BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ データベース設計 に関するすべてのコンテンツ

  • T-SQLの静的コード分析

    Windowsプラットフォームで長期間ないがしろにされてきた静的コード分析が、ここ数年でますます重要になってきた。

  • Aster In-Database MapReduce

    アスター・データ・システム社はこのほど、同社のnClusterデータベースの構成要素であるAster In-Database MapReduceを発表した。

  • Drizzle - データベースの新たな方向性

    O'Reilly Open Source Convention(OSCON)にて、Brian Aker氏(MySQLのアーキテクチャ・ディレクタ)はDrizzleを発表した。Drizzleは「仮説」プロジェクトであり、アプリケーションの特定サブセットに向けて明確に最適化されたデータベースの作成を目的としている。

  • エンタープライズデータ管理は、SOAとBPMが表裏をなす硬貨の第3の面となるのか?

    EDSのフェローでSOAエキスパートのFred Cummins氏は先日、「Data Management for SOA」(SOAのためのデータ管理)という小論文を書いた。再���用の達成と変化の実現という意味合いにおいて、サービス設計の重要な原理(「疎結合」と「自律性」)がどのようにエンタープライズデータと関わっているのかを考察している。

  • Twitterのアーキテクチャ

    非常に有名なソーシャルアプリケーションであるTwitterの基調を成すアーキテクチャーが、近ごろ議論の対象となっている。Twitterはダウンタイムのインスタンスがあり、チームが問題の対処に乗り出すにつれて、人気のある機能がいくつか登場した。Twitterが前進しようとしている現状を観察することで、どんなことが分かるのか?

  • Neo4j - 組み込み型のネットワークデータベース

    Neo4jは組み込み型で高性能な軽量の永続化ソリューションである。ネットワーク・データベース・モデルに基づいており、これは近ごろ高い関心を得ている。

  • BigTableの最大利用のための原則と指針

    Google App Engineに関して活発になっている会話に基づき、Todd Hoff氏はBigTableのような分散ストレージシステムの使用を最適化する手段である、一連の原則を概説した。

  • HBaseの開発者がHadoop、BigTable、分散データベースについて語る

    Google が最近リリースしたGoogle Application Engineと、それが持つBigTableへのアクセス機能により、(RDBの)代替となるデータベース技術への感心が新たに盛り上がっている。

  • MagLev:GemstoneがSmalltalk VMをベースに構築するRubyランタイム

    OODBベンダーのGemStoneは「MagLev」というRuby VMに取り組んでいる。InfoQはMagLevプロジェクトの詳細についてプロジェクトマネジャーのBob Walker氏と、同じく同プロジェクトに関わっているAvi Bryant氏に話を聞いた。まずはWalker氏の話から。

  • StrokeDBは単に別の分散データベースにすぎないのか?そうでもない。

    分散データベースにより一層関心が集まるにつれて、実装が盛んにおこなわれている。CouchDBはその方法を示し、今やApacheプロジェクトとして検討されている。RDDBは、初めてRubyに実装されたドキュメント指向の分散データベースであった。

  • RDBMSでは不十分

    リレーショナルデータベースはクライアント/サーバーモデルに適合するものの、サービスの世界では新しいソリューションが必要である。RDBMSはスケーラビリティの問題に陥りやすい。冗長性や並列性をどのようにして実現すればいいのか?

BT