BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Automation に関するすべてのコンテンツ

  • マイクロサービスでのエンドツーエンドテストの課題

    マイクロサービスは、エンドツーエンドの責務を持って自動化されたCI/CDパイプラインを運用する、独立したチームに適している。一方で、エンドツーエンドのテストによるソフトウェアの品質保証は、ソフトウェアコンポーネントの迅速な統合とリリースに相反する場合もある。エンドツーエンドのテストがフェールすると、その原因となった問題が解決されるまで、関連するすべてのマイクロサービスのCI/CDパイプラインがブロックされることになるからだ。

  • AWSがMac MiniベースのEC2インスタンスの提供を開始

    re:Invent 2020で発表されたAWSの新しいEC2 Macインスタンスにより、Amazon Elastic Cloud ComputeでmacOSを実行して、macOS、iOS、iPadOS、tvOS、watchOS、SafariなどのAppleプラットフォーム用のXcodeアプリケーションを構築、テスト、パッケージ化、署名できる。

  • DevTestOpsプラットフォーム Mabl によるシフトレフトテスト

    開発ライフサイクルの「早期にテストし、頻繁にテストする」および「できるだけ早期にテストする」という考えに対して、シフトレフトテストはよく知られているアプローチだ。最近、シフトレフトテストとCI/CDの組み合わせにより、DevTestOpsと呼ばれるDevOpsへの新しいアプローチが活発になっている。InfoQは、DevTestOpsプラットフォームメーカ mablの共同創設者であるDan Belcher氏と話をした。

  • Puppetが2020年のDevOpsレポートをリリース

    PuppetがリリースしたState of DevOps Report 2020では、セルフサービスと効果的な変更管理手法のための内部プラットフォームが、組織にとってDevOpsの進化の階段を上る鍵であったことが明らかにされている。ソフトウェアデリバリパイプラインのセキュリティインテグレーションも重要な役割を果たしている。

  • GitLabの年次DevOps調査で、新たなトレンドと変化する役割を示す

    21か国から3500人を超える開発者によって完了したGitLabのDevOps調査は、開発とリリース、セキュリティ、テストの3つの主要な領域を網羅している。この調査は、リリースサイクルの高速化と品質の向上を示唆しており、最近のDevSecOps領域では、より組織的な微調整が必要だ。InfoQは、GitLabのシニア開発者エバンジェリストであるBrendan O'Leary氏と話す機会を得た。

  • Mock Service Workerライブラリにより、復元力のあるRESTおよびGraphQL APIテストが可能に

    Mock Service Worker (MSW) APIモックライブラリを使用すると、開発者は、実際のバックエンドを使用したり、モックサーバーを設定したり、ネイティブhttp/https/fetch実装をスタブしたりせずにWebアプリケーションをテストできる。MSWは、RestとGraphQL APIの両方をモックする。MSWは今年JavaScriptオープンソース賞を受賞した。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

  • 堅牢なテスト戦略により自信を持ってDropbox Syncをリライト

    過去数年間、Dropboxのエンジニアはクライアント側の同期エンジンをゼロから書き直してきた。DropboxのエンジニアであるIsaac Goldberg氏は、明確なテスト戦略を定義していなければクイックなリリースサイクルで新しいエンジンを構築して出荷するのは、不可能だったと述べている。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • レポートでテスト自動化に対するVisual AIの影響を検証

    101か国の288人の品質エンジニアからの経験的データは、テスト自動化の分野におけるVisual AIの利点を示すレポートの裏付けとなる洞察と信頼性を示している。このレポートは、Visual AIを使用した機能テストツールとビジュアルテストツールを販売しているApplitoolsからのものである。

  • Cypress 5.xがテストの再試行とシャドウDOMサポートを追加

    ブラウザベースのテストランナーおよびダッシュボードであるCypressは、最近、Cypress5.0リリースでテスト再試行のネイティブサポートを導入した。これにより、開発者は断続的なテストエラー発生を回避できる。その他、最近、Cypressは進化しており、ネットワーキングのスタブとシャドウDOMをサポートしている。

  • Chromium、Firefox、WebKitベースのブラウザを自動化するPlaywright 1.0がリリース

    Playwright 1.0がリリースされた。Chromium、Firefox、WebKitといったブラウザエンジンをベースとする全ブラウザで、その自動化をサポートする。

  • ブラウザ自動化ライブラリ Puppeteer が Firefox をサポート

    @ChromeDevToolsと@v8jsに取り組んでいるGoogle開発者であるMathias Bynens氏がPuppeteer 3.0をリリースした。PuppeteerはChromeブラウザに加えてFirefoxをサポートするようになった。新しいバージョンでは、サポートが最新のChrome 81にアップグレードされ、Node 8のサポートが削除された。

  • オープンソースになったGitHub OpenAPI仕様 (ベータ)

    GitHubは、GitHub APIのOpenAPI記述をオープンソース化している。開発者が直接API機能を発見できるようにすることを目的としたGitHub OpenAPIは、モックサーバ、テストスイート、および言語バインディングのプログラムによる作成も可能にする。

  • Brenda - AIのチームメンバ

    Brendaは、マシンラーニングした人工知能を使用して、インフラストラクチャの監視、品質保証チェックとトラブルシュートのサポート、警告の処理と重大な問題の通知、自動修復を行うシステムだ。SwisscomのSree Rama Murthy Pakkala氏とCollin Mendons氏は、Swiss Testing Day 2020で、自社の品質向上を支援するBrendaという名のAI/MLフレームワークについて講演する予定である。

BT