BT

InfoQ ホームページ Distributed Team に関するすべてのコンテンツ

  • 移譲でチームをスーパーチャージする方法: QCon London Q&A

    作業を移譲すると、作業をより適切かつ迅速に行うことができる。チームの自律性を高め、学習の機会を生み出す。移譲は自分でタスクを実行することから始まり、他の誰かにそのタスクを引き受けさせることで終了する連続体だ。Brandwatchのエンジニアリング担当副社長であるJames Stanier氏は、QCon London 2020で自己組織化チームに移譲することについて話した。

  • リモート文化の意図的な創造と育成

    企業文化は短期間には構築できないし、押し付けることもできない。企業文化は創業者のイデオロギや、仕事に関わる振る舞いに深く根差している。そこから成長し、価値観を共有する個人が雇用されることで独自に進展すると同時に、個人の持つアイデンティティが文化の中に織り込まれていくのだ。

  • 根回し(nemawashi)とコラボレーションボードを使ったリーダシップの明確化

    ハイパフォーマンスチームに必要なのは管理ではなく、リードである。コラボレーションボード(collaborative board)は、リーダとチームが方向性とイニシアティブを一致させる場だ。ミーティングから会話を切り離すには、根回し(nemawashi)を使えばよい。Fernando Guigon氏はAgile Tour London 2020で、氏がZenSumと呼ぶアプローチを使ったリーダシップの発揮方法について講演した。

  • チームの相互作用がKubernetesの採用にどのように役立つか、QCon LondonでのManuel Pais氏の講演

    Manuel Pais氏は、QCon Londonで、Kubernetesの採用を成功させるために、認知的負荷を軽減するためにチームの相互作用がいかに重要であるかについて話した。Pais氏は、Kubernetesの上にデジタルプラットフォームを配置することを推奨している。また、組織は、チームの認知的負荷を評価し、デジタルプラットフォームを定義し、明確なチームの相互作用を設定することから始めることができる。

  • zero-bugポリシを実践する - Redgateの例

    zero-bugポリシは単純だが効果的なバグ管理システムだ。数か月、時には数年前のバグに埋もれてしまう事態を回避する上で、有効に機能する。修正の必要があると合意した重要なバグは即座に修正し、そうでないバグは修正せずにクローズするのだ。Tom Walsh氏はLean Agile Exchange 2020で、氏の属するRedgate Softwareにおいてzero-bugポリシを適用した方法について講演した。

  • 技術者のリモートワークが普及

    COVID-19で何が起こっているかに関係なく、リモートワークは技術者に普及してきている。多くのハイテク企業は、今後リモートワークを実施できるようにするために長期計画と雇用慣行を変更しつつある。そして、育児と自宅学習のプレッシャーを持つ親をサポートするために福利厚生パッケージが作り直されつつある。

  • Chaos Conf Q&A - Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に聞く

    Chaos Conf 2020を前に、InfoQでは、カオスエンジニアリングコミュニティが関心を持つ話題を探るべく、Adrian Cockcroft、Yury Niño Roa両氏に話を聞くことにした。おもな話題は以下のとおりだ — 心理的安全性を獲得する上で、"game days"の実施には明確なメリットがある。カオスエンジニアリングの将来は、セキュリティの導入と、より大規模な障害モードを想定した試験のスケールアップに向かっている。

  • 個人と組織の勇気を高めるには

    勇気は、可能な最高レベルの創造性、適応性、生産性のためのコンディションを作り出すものであり、今日の複雑化した社会を生き抜くためには必要不可欠なものだ。我々には、自分の役割が何であろうと、勇気を持ってリードする力がある。

  • MicrosoftがAzure Communication Servicesを備えた新しいコミュニケーションプラットフォームを発表

    Microsoftは、年次開催のIgnite Conferenceで、フルマネージド通信プラットフォームであるAzure Communication Services(ACS)を発表した。このサービスは現在公開プレビュー中である。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • 天国から地獄に落ちたプロジェクトに学ぶ

    Kantegaのプロジェクトリーダで部門マネージャのMaja Selmer Megard氏は、当初はすべての要件に対して完璧にフィットしていると思われながら、最終的には氏が経験した中で最も大変で葛藤に満ちたものになったプロジェクトにおける、自身の経験を公開した。

  • 測定を使用したリモート作業の最適化

    HeadForwardsのDave Longman氏は、ロックダウン中のリモート作業の有効性を示すためにデータを使用することについて書いた。MITの経営学部のMichael Schrage氏は、現在の風土におけるパフォーマンスを改善するためにデータ駆動型の洞察を使用することの重要性についても書いている。London Business SchoolのLaura Giurge氏は、孤立が個人や企業に遠隔効果をもたらす方法を教えていると語った。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • ハイパフォーマンスチームにおける信頼と安全 - QCon London Q&Aより

    チームに所属したい、安心して学び、貢献し、現状に挑戦したい、と人々は願う。そのために我々が最初にすることは、チームメンバそれぞれとのパートナシップがあるという認識を持つことだ。すべての関係性がそうであるように、つながりを強め、効果的な共同作業を行うためには、相応の注意と配慮が必要となる。

  • DevOps Enterprise Summit London 2020: ダイバーシティとインクルージョンについてShaaron A Alvares氏に聞く

    Shaaron A Alvares氏がDevOps Enterprise Summit 2020 London Virtualで、'Accelerate Your DevOps Culture of Innovation with Everyday Inclusion and Belonging'と題して講演した。最初に氏は、多様化チームに関する調査データを公開して、対照とした別チームのパフォーマンスを80パーセント上回ったことを示してみせた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。