BT

InfoQ ホームページ IDEs に関するすべてのコンテンツ

  • IntelliJ IDEA 2018.3がリリース - 次期Java 12のサポート、Spring Boot対応の改善などを提供

    JetBrainsは、同社のフラグシッププロダクトであるIntelliJ IDEAのバージョン2018.3をリリースした。このバージョンには、Java 12のサポート、Spring Bootの拡張、マルチラインTODOコメントのサポートなど、一連の新機能が提供されている。

  • Visual Studio Preview 1の第1印象

    MicrosoftがConnect 2018で、Visual Studio 2019 Preview 1のリリースを発表した。このプレビューでは、IDEの起動からコードリファクタリング機能、大規模なソースツリーのナビゲーションを改善する検索機能の改善まで、多くの変更点が強調されている。

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

  • Visual Studio 2019の概観

    MicrosoftのJohn Montgomeryは、同社がVisual Studio 2019に取り組んでいることを正式に発表した。InfoQは、VS2017の後継について現在知られていることを報告する。

  • コラボレーション開発を実現するVisual Studio Live Share

    Microsoft Buildで新しいVisual Studio Live Shareエクステンションが公開された。現在は公開プレビュー版が提供されている。Live Shareは、開発者間のリアルタイムで双方向のコラボレーションを提供する。どちら側のコンピュータも、リポジトリを共有したり、あるいは開発環境をセットアップする必要はない。VS 2017の他、MacやLinuxマシンを含むVS Codeでも使用できる。

  • Microsoft、Excelカスタム関数としてJavaScriptのサポートを発表

    Microsoftは先日、JavaScriptでExcelのカスタム関数の作成をサポートする開発者プレビューを発表した。これは、Officeホストアプリケーションのオブジェクトモデルと対話するアドインやWebアプリケーションに限定される既存のMicrosoft Office JavaScript APIを超えて実現できる。

  • ARM64サポートがついたVisual Studio 2017 15.8の概観

    Visual Studio 2017 15.8の最初のプレビュー版がリリースされた。そこには初のARM64プラットフォームサポートが含まれている。

  • IntelliJ IDEA 2017.3リリース

    JetBrainsが旗艦製品であるIntelliJ IDEAのバージョン2017.3をリリースした。Java、Java EE 8、Spring Boot、Kotlin、Dockerのサポート強化など新しい機能を追加している。バージョン2017.2のリリースから3ヵ月後の最新リリースだ。このリリースまで、JetBrainsはこの最新バージョンのパブリックプレビューを提供し、フィードバックとバグレポートを求めた。

  • Visual StudioでLanguage Server Protocolがサポートされた

    Visual Studio Codeのような様々なエディタとVisual StudioはLanguage Server Protocolをサポートした。これは少ない作業量でVisual Studioに新しいプログラム言語を追加可能にする。

  • Spring Tool Suite 3.9.1 リリース

    PivotalはSpring Tool Suite(STS)のバージョン3.9.1をリリースした。Springフレームワークでのアプリケーション開発向けのEclipseベースのIDEだ。STSはEclipse Oxygen.1aにアップデートされた。設定なしで使えるJDK 9とJUnit 5のサポートを含んでいる。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • NuGetがMSBuildの一部に

    jsonベースのプロジェクトフォーマットでの実験後、MicrosoftはC#とVBのプロジェクトファイルの基礎をMSBuildに戻した。この決定にはproject.jsonの機能に似たものが実装されることも伴っている。この記事では、その中の一つであるNuGet統合について紹介する。

  • WebStorm 2017.1、Vue.jsサポートを追加

    WebStormは、最新のJavaScript機能をIDEに追加し続けている。バージョン2017.1には、Vue.js、Jest、Angular Language Service、StandardJS、emojis.のサポートが含まれる。

  • Microsoft、Visual Studio 2017にライブユニットテストを提供

    ますます機能が低価格のバージョンに押し込まれるなか、Microsoftは常に、Visual Studio Enterprise Editionの高額な値札を正当化する方法を探し求めている。今年の新機能は「ライブユニットテスト」だ。

  • MicrosoftがVisual Studio Testをオープンソース化

    Microsoftが、様々な言語でテストを実行し、診断データを収集し、結果を報告するのに使われるVisual Studio Test Platform (VS Test) をオープンソース化した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。