、スキル・組織・プロセス・インフラストラクチャ・アーキテクチャの5つに価値観と思想を加えた5+1次元を中心とするDevOpsアプローチ - SIXは、ITとビジネスの協業のあり方として、それまでのサイロを破壊し、バリューストリームを実現する転換を進めている。InfoQはSIXのソフトウェア開発を率いているRobert Scherrer氏に、導入の経緯について話を聞くことができた。

  • Klaverblad Insuranceにおける継続的デリバリ

    継続的デリバリは,デプロイメントを自動化するためのアジャイルプロジェクトとして実施されるべきものだ。ステップの細分化によるスピードアップ,小さなデリバリによる信頼の獲得,問題の迅速な解決が必要となる。今回の記事ではKlaverbladがアジャイル,DevOps,継続的デリバリ,マイクロサービスを導入した経緯について紹介する。

  • 成功している組織からアイディアを学び応用する方法

    成功している組織を研究することで着想を得て、自分の組織を改善するためのアイディアが見つかることがある。Helena Moore氏は、Netflix、Zappos、Virginなど優れたリーダーシップと文化を持つ組織のケーススタディを読み、Timpsonのような組織を訪問したことで、何が組織に成功をもたらすのかを理解し、そして、自分の組織にその成功の素を導入する方法を見つけるための助けになった、と語った。

  • コアワークシステムによる転換行動の促進

    Mike Orzen氏はLean IT Summit 2015で,コアワークシステムを利用した転換行動(transformational behavior)の促進について講演を行う。この記事では,リーンITに組織が期待するメリット,継続的改善を構築する上で新たな行動の適用と強化が不可欠な理由,IT組織にとってのコアワークシステムとワークプロセス,リーンIT移行を目指す上での誤りとそれを防ぐ方法についてのインタビューを紹介する。

  • マイクロサービス実装時の課題 - なぜプログラミングスタイルが問題なのか

    Fred George氏がGOTO Amsterdam 2015で,“Challenges in Implementing MicroServices”および“The Secret Assumption of Agile”と題した講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,マイクロサービスをできる限り小さくする方法,マイクロサービス実装時の問題と対処方法,プログラムスタイルが問題となる理由,開発者がコードスキルを向上させるためにできること,などについて聞いた。

  • ステップバイステップで改善するには安全さが必要

    OOP 2015カンファレンスでColin Hood氏が要求工学プロセスの定義と首尾よく反復開発を展開することの間にあるギャップについて語った。氏はステップバイステップで進めることで要求工学を改善できること、人々が一歩踏み出すには相対的な安全さが必要だという。

  • 大企業のDevOps採用動向

    CA Technologiesは先日,ITを含む事業部門(LOB/Line of Business)の役員を対象とした,DevOpsに関する調査結果を公開した。回答者の88%がDevOpsを採用(24%),あるいは採用を検討中(24%)であることが確認された今回の調査では,収益5億ドル以上の企業幹部(経営陣,VP,取締役など)の視点に立つことにより,従来とは違う視点からDevOpsを捉えている。

  • 成熟度モデルによる継続的な能力向上

    Martin Fowlerによれば、成熟度モデルとは、個人または集団の現在の有効性を分析評価し、次に獲得する必要がある実務能力を割り出すことで、能力の向上につなげるための道具である。

  • カンバンを使ってアジャイルを始める

    アジャイルの導入成功と組織変革の方法には関連がある。組織は、“命令”としてトップダウンでアジャイルを導入することもできるし、アジャイル導入の代替方法の記事で書いたアプローチでも導入する。カンバンはアジャイルをスタートするために使え、チームは持続的な新しい働き方を作る準備ができたと感じたときにアジャイルに参加できる。

  • ING NetherlandsによるDevOps移行の客観的改善測定

    ING Retail Banking NetherlandsのJan-Joost Bouwman氏とMark Heistek氏はDevopsdays Amsterdamで,CMMI-ITIL型の組織がよりアジャイル的な価値観からどのような恩恵を受けられるか,という内容のプレゼンテーションを行った。この種のセッションとしては珍しく,運用システムにデプロイされた変更数の顕著な増加や変更当たりのリスク値の減少など,改善に関する定量的根拠が提示された。

  • スクラムのプロジェクト管理プラクティスによるCMMI支援

    CMMI-DEV(Capability Maturity Model Integration for Development,開発のための能力成熟度モデル統合)のプロジェクト管理プロセス領域とスクラムとの関連性について検討する。

  • 継続的デリバリがイノベーションを加速する

    Thoughtworks が先日公開した白書で取り上げた継続的デリバリ (CD, Continuous Delivery) の成熟モデルは,多くの企業がイノベーションの重要性を理解しながらも,ビジネスリーダの要求に対して十分な速さでソフトウェアを提供できていないという調査結果に対する回答だ。

  • J. Sutherland氏らによるアジャイル関連のリソース

    MicrosoftはVisual Studioを利用する開発者向けにアジャイル開発の原則やガイドラインを含んだリソースを提供している。このリソースにはJeff Sutherland氏, Ken Schwaber氏, David Star氏, Mitch Lacey氏, David J. Anderson氏などのアジャイルリーダーが書いた、どんな開発チームでも利用できるアジャイルの方法論の要点が含まれている

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

  • アプリケーションのRESTful度合いをどう計測するか

    RESTとWS-*やSOAを比較する議論は下火になり、今はシステムのRESTful具合を計測する方法について議論されている。多く言及されたのがリチャードソン成熟モデルだ。しかし、コミュニティではこのモデルは適切な方法ではないという意見がある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。