BT

InfoQ ホームページ Distributed Team に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがAzure Communication Servicesを備えた新しいコミュニケーションプラットフォームを発表

    Microsoftは、年次開催のIgnite Conferenceで、フルマネージド通信プラットフォームであるAzure Communication Services(ACS)を発表した。このサービスは現在公開プレビュー中である。

  • テスト欄を止めればデリバリは早くなる

    タスクボードに"テスト中(In test)"のような欄があると、進行中の作業の数が多く、実際に完了した作業の数が少なくなることがよくある。このような欄は取り払ってしまった方が、テスタと開発者のコラボレーションが増え、デリバリが早くなる。

  • 天国から地獄に落ちたプロジェクトに学ぶ

    Kantegaのプロジェクトリーダで部門マネージャのMaja Selmer Megard氏は、当初はすべての要件に対して完璧にフィットしていると思われながら、最終的には氏が経験した中で最も大変で葛藤に満ちたものになったプロジェクトにおける、自身の経験を公開した。

  • 測定を使用したリモート作業の最適化

    HeadForwardsのDave Longman氏は、ロックダウン中のリモート作業の有効性を示すためにデータを使用することについて書いた。MITの経営学部のMichael Schrage氏は、現在の風土におけるパフォーマンスを改善するためにデータ駆動型の洞察を使用することの重要性についても書いている。London Business SchoolのLaura Giurge氏は、孤立が個人や企業に遠隔効果をもたらす方法を教えていると語った。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • ハイパフォーマンスチームにおける信頼と安全 - QCon London Q&Aより

    チームに所属したい、安心して学び、貢献し、現状に挑戦したい、と人々は願う。そのために我々が最初にすることは、チームメンバそれぞれとのパートナシップがあるという認識を持つことだ。すべての関係性がそうであるように、つながりを強め、効果的な共同作業を行うためには、相応の注意と配慮が必要となる。

  • DevOps Enterprise Summit London 2020: ダイバーシティとインクルージョンについてShaaron A Alvares氏に聞く

    Shaaron A Alvares氏がDevOps Enterprise Summit 2020 London Virtualで、'Accelerate Your DevOps Culture of Innovation with Everyday Inclusion and Belonging'と題して講演した。最初に氏は、多様化チームに関する調査データを公開して、対照とした別チームのパフォーマンスを80パーセント上回ったことを示してみせた。

  • リモートワーク時代のインシデント管理

    テクノロジエンスージアストで、OpsRampのグループプロダクトマネージャを務めるMichael Fisher氏は先日、IT運用担当者とDevOpsチームによる、インシデント管理プロセスに対する問題優先型(problem-first)アプローチについて、ブログ記事を公開した。同じ方向で、Laura Maguire博士とNora Jones氏も、COVID-19への世界的な対処として、同様の課題について書いている。

  • 分散型組織をより効果的にするには

    地理的あるいは時差的な近接性を中心として構成された自律型チームモデルは、分散型組織をより効果的なものにすることができる。逆Cornway戦略(Reverse Conway Maneuver)を用いれば、ボトルネックを意図的に追加ないし排除することが可能になり、構築しようとしているデザインをより適格にサポートすることが可能になる。

  • パンデミックプログラミング調査の結果からCOVID-19の変化が悪影響を及ぼすことが判明

    パンデミックプログラミングの調査では、COVID-19によるロックダウンや変化によって開発者の生活にどのような影響が出ているかを調べた。52カ国から2200人以上の人々がアンケートに回答し、自宅で仕事をする前と仕事中の幸福度と生産性を評価した。その結果、一部のグループが他のグループよりも影響を受けており、幸福と生産性が低下していることがわ���った。

  • テクノロジ企業大手がリモートワークを長期継続へ

    COVID-19の影響が世界中で感じられ続けて、テクノロジ産業の従業者の多くが自宅で仕事をするようになった中、大手のハイテク産業は社員のリモートワークを長期的に許可および奨励する決定を下しつつある。Facebook、Twitter、Shopifyなどが現在、従業員の大半を恒久的にリモートワークとする計画を立案中だ。

  • リモートワーカの生産性と満足感に関する調査結果に見える矛盾

    長引くCOVID-19の影響によって、ハイテク産業ではリモートワークが一般的になり、多くの技術系社員がリモートで業務に従事している。このシフトが企業の生産性に与える影響を測ろうとする研究や調査が行われているが、結果の間に見られる矛盾は我々の置かれた時代の複雑さを象徴している。

  • リモートワークの普及とビジネス継続性の実現

    Buffer.com and AngelListは先頃、2020 State of Remote Workの調査結果を公開した。この調査は、中国で唐突に発生したリモートワークブームを調査したWall Street Journalのレポートと同時期に行われたものだ。COVID-19ウィルスを原因とする移動制限への対応としてのリモートワークは、Alibabaなどの企業にとってビジネス継続性を実現する手段となっている。

  • チームをデバッグするには: QCon London Q&A

    Lisa van Gelder氏はQCon London 2020で講演でチームのデバッグ方法(debug your team)について講演し、チームのデリバリペースに関する問題を診断し、対処するためのツールキットを提供した。"問題なのは、チームが専門性、自律性、目的性、心理的安全性を持っているかどうかです"、と氏は言う。チームから賛同を得られる方法でチームを変革するために、氏はそのツールキットを使用している。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。