BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Distributed Team に関するすべてのコンテンツ

  • ファシリテーションスキルはスクラムチームにいつ、なぜ、どのように役立つか

    Effective Facilitation helps Scrum and Agile Teams leverage differences in positive ways, guiding teams to frame their discussions with clear purpose, decisions, outcomes and engagement with one another. This article talks about how facilitation can make or break team interactions, the amount of facilitation needed in certain scenarios, how to drive decisions with facilitation, and more.

  • マインドフルネスと非構造化時間によってITチームの燃え尽き症候群を消滅させる

    Burnout is taking a toll on IT and creating serious skill shortages. How can you keep your IT team engaged, productive, and happy? Mindfulness and unstructured time are delivering tangible business benefits that positively impact the bottom line, all while driving worker satisfaction and well-being.

  • マインドマップ駆動テストでテスト戦略を強化する

    マインドマップ駆動テストにより、テスタはテストアイデアの生成に集中でき、思考をあきらかにし、アイデアを効果的にブレインストーミングして整理することができます。この記事では、マインドマップに関するアイデアと知識を共有し、テストの計画、整理、記録、提示、およびレポートを行うためのリーンドキュメントとしてそれらを使用する方法を示します。

  • 3つの一般的なエンジニアリングの神話を打ち破る

    この記事では、エンジニアを悩ませることが多く、特に現在または意欲的なエンジニアリングリーダである場合に、エンジニアが潜在能力を最大限に発揮できないようにする可能性のある3つの一般的な神話を明らかにします。 また、これらの限定的な信念から離れて自分の人生のシフトを開始するためにすぐに実現できるいくつかの実用的なアイデアを提供します。

  • 2020年第一四半期のソフトウェアチームとチームワークのトレンドレポート

    Culture & Methods編集部では、テクノロジーの導入曲線の最前線にあるトピックについてレポートします。例えば、対面でもリモートでも、チームやチームワークをより効果的にする方法にいても紹介しています。新しいツールや技法があり、アイディアの一部は以前からあります。また、勢いを得ているアイディアもあります。プロフェッショナリズム、倫理的な振る舞い、社会や環境に対する配慮です。

  • アジャイルこそが問題なのか

    "アジャイル"は今や、ありとあらゆる意味を持っています。そしてそれは、何の意味もないのと同義です。多くの組織はアジャイルに疲れており、問題の一部は"アジャイル産業複合体(Agile Industrial Complex)"にあります。アジャイリストは基本に帰り、アジャイル憲章と12の原則の持つ簡明さを取り戻さなくてはなりません。"Heart of Agile"と"Modern Agiile"はその一例であり、シンプルなフレームワークです。社会科学からも、学ぶべきことがたくさんあります。

  • なぜアーキテクチャ図を必要とするのか?

    ソフトウェアアーキテクチャ図は、うまく作ると、開発チーム内および外部ステークホルダーとのコミュニケーションを大幅に改善させることができる。それには、対象読者を理解することと、含めるべきものを慎重に自制することが必要だ。ひどい図がたくさんあったというだけで、図なんて必要ない、役に立たないと考えないようにしよう。

  • より良いチームを作るためのエクササイズ

    一員になりたいと思えるほど素晴らしい成果をあげるチームに出会ったことはありますか。そのようなチームの価値を調べてみると、メンバと成果の方向性のバランスが完璧であることを見つけるかもしれません。自分のチームがこの状態からどのくらい離れているか調べようとするなら、この記事を読んでエクササイズを実施してみてください。

  • アジャイルチームをメトリクスで破壊しない方法

    アジャイルコミュニティは、アジャイルチームの成功を測る方法を変える必要があります。メトリクスを定め、その結果から情報を得る方法は、実際にはもっとも大切なことを妨げています。アジャイルコミュニティは、アジャイルチームの成功を測る方法を変更する必要があります。メトリクスを定め、その結果から情報を得る方法は、実際には、動くソフトウェアを作るというもっとも大切なことを妨げています。それぞれのメトリクスを強要することで、他人のことを気にしすぎて、協力できなくなることがあります。その結果、測定しようとした作業そのものができずに、目的を達せられなくなるのです。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • スクラムアジャイルチームに必要なスキル

    高度に生産的なアジャイルプロジェクトで求められるスキルは伝統的なプロジェクトで必要なスキルとは違う。この記事では優れたチームにするための技術的なスキルや振る舞いを特定する。これらの‘デルタ’特質を獲得した人はだれでも、正しい技術的なスキルや振る舞いを身につけて、アジャイルプロジェクトで効率的に働くことができるだろう。

  • QCon San Francisco 2008の要点とそこから学んだ教訓

    この記事では、QCon San Francisco(2008年11月)の印象とその体験がどのようなものであったかを感じ取っていただけるように、QConについてブログを書いた多くの参加者の視点と見解を紹介します。

BT