BT

InfoQ ホームページ DLR に関するすべてのコンテンツ

  • DLR言語の内側 - IronJS

    IronJSはDLR上のECMAScript 3.0実装である。先日のi-programmerに対するインタビューで、IronJSのクリエイターであるFredrik Holmstrom氏はDLR上の言語の実装に関する詳細に関して述べた。

  • Phalangerの近況

    Phalanger 3がリリースされた。これにはPHP名前空間、Mono/Linux、C#互換性のサポート改善が含まれている。

  • .NETとMono向けのPhalangerを利用したPHPパフォーマンスの改善

    Phalangerは.NETとMonoランタイム向けのPHPコンパイラーです。WordPressなどのポピュラーなPHPベースのアプリケーションで現在動作します。静的メソッドの間接的な実行を除いて、PhalangerはPHPに広範なパフォーマンス改善を提供します。

  • MicrosoftがIron言語をMiguel de Icaza氏とJimmy Schementiへ移譲

    Jason Zander氏は、MicrosoftがIronPythonとIronRubyをNovell/MonoのMiguel de Icaza氏と以前IronRuby開発の指導者であったJimmy Schementi氏に移譲する予定であると発表した。Jimmy Schementi氏は6月にMicrosoftを辞め、Lab49へ参加した。また、IronPythonは新たにふたりのコントリビュータを得る。それはIronPython in Actionの共著者であるMichael Foord氏とIronPython MVPであるJeff Hardy氏だ。

  • .Net アプリケーションに REPL コンソールを追加する

    Microsoft が IronPython と IronRuby をエンドユーザによるアプリケーションのカスタマイズ方法として推奨し始めている。その作業を容易にするために Jim Deville 氏は,エンドユーザがアプリケーションの拡張モードとして使用できるように特別にデザインした REPL コンソールを提供している。

  • Silverlight Dynamic Languages SDK

    Silverlight Dynamic Languages SDKであるAgDLRがダウンロードで利用可能な新リリースを発表した。ソースコードはGitHubを通じて利用可能である。

  • IronPython 2.0のリリース

    Microsoftは、Python言語の.NET実装であるIronPython 2.0をCodePlexでリリースした。最も重要な改善点は、Dynamic Language Runtime (DLR)上で実行することである。

  • LINQおよび動的タイピング

    C# 3の最大の機能は、LINQテクノロジーであった。C# 4では、動的タイピングは話題をさらいそうである。しかし、それらを同時に使用できるのか?

  • .NETと動的言語

    数ヶ月後、もしくは数年後には、動的言語は.NETプラットフォームにおいて重要な役割を担うようになるだろう。このサポートのために、Microsoftは動的言語とCLRの統合に多大な投資を行っている。

  • .NETアプリケーションにおけるIronSchemeのホスト

    .NETランタイム向けSchemeの実装である.NETランタイムは、デベロッパによる試用準備態勢が整った。IronSchemeは、厳密にR6RS Schemeスタンダードに準拠しており、PLT R6RSテストスイートの8,897のテストのうち、現在8,881のテストをパスしている。

  • コンパイル済みIronPython

    Shri Borde氏はIronPython 2の状況およびそれがコンパイル済みコードとどのように動作するのかについて議論する。リフレクションおよびCLS準拠にまつわる問題に焦点を当てている。

  • TechEd 2008でMicrosoftがSilverlight 2 Beta 2をリリース

    先日フロリダ州オーランドで開催されたTechEd for Developers 2008において、Bill Gates氏はSilverlight 2 Beta 2のリリースを発表した。

  • Article: John Lamが語るIronRubyの現状

    InfoQは、独創的なRubyCLRの開発者であり、IronRubyを世に出すためにマイクロソフトが雇い入れたJohn Lam氏と話す機会を得た。Johnの正式な肩書きはDynamic Language Runtimeチームのプログラムマネジャーである。

  • 拡張容易性:動的および静的プログラミング言語

    Chandlerの個人情報管理プロジェクトの廃止をきっかけに、動的言語の拡張容易性の可能性についてTSSで議論があった。Ted Neward氏は言語に関する論議という枠を超えて、この問題についての構造化された洞察を示そうとした。

  • Ruby.NETの未来は不透明

    Ruby.NETプロジェクトのWayne Kelly博士は、DLRテクノロジーが原因の一部ではあるが、関心事の焦点はMicrosoftのIronRubyへと移行しつつあると発表した。しかしながら、これがRuby.NETプロジェクトの終焉を意味するかどうかについては不明である。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。