BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ヘルスケア に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftが"Azure for FHIR API"を"FHIR API to Azure Healthcare APIs"に名称変更

    先頃Microsoftは、同社Cloud for Healthcare用Fast Healthcare Interoperability Resource(FHIR) Azure APIの名称を、"Azure Healthcare APIs"に変更すると発表した。それに合わせて、ヘルスケアデータのサポート範囲を拡張し、FHIR経由による患者の健康データ、DICOM経由の医療画像データに加えて、Azure IoT Connector for FHIR (IoT Connector)を通じて収集した医療機器データも対象にする。

  • AWSがAmazon HealthLakeの供与開始を発表

    先日AWSは、完全マネージドなHIPAA準拠サービスのAmazon HealthLakeを一般供与開始すると発表した。このサービスを使うことで、ヘルスケア関連企業、健康保険関連組織、製薬会社などが、健康情報の保管や転送、検索、分析を安全に行えるようになる。

  • Google CloudがHealthcare Consent Management APIを一般利用向けにリリース

    Google Cloudは最近、Healthcare Consent Management APIを一般利用向けにリリースすることを発表した。これは、ヘルスケアアプリケーション開発者と臨床研究者にヘルスデータの使用に関する個人の同意を管理するシンプルな方法を提供するためのものである。Healthcare Consent Management APIは、Google Cloud Platform(GCP)で提供されるCloud Healthcare APIの一部である。

  • MicrosoftがAzure Health Botの提供を開始

    Microsoftは先頃、Microsoft Healthcare Botを発展させて、新たな機能を備えたAzureサービスとしたAzure Health Botを発表した。仮想的な医療アシスタントの開発を目的とするAzure Health Botには、自然言語機能を備えた医療データベースが組み込まれている。

  • AWSがプレビュー版としてHealthLakeとRedshift MLを発表

    AWSは、12月のre:Invent 2020中に、Amazon HealthLakeサービスのプレビューリリース版とRedshift MLと呼ばれるAmazon Redshiftの機能を発表した。Amazon HealthLakeは、ヘルスケア、健康保険、製薬会社がNLP(Natural Language Processing)を利用してデータから価値を引き出すためのデータレイクサービスである。Redshift MLは、SageMakerへのゲートウェイをRedshiftユーザーに提供するサービスである。

  • GoogleがHealthcare Natural Language APIとAutoML Entity Extraction for Healthcareを発表

    最近のブログ投稿で、Googleは新しい2つのフルマネージドAIツールのパブリックプレビュー版を発表した。Healthcare Natural Language APIとAutoML Entity Extraction for Healthcareである。どちらのツールも、医療専門家がスケーラブルな方法で何度でも医療文書を確認および分析するアシストをする。

  • Google Cloud Healthcare APIが一般利用可能に

    最近のブログ投稿で、Google はCloud Healthcare APIの一般提供を発表した。このサービスは、Google Cloud Platform(GCP)で構築されたソリューションとアプリケーション間の医療データの交換を容易にする。

  • Microsoft、”Azure API for Fast Healthcare Interoperability Resource (FHIR)”を一般向けにリリース

    先日のブログ記事で、Microsoftは、Azure API for Fast Healthcare Interoperability Resource(FHIR)の一般供与を開始すると発表した。これにより同社は、マネージドクラウドサービスでこのフォーマットのネイティブサポートを提供する、最初のクラウドベンダになる。APIを使用することで、クラウド内の医療データを簡単に取り込み、保持し、管理することが可能になる。

  • WebExpo 2019 - テクノロジとAIを使って、医療を安価で誰でも使えるものに

    Babylon Healthのユーザ研究リーダであるAnna Zawilska氏がプラハのWebexpo 2019で講演し、テクノロジと人工知能(AI)を組み合わせた遠隔医療を提供した経験と、そこで得た教訓を公開した。その過程でBabylon Healthは、製品開発の基盤として同社が立案した、3つの重要な仮定を修正することになった。

  • VRとARを疼痛管理に利用する

    没入型技術(Immersive technologies)は過去30年間、痛み、PTSD、恐怖症、不安、幻肢症候群の治療に使用されてきた。人間の脳はテキストの60,000倍の速度で画像を処理し、脳に送信される情報の90%は視覚的なものだ。我々は本質的に視覚的であるので、VRやARを痛みへの対処に使用することができる。

  • 品質と文化:別の分野、業界からの学び

    航空や医療といった別の業界について学び、別の分野を研究することで得られるものがある、とPoppuloのソフトウェアテスターであるConor Fitzgerald氏はRebelCon.io 2019で語った。航空には失敗から継続的に学ぶ歴史がある一方、医療では文化とバイアスが、学びと継続的な改善の障壁であるように思われる。

  • 目的を特定した人間中心のデザイン - Mileha Soneji氏に聞く

    ユーザを観察してユーザニーズを理解することは、解決すべき問題の明確化に有効だ、とMileha Soneji氏は主張する。ACE Conference 2019で氏が行った講演では、実用最小限のプロトタイプによる人間中心の設計が、より優れた洞察をより早く得る上で有用であること、問題をより小さな問題に分解することで、より単純な解決策を提案できること、などが示された。

  • AppleがResearchKit 2.0 Betaをリリース

    WWDC 2018で、AppleはResearchKit 2.0を発表した。このリリースには、パフォーマンスとUIの改善、ドキュメントのサポート、コミュニティGitHubのアップデート、およびいくつかのアクティブタスクが含まれている。

  • CareKit - Appleの新たな健康志向モバイルアプリ用フレームワーク

    2016年3月の“Let us loop you in”で発表したとおり,Appleは,CareKitフレームワークをオープンソースとして公開した。CareKitは,医学的な状態を管理するアプリの開発支援を目的としたフレームワークだ。新たなフレームワークと合わせて,それを使用した4つのiOSアプリも同時に公開されている。

  • AppleのResearchKitがGithubで利用可能に

    先月発表されたとおり、Appleはモバイル機器を医療研究用のネットワークセンサーとして活用することを可能にするオープンソースフレームワーク、ResearchKitを公開した。

BT